仮歯が大きいと感じる原因とは?

仮歯が大きいと感じる原因は調整を前提につくられているからです


歯列矯正や虫歯治療などで仮歯を入れたとき、仮歯のサイズが大きいと感じている方は多いといいます。

その原因の一つとして、仮歯はもともと調整を前提につくられており、大きめに設定されているからだという理由が考えられます。

仮歯には本番用のセラミッククラウンの試験的な役割もあるとされていますから、仮歯の段階で違和感を覚えた場合はクリニックに相談しましょう。

仮歯はもともと大きめに作られているのが一般的です

歯が1本でも抜けていたり、歯と歯の間に大きな隙間があったりすると、見た目に著しい悪影響を及ぼします。

そのため、施術期間中の審美面を回復させるために仮歯は用いられるのです。

しかしながら、仮歯のもつ役割はそれだけではないといえます。

仮歯は一時的に使用するものではありますが、セラミッククラウンなどの本番用の歯を入れるための前段階として非常に大きな意味を持っていると考えられます。

セラミッククラウンが出来上がるまでの間仮歯を装着することで、最終的な歯の形や噛み合わせを確認するのです。

仮歯の段階で違和感があったり噛み合わせに問題があったりすれば、その都度調整して再度様子をみることもあります。

ですから、仮歯はもともと調整することを前提に作られているといっても過言ではないでしょう。

そのため、仮歯のサイズが大きいと感じる方がいらっしゃいます。

もし、仮歯のサイズが大きいと感じる場合は削ることで小さくすることが可能でしょう。

仮歯が、あまりに大きいと感じる場合や違和感が強い場合はクリニックに相談して調整した方が良いです。

仮歯が大きすぎる場合はクリニックで調整してもらいましょう


仮歯のサイズが大きいと感じたとき、どれくらい違和感があると問題が生じるのでしょうか。

ここでは、仮歯の大きさがその後の噛み合わせに影響するかどうかの確認事項を挙げていきましょう。

  1. 歯ぎしりしたときに高いと感じるかどうか
    上下の歯を噛み合わせた状態で、歯を左右に動かして歯ぎしりをしてみます。

    このとき、仮歯が高い、仮歯がつっかえるなどの違和感がある場合は仮歯が大きすぎるか高すぎる可能性があります。

  2. 噛んだときに強く当たるかどうか
    左右の歯が均等に当たるように、薄い紙を噛みます。

    このとき、他の歯に比べて仮歯の部分が強く当たっている場合、仮歯のサイズに問題がある可能性が高いです。

  3. 歯と歯の間が窮屈でないか
    仮歯と仮歯の周辺の歯が強く当たっている場合、歯と歯の間が窮屈に感じることがあります。

    万が一窮屈に感じるときは、仮歯のサイズが大きいため周辺の歯と強く当たっている状態が想定されます。

    きちんとしたクリニックであれば、このような確認を歯科医がとってくれるはずです。

    そういったクリニックでは申告すれば仮歯のサイズを調整してくれるでしょうから、クリニック選びは慎重に行いましょう。

大きい仮歯の装着にはさまざまなデメリットが考えられます

万が一、大きい仮歯を装着し続けるとどうなってしまうのでしょうか?
仮歯のサイズが適切でない場合、歯茎が腫れて出血してしまうことがあります。

私たち人間には防御反応というものがあり、異物とみなすと体が何らかの症状をサインとして表すことを指します。

大きすぎる仮歯も異物とみなされるため、歯茎に普段はみられないような症状が起こってしまうのです。

大きすぎる仮歯を装着した状態では、本番用のセラミッククラウンを適切なサイズで作成することも難しくなると考えられます。

最悪の場合、セラミッククラウンを装着できず、一から作り直さなければならないケースもあります。

また、歯茎の腫れや出血が矯正の施術を行ったあとも続いてしまったり、細菌が侵入し歯が感染してしまったりする恐れもあります。

そのため、仮歯は仮の歯といえども、本番用の歯に近いものを装着することが理想的とされています。

お客様の希望を聞きながら調整を行ってくれること、仮歯の制作にもこだわりを持っていることが良いクリニックの条件ではないでしょうか。

(まとめ)仮歯が大きいと感じる原因とは?

1.仮歯が大きいと感じる原因は調整を前提につくられているからです

仮歯は本番用のセラミッククラウンの試験的な役割をもっており、調整を前提に作られています。

そのため、仮歯を装着したときにサイズが大きいと感じるのは当たり前ともいえます。

仮歯に違和感がある場合は、クリニックに相談すべきです。

2.仮歯はもともと大きめに作られているのが一般的です

仮歯には審美面の回復だけでなく、本番用の歯の形や噛み合わせの確認を行う役割もあると考えられます。

そのため、仮歯はもともと大きめに作られていることが多く、あまりに大きいと感じる場合は、クリニックに相談した方が良いです。

3.仮歯が大きすぎる場合はクリニックで調整してもらいましょう

仮歯のサイズに問題があるかどうかは、どれくらい違和感があるのかによって判断が可能です。

歯ぎしりしたときや噛んだときの仮歯の高さや周囲の歯にへの当たり方などで確認します。

歯が大きすぎるときはクリニックで調整してもらいましょう。

4.大きい仮歯の装着にはさまざまなデメリットが考えられます

仮歯のサイズが不適切な場合、歯茎が腫れて出血してしまうだけでなく、本番用の歯のサイズも不適切になってしまう可能性があります。

そのため、仮歯は本番用の歯に近いものが理想的で、仮歯をきちんと作成してくれるクリニックが良いと考えられます。

5397
Return Top