インビザラインで出っ歯(上顎前突)を矯正することは可能|効果や費用・メリットを解説

インビザラインで出っ歯(上顎前突)を矯正することは可能|効果や費用・メリットを解説
インビザライン矯正器具は出っ歯の矯正にも用いられます。
透明なマウスピース型なので、周囲の人に気づかれずに使用できます。
実は出っ歯のせいで、二重顎や顎関節症の原因になっている場合も……。
出っ歯や歯並びが悪いのは、素敵な笑顔をつくれない、といったコンプレックスにも繋がるので、インビザラインを使って矯正することも視野にいれてはどうでしょうか。
インビザラインの特徴について解説します。

出っ歯(上顎前突)を矯正するインビザラインの効果

出っ歯(上顎前突)を矯正するインビザラインの効果
出っ歯で悩んでいる人は意外に多いようです。
出っ歯を治したくても、矯正器具をつけると目立つ上に、長期間装着しなければならないので、苦痛に感じる人も少なくありません。
しかし、インビザラインならそんな悩みを持つこともなく、出っ歯を矯正することができます。

インビザラインとはマウスピース型矯正のこと

インビザラインは透明なマウスピースを使用する矯正方法なので、一般的なワイヤーを使った矯正器具とは異なり、目立たず、人目を気にすることなく出っ歯の矯正ができます。

また、食事や歯を磨く際は取り外すことができるので、普段の生活にも支障はありません。
さらに、従来の歯の矯正器具のように金属を使用しないので、金属アレルギーがある人も安心して使用できます。

インビザラインのメリット

インビザラインは透明なマウスピース型であるため、装着してもほとんど目立ちません。
そのため、出っ歯の矯正器具をつけていることを人に知られたくない人や、営業職などで人と会う機会の多い人に向いている矯正法です。

従来のワイヤー型の矯正器具は、食事の際にワイヤーに食べ物が絡みつくことも多く、場合によっては食べる物を選ばなくてはなりませんでした。
しかし、インビザラインは食事の前に取り外すことができるため、器具を気にせずに食事をすることができます。
さらに、いつでも取り外して洗浄したり、歯を磨くことができるので、口の中を衛生に保つことができます。

一方、ワイヤー型の矯正器具は口の粘膜に当たることが多く、口のなかを傷つけたり、痛みを感じることがありましたが、インビザラインは柔らかい素材なので、口のなかを傷つけるおそれもありません。
そのため、ラグビーや柔道などのように、体がぶつかる激しいスポーツも装着したまま行えます。

ワイヤーによる歯の矯正では、歯に強い力をかけるため痛みが生じることがありました。
また、ワイヤーは月に1回くらいの頻度で医師が締め直しますが、締め方が足りないと効果がなく、かといって締めすぎると痛くなります。

インビザラインは医師がワイヤーを調整するのではなく、10日に1回くらいマウスピースを交換し、おおよそ0.2~0.3mmという細かい調整をしながら、無理なく歯の矯正を行います。

インビザラインのデメリット

インビザラインで歯の矯正をするには、すべてのマウスピースを最初に作成しなければなりません。
そのため、虫歯の治療などで抜歯したりして歯の形が変わると、歯の矯正に支障が出てしまいます。

マウスピースを作る前に虫歯の治療を済ませておくか、インビザラインの治療が終わるまで、虫歯の治療を待たなくてはなりません。
また、インビザラインが効果を発揮するのは、比較的軽度の症状の場合だけなので、出っ歯や歯並びが極端にひどい場合はあまり効果がありません。

このように、重度の場合は、ワイヤー矯正でないと対応できないケースもあります。
また、ワイヤー矯正と比べてインビザラインの場合は、多くのマウスピースを作る手間が多いため、その分費用も高くなります。

出っ歯(上顎前突)の状態とは

通常、出っ歯とは歯が前に出ている状態や、前歯が他の歯と比べて大きい状態を指します。
医学では出っ歯のことを上顎前突と呼びますが、これは上の前歯が下の前歯より極端に前に出ている状態のことです。
もともと人間の歯は、上の前歯が若干前に出ているので、少しくらいなら出っ歯や上顎前突とは言いません。

出っ歯の状態は、状態によっては、見た目が悪くなることもあるだけでなく、口が閉じにくいため口の中が乾きやすくなります。
また、かみ合わせが悪いために歯磨きがうまくできず、歯垢がたまりやすいという問題もあります。

インビザラインで出っ歯を治す方法

では次に、インビザラインで出っ歯を治す方法を、具体的に見ていきましょう。

非抜歯で矯正が可能な場合

非抜歯で出っ歯を治すには、前に出ている歯を、インビザラインを使って目立たないように矯正しなければなりません。

具体的には、マウスピースを使って歯を後方移動させると同時に、上顎の歯と歯の間を削って後方移動させやすくします。
この矯正のためには、マウスピースをほぼ24時間装着する必要があります。

抜歯が必要な場合

出っ歯がひどい場合は抜歯が必要になりますが、具体的には歯と歯が重なっている部分の歯を抜きます。
歯が重なっていると、歯がきれいに並ぶためのスペースがないので、重なっている歯を抜いてスペースを作り、マウスピースで歯並びを矯正するわけです。

また、出っ歯の人のなかには、上顎の骨が前に出ているために出っ歯になったり、生まれつき下顎が小さいために出っ歯になったりすることもあります。
これらの場合も、歯をきれいに並べるためのスペースが必要なので、抜歯してスペースを作ってからマウスピースで矯正します。
ただし、上顎が出ている場合は、インビザラインだけでは矯正しきれないので、ワイヤー矯正も併せて行う必要があります。

出っ歯を治すのにかかる期間

インビザラインによって出っ歯を治すには、微調整したマウスピースをつけかえながら矯正を行いますが、目に見えて出っ歯が改善するまでには、半年~1年半程度かかります。
そして、歯のかみ合わせを治したり、前歯の並びを微調整したりするのに半年~1年くらい必要です。

上記の2つの矯正期間を合計すると、出っ歯の矯正には1年~2年半程度かかることになります。

インビザラインで出っ歯を治すのにかかる費用

インビザラインで出っ歯を治すには、90万円~100万円程度の費用がかかります。

この金額には矯正費用のほかに、毎月の調整料やマウスピースの製作費用が含まれていますが、治療期間が延長になると、マウスピースの作り直しが必要になることがあります。
この場合は、さらに追加の費用がかかります。

インビザラインで出っ歯が治らない・失敗することはあるか

インビザラインで必ず出っ歯が治るとは限りません。

出っ歯の状態が極端にひどかったり、歯の重なりが多かったりする場合などは、マウスピースでは矯正しきれないため、ワイヤーによる矯正でないと治せないこともあります。
また、それほどひどい出っ歯でなくても、マウスピースを装着する時間が短いと、思ったような効果が得られません。
マウスピースはほぼ1日中装着しなければならず、医師の指示でゴムかけが必要であれば、それにも従いましょう。

マウスピースは適宜交換する必要がありますが、医師に指示された交換時期を守らなかった場合も、計画通りに矯正できなくなります。
医師の指示を守らない、守れない状態が長期間続くと、インビザラインで出っ歯を矯正するのは困難です。

インビザラインが原因で出っ歯になる可能性は?

インビザラインは歯列を治すための矯正器具ですから、インビザラインを使っても出っ歯が治らないことはあるかもしれませんが、インビザラインが原因で出っ歯になる可能性はありません。

(まとめ)インビザラインで出っ歯(上顎前突)を矯正することは可能|効果や費用・メリットを解説

1.出っ歯(上顎前突)を矯正するインビザラインの効果

出っ歯で悩んでいる人は多いのですが、矯正したくても矯正器具をつけていることが、周囲の人にわかってしまうのが気になり、なかなか踏み出せない人も多くいます。
しかし、インビザラインを使えば人に気づかれることもなく、周囲を気にせずに出っ歯の矯正ができます。

2.インビザラインで出っ歯を治す方法

非抜歯で出っ歯の矯正ができる場合は、マウスピースを使って前に出た歯を後方移動させて矯正します。
また、上顎の歯と歯の間を削って、出っ歯を後方に移動させやすくすることも必要です。

3.出っ歯を治すのにかかる期間

マウスピースをつけて出っ歯を治すには、半年~1年半くらいかかります。
さらに、歯のかみ合わせの調整や、前歯の並びの微調整に半年~1年くらい必要です。

4.インビザラインで出っ歯を治すのにかかる費用

インビザラインで出っ歯を治すには、90~100万円程度の費用がかかります。

2529
Return Top