湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

銀歯とプラスチック、見た目的にはどっちがいい?

見た目が良いのはどっちかというと銀歯よりもプラスチックです


銀歯とプラスチックのインレーを比較した場合、見た目はプラスチックの方が優れています。

プラスチック樹脂を使用したコンポジットレンジは白い詰めものなので、メタリックな銀歯に比べて自然な仕上がりにすることが可能です。

色のバリエーションもたくさんあるので、自分の歯に近い色に再現できる点も銀歯にはないメリットと言えます。

コンポジットレジンの素材の性能は良くなっています

コンポジットレジンではプラスチック樹脂(レジン)が使用されますが、レジンの性能は昔と比べて良くなっています。

プラスチックの素材なので金属でできている銀歯に比べて耐久性は劣ってしまい、柔らかさもあるので歯を動かしたり、噛み合わせたりする際にどんどん削られてしまうことが懸念されています。

多少のすり減りや割れであればコンポジットレジンで修復は可能ですが、大きな負荷により破損が大きい場合は他の詰めものに変えた方が良さそうでしょう。

また、レジンは時間が経つと変色するという問題もありました。

レジン自体が変色することもあれば、着色物の付着や浸透によって変色することもあります。

自然な仕上がりになっても、変色してしまえば審美性が失われることになるでしょう。

しかし、最近は素材やコンポジットレジンの技術も進歩しており、以前と比べて耐久性が上がり、変色しにくくなっているので見た目も気にならない白い詰めものを施すことができるでしょう。

ただ、それでも銀歯に比べると耐久性や変色には不安があるので、きれいな状態を維持するためには、定期健診でチェックしてもらうことが望ましいです。

金属アレルギーや二次カリエスの心配がありません


銀歯は金属アレルギーや二次カリエスのリスクがありますが、コンポジットレジンなら金属アレルギーはなく、二次カリエスのリスクも低いです。

金属アレルギーは金属から溶け出す金属イオンが体内に入り込み、たんぱく質と結合することでアレルギー反応が引き起こされます。

銀歯では金属アレルギーのリスクを減らすために金銀パラジウムと呼ばれる合金が使用されていますが、金と比較すると銀とパラジウムは金属イオンが溶け出しにくい性質を持っているので、注意が必要です。

一方、コンポジットレジンは金属を一切含まないので、金属アレルギーを引き起こすことはありません。

アレルギー体質でない方でも、金属イオンが体内に溜まるとアレルギーを誘発する恐れがあるので、安全性に配慮するならコンポジットレジンがおすすめです。

また、銀歯は二次カリエスを経験される方が多いとされています。

二次カリエスとは治療した歯の虫歯が再発することで、二次虫歯とも呼ばれているものです。

銀歯自体の劣化や接着材となっているセメントの溶け出しにより隙間ができるので、ケアが不十分だとそこから虫歯になる恐れがあります。

コンポジットレジンは銀歯よりも接着性が良いので、二次カリエスを発症するリスクが少ないのです。

審美性・安全性を重視するならセラミックインレーもおすすめです

コンポジットレジン以上に審美性と安全性を重視するのであれば、セラミックインレーがあります。

セラミックインレーはプラスチックではなく、セラミックを用いた詰めものです。

プラスチックよりも丈夫なので耐久性が高く、天然の歯と見分けがつかないぐらい色合いや質感が自然なので、よりきれいな仕上がりにできます。

硬さも天然の歯とほとんど変わらないので、噛み合わせの歯を傷つける心配もないでしょう。

セラミックも金属を使用しないので、金属アレルギーが心配な方でも使用できます。

汚れやプラークが付着しにくい上にケアがしやすく、歯としっかり適合させるので、二次カリエスになる心配も軽減できます。

ただ、セラミックインレーは基本的に欠損部が中程度の場合に施すことがほとんどなので、欠損部が小さい場合はコンポジットレジンで十分でしょう。

逆に欠損部が大きめの時はコンポジットレンジが向かないので、銀歯よりもセラミックインレーがおすすめです。

レジンもアレルギーがあるので、アレルギーが心配な方は専門医にセラミックインレーが可能かどうか専門医に相談し、最適な施術を提案してもらいましょう。

(まとめ)銀歯とプラスチック、見た目的にはどっちがいい?

1.見た目が良いのはどっちかというと銀歯よりもプラスチックです

銀歯は金属が目立ってしまいますが、プラスチック樹脂を用いたコンポジットレジンは白い詰めものなので、審美性に優れています。

色の種類も豊富であるため、自分の歯の色に合わせた詰めものをしてもらうことが可能です。

2.コンポジットレジンの素材の性能は良くなっています

プラスチック樹脂のレジンは適度な柔らかさがあるので、銀歯に比べて耐久性が低く、また変色により審美性が失われる恐れがあります。

しかし、素材や技術は進歩しているので、昔と比べて耐久性もあり、変色も軽減されています。

3.金属アレルギーや二次カリエスの心配がありません

銀歯は金属アレルギーを引き起こす金属イオンが溶け出しやすい素材を使っていますが、コンポジットレジンはプラスチックなので金属アレルギーになることはありません。

接着性も銀歯よりも良いので、虫歯が再発する確率も低いです。

4.審美性・安全性を重視するならセラミックインレーもおすすめです

セラミックインレーは耐久性と審美性がレジンより上なのでより美しく丈夫で、アレルギーの心配がない詰めものをしたい場合におすすめです。

欠損部が中程度の場合に向いている施術なので、専門医に相談して最適なプランを提案してもらいましょう。

73
Return Top