湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

ブリッジをつけると歯茎の色が黒くなる?

ブリッジをすることで歯茎の色が黒くなる可能性があります


虫歯や事故で自分の歯を無くしてしまったときには、ブリッジという両隣の歯に固定させて使用する人工の歯をつけて無くしてしまった歯の機能を回復させる場合があります。

このブリッジの素材に金属が含まれていることで、金属イオンが水に溶け出して歯茎に色素沈着することが原因になり歯茎の色に黒ずみがみられるようになります。

ブリッジで歯茎が黒く変色する場合があります

虫歯の進行が進んでしまったり、歯のひどい破損などで歯の根まで無くなってしまったりしたときには、人工の歯をブリッジでつけることができます。

ブリッジでは歯を固定する土台が無いときでも無くなった歯の両隣の歯を削って、削った場所に引っ掛けることができ真ん中の人工の歯をしっかりと固定させる施術です。

ブリッジは固定式の人工歯なので、食べ物を食べるときには入れ歯よりも自分の歯に近い使用感が得られるのですが、周囲の歯をたくさん削る必要があり、さらに真ん中の人工歯を周囲の歯が支えている状態になるので周囲の歯に負担がかかります。

そして保険が適用になって料金的にも安くすむブリッジの場合には、通常は内側に金属が使用されているため、その金属から金属イオンが流れ出して色素が歯茎に沈着することで歯茎が変色する可能性が高くなります。

また歯茎が下がってくるなどの理由からブリッジの内側の金属が見えることで、歯茎と歯の境目が黒く見える場合もあります。

金属を使わない施術なら歯茎の色が変わりません


虫歯などで歯が無くなってしまった場合、歯が無くなった箇所をそのままにしていては生活していく上でも不便で審美的にもよくないため、早めに自分の歯の代わりの人工歯を入れる必要があります。

歯の根まで無くなっている箇所にはブリッジやインプラント、入れ歯などで歯を入れることができます。

ブリッジやインプラントを作る場合には、素材に金属が含まれているものを使用するとその金属が原因となって歯茎の色が変わることがあるのですが、セラミックやジルコニアなどの金属を含まない素材を選ぶと歯茎への影響が少なくなります。

非金属のものは保険が適用されないため費用が高くなりますが、審美製が高く、後から歯や歯茎の変色などの問題に困ることが少ない施術といえます。

金属を使用しないエステティックデンチャーという入れ歯も歯茎に影響がない施術になります。

自然な仕上がりで周囲にバレにくいため、若い方でも使いやすく、柔軟性のある素材で歯茎にフィットするため従来の入れ歯よりも使用しやすくなっています。

インプラントなどのように手術の必要がないため手軽に使える点も魅力です。

歯茎の変色には歯肉整形などでの改善が期待できます

保険が適用できるブリッジの場合には大抵金属が使用されているので、保険適用のブリッジを使用している方は歯茎の変色に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

歯茎の色が黒くなってきたと感じたら、早めに改善のための施術を受ける方がいいといえます。

歯茎の黒ずみを改善するには歯肉整形が適しているのですが、黒ずみの原因が口の中に残っている場合には、歯茎の色が改善されてもまた再発する可能性が高くなります。

ブリッジなどの金属が原因の場合には、歯茎の色の改善のためにその原因となるブリッジ自体をセラミックなどの金属を使用していない素材に交換する施術が受けられます。

金属を使用していない素材のブリッジに交換することで、歯と歯茎の隙間から見えている金属がなくなり、歯茎から透けて見える黒ずみの改善も期待できます。

なかなか落ちない色素沈着による歯茎の黒ずみの改善には、歯茎のホワイトニング(ベビーピーリング)の施術が受けられます。

歯茎の変色が気になる箇所に専用の薬剤を塗って、できた膜が剥がれるまで待つだけで歯茎の黒ずみの改善が期待できます。

施術が簡単で、完了まで数日ですむ施術になります。

(まとめ)ブリッジをつけると歯茎の色が黒くなる?

1.ブリッジをすることで歯茎の色が黒くなる可能性があります

自分の歯を無くしてしまったときには、両隣の歯に固定して使用する人工歯のブリッジをつける場合があり、ブリッジの素材に金属が含まれていると、その金属が歯茎の色が変わる原因になります。

2.ブリッジで歯茎が黒く変色する場合があります

虫歯などで歯を根から無くしてしまった場合には、人工歯を支えるための土台がないため周りの歯に固定するブリッジなどの施術で歯を入れることができます。保険が適用になるブリッジでは使用されている金属で歯茎の色が黒く変色することがあります。

3.金属を使わない施術なら歯茎の色が変わりません

歯が無くなった場合、ブリッジやインプラント、入れ歯などの人工歯で歯を入れる可能です。

ブリッジやインプラントならセラミックやジルコニアなどの素材を使用することで、また手軽なエステティックデンチャーの使用でも歯茎が変色する可能性が低くなります。

4.歯茎の変色には歯肉整形などでの改善が期待できます

ブリッジなどの金属歯茎の黒ずみを改善するためには、原因となる金属素材を含むブリッジをセラミックなどの非金属素材のものに交換する施術が受けられます。

なかなか落ちない色素沈着による黒ずみの改善には歯茎のホワイトニングでの改善が期待できます。

2638
Return Top