歯科で行うマウスピース矯正の種類|インビザラインとほかのマウスピース矯正との違い

歯科で行うマウスピース矯正の種類|インビザラインとほかのマウスピース矯正との違い
歯並びを改善する歯科矯正のなかでも、目立たず気軽に挑戦しやすいマウスピース。

歯科で取り扱っているマウスピースには世界中で使用されている「インビザライン」をはじめ、いくつか種類があります。
では、インビザラインとほかのマウスピースではどのような違いがあるのでしょうか。

それぞれの特徴を解説していきます。

マウスピース矯正の種類

マウスピース矯正の種類
審美歯科のマウスピースは、歯に圧力をかけて少しずつ歯並びを改善することを目的とした、薄くて透明に近いマウスピースです。

従来のワイヤーを使ったブラケット矯正は見た目が悪いため敬遠する方も多くいましたが、目立たない上に取り外しも自分でできる利便性からマウスピース矯正を選択する方が増えてきました。

矯正に使用するマウスピースは国内外のメーカーによって種類があり、治療方法や対応範囲も多少異なります。
これらのうち、世界的に最も有名なマウスピースを使った矯正方法が「インビザライン」ではないでしょうか。

では、インビザラインとそれ以外のマウスピースについて詳しく見ていきましょう。

インビザライン

インビザラインは、1999年にアメリカのアライン・テクノロジー社が提供開始した世界シェアNo.1を誇るマウスピースシステムです。

2020年1月時点で、世界100か国以上・800万人以上の方がインビザラインによる歯科矯正を行っています。
今ではマウスピース矯正の代名詞にもなっており、日本でも多くの方が使用しています。

インビザラインとは

多くの臨床データを基に最新のデジタル技術を駆使した、カスタムメイドの歯科矯正装置です。

コンピューターのシミュレーションによって歯牙移動の最適な進め方と段階ごとの装置の形状を決定し、一人ひとりに合わせたマウスピースを作ります。

見た目は透明に近く、卵パック程度の薄さしかないため、歯に装着しても目立ちません。

インビザラインの治療方法

まず、治療のはじめに1度だけ歯型を取り、コンピューターで3次元画像にして歯の動きをシミュレートし、目標の歯並びまでの治療計画を立てます。

次に、治療計画を踏まえてアメリカで20個以上のマウスピースを作ります。

患者は、これを医師の指示どおりに順番に装着して少しずつ目標の歯の並びに近づけていきます。
マウスピースの交換は自分で行い、1~2か月ごとに通院して経過観察を続けていきます。

インビザラインとは異なるマウスピースとは

インビザライン以外の代表的なマウスピースには、日本製の「アソアライナー」や「キレイライン」などが挙げられます。

これらのマウスピースの多くは日本国内で生産しているため、安定供給と早期の治療開始が可能ですが、同時に歯科技工士の技術の高さが必要になります。

では、日本製のマウスピースを例に挙げてインビザラインと比べてみましょう。

日本製のマウスピース矯正とは

インビザラインと同様に、いずれも透明に近く装着時に目立ちません。

しかしインビザラインと異なり対応範囲が狭く、前歯のみ・見える部分のみなど少し歯並びをよくしたい場合に使用されることが多いようです。
基本的に「ソフト」「ハード」といった硬さの違うマウスピースを交換して歯並びを改善していきます。

日本製のマウスピース矯正の治療方法

まず歯型を取り、今の状態から少し歯が移動した状態を目標にして、硬さの違うマウスピースを国内製造所で作ります。

次に、このマウスピースを医師の指示に従って順番に装着していきます。

通院は2週間~1か月ごとで、その都度歯型を取って次のマウスピースを作製します。
この作業を何度も繰り返し目標に近づけていきます。

インビザラインと日本製のマウスピース矯正の違い

船の航行で例えるなら、インビザラインはコンピューター制御によって目的の島までの航路が最初から見えている船、ほかのマウスピースは方位磁石や地図を使って目的の島まで少しずつ近づいていく船と言えるでしょう。

では、それぞれどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

インビザラインのメリットとデメリット

歯型採取が最初の1回で済む点は、歯型取りが苦手な方にとって大きなメリットです。

特殊な光学スキャナによって歯形を3D化してシミュレートし、治療開始から完了までのマウスピースを一括で作ります。
そのため治療完了後のイメージを持ちやすく、通院も基本的に経過観察のみで回数が少なく済むため、忙しい方や遠方の方にも人気があります。

また、インビザラインは奥歯や複雑な配置の歯にも対応できるため、対応範囲が広い点もメリットです。
前歯だけ少し見栄えをよくしたい方から、全体的にしっかり噛み合わせを改善したい方まで幅広く対応できます。

デメリットとしては、アメリカでマウスピースを作製するため歯形採取から治療開始までやや時間がかかる点でしょう。
また、費用は最初の段階で総額がわかるものの、基本的にほかのマウスピースよりも高額です。

日本製のマウスピース矯正のメリット・デメリット

国内の製造所でマウスピースを作るため、歯型採取から治療開始までの時間があまりかからない点はメリットと言えるでしょう。

また、通院の度に歯の状態を見てマウスピースを作るので、途中で虫歯治療などに対応することも可能です。
そのため、インビザラインと比べて費用が基本的に安く抑えられます。(治療が長引いたり、追加でマウスピースを作製したりすると高額になることもあります。)

しかし、通院回数が多くその都度歯形を取らなくてはならないので、忙しい方や歯科医院が苦手な方にとって負担が大きくなってしまうデメリットがあります。

さらに、適応範囲が狭く、全体的に歯並びを改善したいという方にはあまり向かないかもしれません。
様子を見ながら治療を進めていくので、全体でどれくらいの期間・費用が必要になるのかわかりにくい点もデメリットと言えるでしょう。

インビザライン Goとインビザラインフルの違い

インビザラインのシステムには、更に「Go」と「フル」という種類があります。

「Go」は軽度の症例や部分矯正に対応しています。
主に前歯部の歯並びが対象で、口を開けた時にキレイな口元に見えるように改善したい時などに適用します。
また、矯正治療を行った後に再び歯並びが戻ってしまう「後戻り」の対応なども可能です。

「フル」は歯列全体に対応します。
歯並びが全体的に悪い方や重度の乱杭歯の方など、全体的に歯列矯正を行ったほうがよい方を対象にキレイな歯並びを目指していきます。
場合によっては、抜歯など別の治療と併用することもあります。

マウスピース矯正で失敗しないために

従来よりも気軽に挑戦できることから人気が高まっているマウスピース矯正ですが、思っていた仕上がりにならない症例も少なからず存在します。

「こんなはずじゃなかった」という後悔をしないために、どんな点に気を付ければよいのでしょうか。

装着時間・交換時期を守る

マウスピースは従来のブラケット矯正と異なり、食事の際などに自分で着脱ができる点が大きな特徴です。

しかし、決められた装着時間や交換時期を守る自己管理が重要となります。
長時間外しっぱなしにしていると充分な治療効果を得られず、次のマウスピースが装着できなくなるなどの支障が出ることもしばしば見受けられます。

指示どおりに決められた装着時間を守らないと、治療計画にズレが生じ、結果として費用や期間がかさむ可能性が高くなります。

口腔ケアで虫歯や歯周病を予防する

矯正治療中に虫歯や歯周病になると、その治療が優先となるため矯正治療を一時中断せざるを得なくなります。

さらに、虫歯治療によって歯の形が変わるとマウスピースが合わなくなり作り直す必要も出てくるため、矯正中は特にしっかりと口腔ケアを行いましょう。

マウスピースは取り外しができるというメリットがあるので、歯磨きやデンタルフロスも普段と同じように行えます。
歯磨きの時は、歯だけでなくマウスピース自体の洗浄もしっかりと行うようにしましょう。

症例数が多く経験が豊富な歯科を選ぶ

マウスピース矯正は担当する歯科医師によっても治療計画や治療方針が異なってきます。
経験が浅い歯科医師だと、無理な計画を立てて失敗してしまうこともあります。

また、途中で虫歯ができてしまうなど、事前のシミュレーションどおりに計画が進まない場合もあります。

納得のいく治療内容と希望の仕上がりにするためには、経験豊富で問題に臨機応変に対応できる歯科医師を選ぶとよいでしょう。

(まとめ)歯科で行うマウスピース矯正の種類|インビザラインと他の矯正との違い

1.マウスピース矯正の種類

マウスピースはさまざまなメーカーが作っていますが、アメリカ発の「インビザライン」が世界的に最も有名と言えるでしょう。
コンピューターで歯の移動のシミュレーションを行い、最初に全てのマウスピースを作ります。

ほかのマウスピース矯正の種類には、日本製の「アソアライナー」や「キレイライン」などが代表的です。
こちらは通院する度に歯型を取り、次のマウスピースを作るという治療方法が行われています。

2.インビザラインと他のマウスピース矯正の違い

インビザラインは一括でマウスピースを作製することから、歯型取りが1度で済む・通院の回数が少ない・治療後の歯並びをイメージしやすいなどのメリットがあります。

ほかのマウスピースは通院の度に歯型を取らなくてはなりませんが、途中で軌道修正が可能・国内生産のため迅速にマウスピースが届くなどのメリットがあります。
ただ対応範囲はインビザラインよりも狭いです。

3.インビザライン Goとインビザライン フルの違い

「Go」は主に前歯が対象です。

軽度の症例や部分矯正に対応しており、後戻りの改善なども行います。
その分価格も抑えられるため、気軽に歯並びを整えたい方に向いているでしょう。

「フル」は歯列全体が対象です。

全体的に歯並びを治したい場合や重度の乱杭歯など難しい症例にも対応が可能です。
抜歯などにも対応しており、しっかり歯並びを改善したい方に向いています。

4.マウスピース矯正で失敗しないために

マウスピースは自分で着脱可能ですが、装着時間が短いと充分な効果が得られない可能性があります。

また、途中で虫歯ができると治療によって歯の形が変わり、マウスピースが合わなくなるケースもあります。

必ず決められた装着時間と交換時期を守り、口腔ケアをしっかり行いましょう。
そして、しっかりと治療計画を立ててくれる経験豊富な歯科を選ぶことが大切です。

1414
Return Top