ラミネートベニアで色や歯並びを矯正!気になるメリット・デメリット・費用は?

ラミネートベニアで色や歯並びを矯正!気になるメリット・デメリット・費用は?
ラミネートベニアすることで歯の色を美しく見せ、前歯の隙間を埋めることが可能です。
また、ラミネートベニアといえば削る方法が一般的でしたが、最近では削らない方法も出ています。
ここでは従来のラミネートベニアと削らないラミネートベニアのメリットやデメリットを詳しくご紹介します。

ラミネートベニアとは

ラミネートベニアとは
ラミネートベニアとは、歯の表面を0.5mmほど削り、そこに薄い板上のセラミック(人工歯)を接着剤で貼り付ける治療です。
わずかに歯を削らなければいけないものの、天然の歯に近い色合いに仕上げられるため、自然に仕上げられます。
セラミックを貼り付けることで歯の面積を広げられることから、前歯の隙間を治療する目的で使われることが多い方法です。
そのため、今ある歯を大切にしながら治療を進めたい方に向いています。

ラミネートベニアの特徴は自然に仕上がることだけではありません。
ほかにも天然の歯と同等の強度をもっていることも特徴です。
そのため、破損するリスクも少ないと言われています。
また、ラミネートベニアには変色しにくいセラミックを使っているため、時間の経過とともに汚れがつく心配も少ないでしょう。

前歯の隙間を埋めるために用いられることも多いですが、ホワイトニングを目的に用いられることもあります。
変色が強い歯だと一般的なホワイトニングではなかなか白くならないもの。
しかしラミネートベニアなら、セラミックを貼り付けることで変色が強い歯も白く仕上げられます。

従来のラミネートベニア

これまでのラミネートベニアは、歯の表面を少しだけ削ってセラミックを貼り付ける方法が一般的でした。
まずは従来のラミネートベニアについて詳しく見ていきましょう。

メリット

ラミネートベニアは、ホワイトニングだけでは落ちなかった変色も白く見せることができます。
つけ爪のような感覚でセラミックを接着していくため、元の歯がどのような色であっても白くできるのです。

また、軽くねじれている程度の歯並びであれば、ラミネートベニアで美しく見せることも可能です。
矯正器具をつけなくても歯並びを改善できるのは、大きなメリットだと言えるでしょう。
強度が高いため破損しにくいことも特徴です。

デメリット

ラミネートベニアは保険適用外の治療のため、全額を自費で支払う必要があります。
そのため、負担が少ない形でホワイトニングや隙間を治療したい方には向かないでしょう。

また、0.5mmとはいえ健康な歯を削ることから、歯を削ることに抵抗がある方にも向きません。
ほかにも強度が高いと言われるラミネートベニアですが、接着剤で貼り付けているだけなので、歯ぎしりがあったり噛み合わせが悪かったりする方は割れてしまうリスクもあります。

前歯1本の費用

費用の相場は1本あたり5~15万円程度ですが、特に見た目が重要になる前歯だけの治療は、10~30万円が相場だと考えておきましょう。
ラミネートベニアは、患者さんの歯の形に合わせて作成するため、どうしても値段が高額になってしまいます。

また、保険が使えないことも値段が高くなってしまう要因の1つです。
ただし、矯正器具をつけずに歯並びを改善でき、すきっ歯や歯の欠けも治療できることは、ラミネートベニアならではの魅力だと言えます。

ラミネートベニアによる治療が向いているケース

ラミネートベニアは、次のような方に向いています。

・前歯の隙間が気になる方
・一般的なホワイトニングに満足できなかった方
・自然な仕上がりを求める方

すきっ歯だけを目立たなくしたい、歯を白くしたいと考えている方にはラミネートベニアによる治療が向いているでしょう。
天然の歯のような仕上がりなので、自然さを求める方にも適しています。

削らないラミネートベニア

ラミネートベニアといえば、歯の表面を少しだけ削ってセラミックを接着する方法が主流でした。
しかし歯を削ることに抵抗がある方は少なくありません。
そのため、技術の発展に伴って削らないラミネートベニアが生まれました。

メリット

新たな方法では健康な歯を削ることなく接着することが可能です。
健康な歯を削ることに少しでも抵抗がある方は、削らないラミネートベニアが向いているでしょう。
もし治療後の歯が気に入らなかった場合は、外して元の状態に戻すこともできます。

デメリット

削らずにセラミックを接着するため、その分だけどうしても歯が分厚くなってしまいます。
接着するセラミックは厚さが0.8~2mmほどあることから、治療後に違和感を覚えてしまう方もいるでしょう。

前歯1本の費用

歯を削らないラミネートベニアも、相場は1本5~15万円です。
費用に大きな違いはありません。

削らないラミネートベニアによる治療が向いているケース

歯を削らずに歯を治したい、歯を白くしたいと考えている方に向いています。
また、元の歯を大切に残したい方は、削らないラミネートベニアを選ぶと良いでしょう。
ただし、歯の厚みが増して違和感が出やすいことは、頭に入れておく必要があります。

ラミネートベニアにして後悔しないために

ラミネートベニアはわずらわしい矯正器具をつけることなく、数回の通院で前歯を整える方法です。
しかし歯を削ってしまうデメリットがあるほか、人によっては接着したセラミックが取れてしまうこともあるようです。
特に歯ぎしりがある方や噛み合わせが悪い方は剥がれやすくなりますので注意しましょう。

削らないラミネートベニアでも人によっては剥がれてしまうことがあります。
接着したセラミックの厚さによって舌の可動域が変わり、滑舌に影響が出る可能性も否定できません。
ラミネートベニアで後悔しないために、歯を削ることと削らないことのメリット・デメリットを把握することが大切です。

虫歯や歯周病だとラミネートベニアはできない?

虫歯がある場合は、歯の状態によってラミネートベニアができない場合があります。
そのため、治療が可能かどうかあらかじめ確認が必要です。
歯周病については、治療が終わってからラミネートベニアすることが一般的となります。

(まとめ) ラミネートベニアで色や歯並びを矯正!気になるメリット・デメリット・費用は?

1.従来のラミネートベニア

歯を0.5mmほど削って、その上からセラミックで作った人工歯を貼り付けます。
前歯をきれいにしたい人は最小限削るだけで行えることが魅力です。
ただし健康な歯を削ることになるため、抵抗がある方には向きません。

2.削らないラミネートベニア

歯を削らずに上から人工歯をつける治療です。
元の健康な歯を守れることが大きなメリットといえます。
しかし接着したセラミックの分だけ歯が厚くなるため、人によっては違和感が出てしまいます。

3.ラミネートベニアにして後悔しないために

少しの負担で理想の歯を手に入れられるラミネートベニアですが、まれに割れてしまったり剥がれたりします。
基本的には長くもつものですが、場合によってはつけ直す必要があることは知っておきましょう。
また、自分の歯に人工歯をつけるため、少なからず違和感があることも覚えておかないといけません。

4.虫歯や歯周病だとラミネートベニアはできない?

虫歯は状態によってラミネートベニアできる場合とそうでない場合があります。
歯周病に関しては、治してからラミネートベニアすることが必要です。
できるかどうか不安な方は、診察した上で確認してもらいましょう。

46
Return Top