仮歯はどのくらいもつの?

仮歯がどのくらいもつのかは噛み合わせや精度によってまちまちです


歯列矯正のセラミック矯正で用いる仮歯は、一般的に樹脂でできていますが、どのくらいもつのかはその人の噛み合わせや仮歯の精度によって異なると考えられます。

樹脂の素材自体は5~10年程度が寿命といわれていますが、仮歯となると機能的な面を考えても、もって数週間とされています。

噛み合わせや精度によってはそれ以下になることもあるでしょう。

仮歯は数週間からひと月程度しかもたないと考えられています

仮歯には施術箇所にフタをして保護する役目や歯がもつ機能を回復させる役目などがあるとされていますが、どのくらいもつものなのでしょうか。

一般的に、仮歯は数週間~ひと月程度しかもたないと考えられています。

仮歯の仕上がりは歯科医の技術に大きく左右されるといわれています。

そのため、クリニックによって仮歯の精度に差が生じると言ってよいでしょう。

仮歯の精度は噛み合わせにも影響すると考えられます。

仮歯の精度が低いと、仮歯が大きいと感じたり違和感を覚えたりすることがあります。

仮歯で噛み合わせが変わり歯に力が加わると、その歯の耐久性が低くなるといえます。

その人のもともとの噛み合わせや、仮歯を入れたことによる噛み合わせによってはごく短い寿命となる可能性があるのです。

また、仮歯がすり減り形状に変化が現れると、噛み合わせにさらなる悪影響を及ぼしてしまいます。

長期間使用している仮歯は取れてしまったり割れてしまったりすることもあります。

仮歯がない状態は治療中の歯にとってさまざまなリスクを生むため、精度の高い仮歯を劣化するタイミングで取り替えるのが理想的となります。

歯は素材によって耐久性や寿命に違いがあります


セラミック矯正の施術でセラミッククラウンが入るまでの期間に用いられる仮歯は、樹脂(プラスチック)でできているものが大半です。

樹脂自体の寿命は仮歯としての寿命よりも長く、5~10年程度は使用が可能とされています。

ただ、長くて10年という見方が強く、半数程度の人の仮歯は5年で使用できなくなってしまうと考えられています。

樹脂は保険適用される素材で、白い色をしているため本当の歯の色に近いですが、使用を続けていくうちに変色や臭いが発生しやすいというデメリットがあります。

銀歯は樹脂よりも耐久性は高いものの寿命は短いとされています。

3~5年程度が使用の目安と考えられており、長期間の使用で変色が起こりやすく、歯茎の色にも影響を与える可能性があります。

樹脂同様に保険適用される素材ですが、金属が溶け出すことにより金属アレルギーの原因になるため使用上に注意が必要です。

金属という性質上、割れたり破損したりすることはあまりないといえます。

セラミックの素材は樹脂や銀歯よりも耐久性が高く、寿命も長いといわれています。

食事や喫煙などによる変色が起こりにくく、寿命は10~20年程度と考えられています。

保険適用はされませんが、長期的に考えると費用が抑えられる素材と考えて良いでしょう。

仮歯が劣化する原因にはさまざまなものが挙げられます

仮歯や詰め物、被せ物などは素材によって異なる耐久性や寿命についてご説明しましたが、それらはいい口内環境で使用した場合と考えられます。

仮歯や詰め物、被せ物などが早く劣化してしまう原因にはいくつか挙げられます。

歯の本数が少ないこと

本来、成人の歯は親知らずを含めると上下で合計32本あるとされています。

しかしながら、生まれつき歯の本数が少ない人や虫歯などによって歯が抜け落ちてしまった人もいます。

歯の本数が少ないと、足りない歯が支えるはずの力が残りの歯に加わることになり、歯の寿命を短くしてしまう可能性があります。

歯並びが悪いこと

歯並びの悪さは噛み合わせに直接的に影響するほか、ブラッシングの際に汚れやプラークが残りやすくなります。

歯や歯の隙間に蓄積した汚れやプラークは虫歯や歯周病の原因となり、歯自体を劣化させてしまうでしょう。

セラミックの歯はプラークや汚れが付着しにくいメリットがあるため、樹脂性の歯や銀歯に比べると虫歯や歯周病のリスクは低いと考えられています。

(まとめ)仮歯はどのくらいもつの?

1.仮歯がどのくらいもつのかは噛み合わせや精度によってまちまちです

矯正歯科で使用されるプラスチック製の仮歯は、もって数週間といわれていますが、噛み合わせや精度によってそれよりも早く機能が劣る可能性があります。

プラスチックの素材自体は5~10年の耐久性があると考えられています。

2.仮歯は数週間からひと月程度しかもたないと考えられています

仮歯はクリニックによって精度が異なり、噛み合わせに影響を与えると考えられています。

一般的に仮歯の寿命は数週間からひと月程度といわれていますが、仮歯を入れたことによる噛み合わせの悪さが仮歯に力を加え耐久性を低くする可能性があります。

3.歯は素材によって耐久性や寿命に違いがあります

歯科素材としての樹脂の寿命は5~10年、銀歯の寿命は3~5年、セラミックの寿命は10~20年と考えられています。

耐久性や変色、劣化などの面で比較してみても、セラミックにはメリットが多く長期的にみれば費用が抑えられる素材といえます。

4.仮歯が劣化する原因にはさまざまなものが挙げられます

仮歯や詰め物、被せ物などの寿命は、口内環境によっても左右されると考えられています。

歯の本数が通常より少なかったり、歯並びが悪かったりすると。歯の寿命が短くなる可能性があります。

3132
Return Top