湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯石をとったら歯の隙間が開いたのはなぜ?

歯石をとることで歯の隙間が開くのは歯肉の腫れが引くからです


歯科クリニックで歯石を除去してもらった後、歯と歯の隙間が開いた、食べ物が挟まりやすくなったという方がいらっしゃいます。

これは、歯間を塞いでいた歯石がなくなったことにより歯肉の腫れが引いたためと考えられます。

むしろ健康な歯や歯茎を取り戻した状態と言ってもいいです。

しかし、気になる場合は歯の隙間を埋める施術を受けた方が良いでしょう。

歯石を除去したことで歯や歯茎が不健康になることはありません

歯科クリニックで歯のクリーニングを行うと、歯石や歯垢、歯ブラシでは除去できない頑固なヤニや茶渋などの汚れまで除去することが可能です。

歯石を除去することは歯の健康を維持するためには大切なことだといえます。

しかしながら、歯石を除去したことをきっかけに歯と歯の隙間が開いたような気がする、食べ物が歯の間に挟まるようになったという方も少なくありません。

その理由として考えられるのは、これまで歯間を塞いでいた歯石がなくなったことと、歯石がなくなることによって歯肉の腫れが引いたことの二つです。

これは、本来あるべき歯と歯茎の状態であるため、健康な状態を取り戻したといっても過言ではありません。

歯石を除去したことが原因で不健康な状態になるということはまず考えられないでしょう。

歯石を予防することはご自身でもある程度可能です。

ブラッシングだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスなどを用いて歯と歯の隙間の汚れをしっかりと取り除くことが大切です。

できてしまった歯石をこれらで除去することは難しいと考えられています。

強い力でゴシゴシと磨くことは、歯のエナメル質を傷め、かえって虫歯になりやすくなるので注意が必要です。

歯周病は歯の隙間が開く原因になります


歯石の除去が歯と歯の隙間が開く原因になるからといって、歯石を放置しておくことは歯や歯茎の病気に繋がります。

歯石は歯周病の原因となり、症状が進行すると歯を支える骨が溶かされ、歯がぐらぐらしたり抜け落ちたりすることさえあります。

歯石ははじめ白い色をしています。

これは、歯垢と唾液のカルシウムやリンなどが結びつき石灰化したためと考えられます。

しかし、歯石は放置しておくこととで白色から黒色に変化することがあります。

黒い歯石は、歯垢に血液が混じっているためそのような色に見えるといわれています。

つまり、黒い歯石が出ている時点で歯周病が進行している可能性が高いということです。

白い歯石が歯茎の露出部分に付着するのに対し、黒い歯石は歯周ポケットに付着すると考えられています。

黒い歯石は口臭の原因になり、しかも白い歯石以上に除去するのが難しいとされています。

また、歯周病が進行することで奥歯が失われ、歯と歯の隙間が開いてしまう可能性もあります。

これらのことから、歯石を放置しておくことは歯や歯茎の健康を脅かすといっても過言ではありません。

歯の隙間を埋める施術は信頼できるクリニックで受けましょう

歯石を除去したことで歯の隙間が気になるようになったという場合、歯と歯の隙間を埋める施術を受けることがベターな選択肢だといえます。

歯と歯の隙間を放置しておくと、食べカスなどが詰まりやすくなる→結果的に歯石が付着しやすくなるというような悪循環を繰り返してしまう恐れがあります。

歯と歯の隙間を埋める施術にはいくつか挙げられます。

歯と歯の隙間の程度が少ない場合、ラミネートベニアやコンポットレジン、ダイレクトボンディングなどの施術が選択できます。

症状の程度が大きい場合には、セラミッククラウンやワイヤー矯正などの施術が選択できます。

万が一、すでに歯周病や虫歯になっている場合は、それらの症状を治してからの施術となるでしょう。

歯の隙間はご自身で埋めることはできないといえます。

歯のクリーニング同様、これらの施術を受ける際は信頼できるクリニックで行うことをおすすめします。

(まとめ)歯石をとったら歯の隙間が開いたのはなぜ?

1.歯石をとることで歯の隙間が開くのは歯肉の腫れが引くからです

歯石を除去することで、歯間を塞いでいたものがなくなり、歯と歯の隙間が開いた、食べ物が挟まりやすくなったという方がいます。

この症状は歯肉の腫れが引き、健康な状態を取り戻したことの現れだといえます。

2.歯石を除去したことで歯や歯茎が不健康になることはありません

歯科クリニックで受けられる歯のクリーニングでは、ブラッシングでは除去できない歯石をきれいに落とすことが可能です。

歯石がなくなることで歯と歯の隙間が気になるようになったという方もいますが、歯や歯茎が不健康な状態になることはまずないでしょう。

3.歯周病は歯の隙間が開く原因になります

歯石は歯周病の原因となりますから、放置しておくことで歯や歯茎の健康に悪影響を与えるでしょう。

たとえば、歯がぐらぐらしたり抜け落ちたりすることもありますし、口臭を発生させることもあります。

また、歯周病は歯と歯の隙間が開く原因になります。

4.歯の隙間を埋める施術は信頼できるクリニックで受けましょう

歯の隙間を放置しておくと、結果的に歯石が付着しやすくなるため、クリニックで施術を受けることをおすすめします。

ラミネートベニアに代表される施術は歯の隙間が小さい場合に、セラミッククラウンに代表される施術は歯の隙間が大きい場合に用いられます。

2565
Return Top