仮歯のときにアルコールを飲んでいけないのはなぜ?

仮歯のときにアルコールを飲むと血行が良くなり痛みを生じやすくなるためです


インプラント治療では抜歯を行った当日に仮歯を装着することが可能です。

インプラントの施術当日から食事を行うことは問題ないとされていますが、施術箇所を刺激するものや血行を良くするものは避けた方が良いと考えられています。

アルコールもそのうちの一つで、仮歯のときにアルコールを飲むと、血行が良くなり施術箇所に痛みを生じる可能性があるといわれています。

仮歯のときは食事に注意しましょう

インプラント治療は抜歯を行ったのち、歯茎にインプラント体を埋め込む施術となります。

この施術では、インプラント体と骨が結合するのを待つ期間が必要となり、施術の当日に仮歯を装着することがあるのです。

インプラントの施術で用いられる仮歯はプラスチック製のため、本歯のような耐久性は期待できないと考えられています。

そのため、仮歯の際は食事に注意しなければならないといえるでしょう。

その一つの例として、インプラントの施術後、当日~1週間程度はアルコールを控えた方が良いとされています。

なぜなら、アルコールには全身の血行を良くする働きがあるため、施術箇所に痛みを生じる可能性があるからです。

また、施術箇所が炎症を起こしたり出血したりするのを防ぐためとも考えられています。

施術箇所の刺激物となる辛い食べ物や甘い食べ物、酸の強い物なども控えた方が良いでしょう。

施術後3日目くらいまでは流動食に近い柔らかい食事を行うことが推奨されています。

仮歯の装着時はなるべく硬い食べ物を避けた方が良いと考えられています。

これは、仮歯に負担がかかることで割れてしまう恐れがあるからです。

最悪の場合、インプラント体にも負担がかかる可能性があります。

インプラントの治療期間は日常生活に気を付けましょう


インプラントの施術を行う際は、食事以外にも注意したいことがいくつかあります。

ここでは、インプラントの治療期間に気を付けたいことを挙げていきましょう。

激しい運動や入浴を避ける

インプラントの施術当日は、激しい運動や長時間の入浴を避けた方が良いです。

これらは飲酒と同様に血行促進効果があるため、痛みを生じたり出血したりする原因になることがあります。

発熱や出血が見られない場合、翌日から軽い運動や入浴は可能ですが、施術箇所を刺激しない程度に留めておくように気を付けましょう。

口内環境を清潔にする

施術箇所の腫れが完全に引くまでは、細菌による感染症を防ぐようにしましょう。

施術後1週間程度は施術箇所を避けてブラッシングを行い、消毒液で軽くうがいを行うようにします。

施術箇所を指や舌で触れないようにすること、食べかすをしっかり取り除くことなどで歯周病や炎症を予防することが大切です。

喫煙を控える

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があり、インプラントと骨の結合に悪影響を及ぼすといわれています。

そのため、インプラントの施術中に喫煙を行うと、施術後にさまざまなトラブルを起こすと考えられています。

インプラント治療はメリットの多い施術方法です

インプラントの施術後、上記でご紹介したことに気を付けていただければ、痛みが長引くようなことは考えられません。

インプラントの施術中の痛みに関しても、口内に局所麻酔を打ってから行うため痛みは感じにくいといえます。

施術後1~2日は痛みや腫れを生じることがありますが、痛み止めを飲めば治まることが大半です。

強い痛みが長く続く場合は、歯科医師に相談するのが良いでしょう。

インプラント治療は成功率が高くメリットの多い施術法とされています。

失った歯の回復方法として最先端の方法であり、メンテナンスをしっかり行うことで寿命が非常に長いと考えられています。

10年後のインプラント残存率は95%以上とされており、一度インプラントの施術を受ければ一生作り直しをしなくて良いというケースも少なくありません。

入れ歯の寿命は4~5年程度、ブリッジの寿命は8年程度といわれているため、作り直しが必要になるケースが多いといいます。

インプラント治療で歯の健康を保つには、仮歯の期間の日常生活に気を付けることも大切ですが、信頼できるクリニックで施術を受けることも重要だといえるでしょう。

(まとめ)仮歯のときにアルコールを飲んでいけないのはなぜ?

1.仮歯のときにアルコールを飲むと血行が良くなり痛みを生じやすくなるためです

インプラント治療では、抜歯を行った施術当日から食事を行うことが可能ですが、仮歯の状態でアルコールを飲むのは避けた方が良いとされています。

アルコールが血行を良くし、施術箇所に痛みを生じさせる可能性があるためです。

2.仮歯のときは食事に注意しましょう

インプラント治療ではインプラント体と骨が結合する期間を必要とします。

その期間中は仮歯を装着することが可能ですが、1週間程度はアルコールを控えた方が良いとされています。

また、仮歯に負担をかける硬い食べ物は避けるようにしましょう。

3.インプラントの治療期間は日常生活に気を付けましょう

インプラントの治療期間は仮歯の状態であるため、日常生活に注意したいことがいくつかあります。

たとえば、施術当日は激しい運動や入浴を避けること、腫れが引くまでは口内環境を清潔にすること、喫煙を控えることなどが挙げられます。

4.インプラント治療はメリットの多い施術方法です

インプラントの施術では強い痛みを感じることはほとんどなく、入れ歯やブリッジに比べ寿命が長く、作り直しをしなくても良いケースが多いといわれています。

インプラントのメリットを十分に得るために信頼できるクリニックで施術を受けるようにしましょう。

2893
Return Top