虫歯治療の銀歯の寿命はどれくらいなのか|セラミックとの違いも説明

虫歯治療の銀歯の寿命はどれくらいなのか|セラミックとの違いも説明

虫歯治療でよく使われる銀歯ですが、見た目が気になるという方も多いようです。最近では、セラミックスという素材を用いて虫歯を治療する方も増えています。強度や耐久性が違い、寿命も異なるため、それぞれ比較して検討したいところです。この記事では虫歯治療で銀歯かセラミックを検討している方に、両方の寿命やメリット、デメリットをご紹介します。

銀歯の寿命はおよそ10年

銀歯は虫歯など歯に穴が開いたときの修復に使われる金属の素材です。
虫歯を治療した後に銀歯を被せてから接着剤で固定します。
ある程度の強度はありますが、唾液に含まれている酸や水によって年数を重ねるうちに劣化していきます。

銀歯の寿命は使用状況にもよりますが10年程度とされていますただし、歯ぎしりや歯を噛みしめるクセがあればもっと短くなる場合もあります。

虫歯治療として用いられる素材として、銀歯の他にプラスチックとセラミックがあります。それぞれ特徴があり、寿命も違ってきます。銀歯と比較してどのくらい持つのかご紹介します。

プラスチックの寿命

白いプラスチックの素材のつめ物のことをコンポジットレジンと呼び、寿命は銀歯よりも短いといわれています。
歯に近い白さがあり、銀歯よりも見た目がよく見えます。しかし時間が経つにつれ変色しやすく、柔らかい素材のため耐久性も低いという特徴があります。

セラミックの寿命

セラミックは陶材でできた素材です。
セラミックは劣化しにくいのが特徴で、天然歯と変わらない強度を持ちます。寿命も銀歯と比べて長く、メンテナンス次第では半永久的に使用することが可能です。
経年劣化も少なく変色もしないため、白さもキープできます。

銀歯のメリット・デメリット

銀歯はかぶせ物としてよく使われる素材ですが、時間にともなう劣化は避けられません。しかし保険が適用できる点はメリットといえます。
ここでは、銀歯のメリットとデメリットを比較してみましょう。

銀歯のメリット

銀歯には次のような3つのメリットがあります。

保険適用で費用が安い

銀歯による治療は保険適用できるため、金銭的な負担を減らして治療することが可能です。
詳細な金額は内容によって異なりますが、数千円で被せ物をつけることもできます。
治療期間も1~2週間なので、比較的治療しやすいといえるでしょう。

金属であるため強度が高い

歯の役割として重要なのが噛むことです。
そのため役割だけで考えれば、銀歯でも自由診療のセラミックと比べて大きな違いはありません。歯が小さくかけた程度であれば、保険内でコンポジットレジンの修復も可能です。しかし大きく欠損した場合に保険適用内で治療するのであれば、強度のある銀歯を選ぶケースが多いでしょう。

銀歯はある程度厚みをつけて作製すれば、割れるケースはほとんどありません。
そのためコンポジットレジンでは割れてしまうような大きな範囲の修復にも使われています。

銀歯に対応している歯科医院が多い

セラミックやインプラントといった審美性が高い歯科治療は、歯科医院によって対応している場合と対応していない場合があります。
審美性が高い歯科治療は高い専門性や経験、知識が問われるため、施術を提供できる歯科院は限られてくるのです。

一方で銀歯は全国どこの歯科医院でも対応してくれます。
どこに住んでいたとしても同じ治療が受けられるというのはとても大きなメリットです。

銀歯のデメリット

銀歯にはメリットもある一方で、デメリットも少なくありません。
銀歯の主なデメリットは次の3つです。

金属アレルギーだと使用できない

保険診療で使われる銀歯は金銀パラジウム合金と呼ばれるものです。
銀歯に含まれている合金のなかでも銀や銅、パラジウム、スズなどは、アレルギーになりやすいといわれる素材です。
そのため金属パッチテストなどで反応がある人は、銀歯を避けたほうが無難といえます。

見た目が悪い

保険診療では前から3番目の犬歯までを前歯と判別しています。
歯を白く見せる硬質レジン前装冠による治療は、基本的に前歯にしか使うことができません。
そのため奥歯には銀歯を使うことになります。

笑い方や歯並びによっても見える歯は違いますが、臼歯まで見えたときに銀歯があると不自然に目立ってしまうでしょう。

歯との隙間ができやすく虫歯の再発リスクがある

銀歯は劣化によって歯との間に隙間ができやすく、虫歯の再発リスクがあります。
こうしてできた虫歯を二次虫歯と呼びます。

二次虫歯は被せ物を装着した状態なので見た目では再発がわかりにくいことが特徴です。
そのため気づかれないことによって、被害が広がりやすいケースもあります。

セラミック矯正のメリット・デメリット

銀歯ではなくセラミックという選択肢もある

保険適用ということもあり多くの歯科医院でおこなわれている銀歯の施術ですが、セラミック矯正を選ぶという選択肢もあります。銀歯に対して、セラミックはどういったメリットとデメリットがあるのか、比較してみましょう。

セラミック矯正のメリット

セラミック矯正にはメリットが多くあり、人気の高い施術方法です。
セラミック矯正のメリットは主に以下の4つです。

耐久性があり寿命が長い

セラミックの寿命で少し触れたように、耐久性はメンテナンス次第では半永久的といわれています。またセラミック素材は、唾液などに溶け出したり、変色や変形したりといった劣化がありません。銀歯より高額だとしても、長年使えるためむしろコスパがよいとも考えられます。

天然歯と変わらない仕上がり

セラミックのメリットは何といっても、天然歯と変わらない美しい仕上がりです。セラミックには適度な光沢と透明感があります。周囲の歯に合わせて大きさや形状、色などが選べ、角度や位置などもマッチさせることができるので、審美性の高い仕上がりになります。色を調整できるため、天然の歯と変わらない自然な美しさを実現でき、変色もしないため、白さが続きます。

金属アレルギーの心配がない

銀歯と大きく違う点はアレルギーの心配がほとんどない点です。
オールセラミックには金属や合成樹脂を含みません。そのため金属アレルギー、レジンアレルギーの心配をすることなく治療が可能です。銀歯の場合、金属が溶け出すことで歯茎が黒ずんでくることもありますが、金属を一切含まないセラミックは、身体にも優しい素材といえます。

密着性が優れ、すき間ができにくい

陶器であるセラミックは、金属のように劣化しにくく溶け出す心配もないので、歯とのすき間ができにくい素材だとされています。天然の歯と相性がよく密着するため、結果として虫歯になるリスクも銀歯より低いといえます。また、長年歯を噛みしめても摩耗しにくく、壊れにくいので銀歯よりも耐久性が高いともいわれています。

セラミックのデメリット

メリットが多くあり魅力的なセラミックですが、デメリットも把握しておきたいところです。セラミックのデメリットは以下のようなものがあります。

保険適用外のため高額になる

セラミックは保険適用外のため、銀歯と比べて治療費が高額になります。セラミックは虫歯治療にも用いられますが、健康を目的とした治療というより、審美性を追求した美容目的であると解釈され、保険の対象外となっています。費用はセラミックの種類や治療の範囲によって変わりますが、「湘南ハイブリッドセラミック」の場合、1本あたり45,000円(モニター価格29,800円)です。

割れることもある

セラミックは硬い素材ですが、割れやすい特徴があります。
そのため噛みしめたときなどに割れてしまうケースも考えられるでしょう。
特に歯ぎしりや食いしばりのがある人は、歯に強い負荷をかけがちです。人によっては、短期間でセラミックが割れる場合もあるため、注意してください。セラミックを選択する場合には、セラミックのなかでも割れにくいものを選ぶことも考慮に入れるといでしょう。特にジルコニアセラミックは、強度が最も高い素材のためおすすめです。歯ぎしりといった癖の改善努力もしましょう

歯を削る量が多くなる

セラミックの強度には限界があるため、セラミックに厚みを持たせることで割れやすさを補う必要があります。セラミックの厚みを持たせるためには、土台となる天然の歯を多く削らなければいけません。セラミックでは必ず歯を削る必要があるため、これに抵抗を感じる方も多くいます。また歯を削ったことで、施術後に痛みを感じることもまれにあります。

銀歯とセラミックはどちらがいいのか

銀歯とセラミックはそれぞれ違う特徴とメリット・デメリットがあります。
見た目の美しさが重要になる前歯と噛むことが大切な奥歯では、選択肢や選ぶポイントが変わります。

長期的に考えれば、口腔環境を保ちやすいセラミックがおすすめです。
しかし銀歯とセラミックでは値段が異なるため、それぞれの特徴を理解したうえで、自分に合ったものを選びましょう。

前歯にはセラミックがおすすめ

1番目立つ前歯は、自然な白さや透明感を持つセラミックがおすすめです。セラミックは銀歯より強度は劣るものの、審美性では優れています。前歯であれば負荷がかかることも少なく割れる可能性も低いので、セラミックを選ぶのが適切といえます。

奥歯にはジルコニアがおすすめ

奥歯は最も負荷のかかる部位のため、かぶせ物には強度が求められます。そのため、奥歯に銀歯を選ぶ方も多くいます。しかしセラミックには、ジルコニアという銀歯よりも強度が優れた素材があり、奥歯によく使われています。人工ダイヤモンドで作られているため、割れる心配はありません。天然の歯に近い白さも持ち合わせており、見た目もよい素材です。
ただし硬すぎることで他の歯を傷つけてしまうこともあるため、歯ぎしりや噛み合わせが悪い方は治療前に改善した方がよいでしょう。

セラミックで虫歯治療をするなら湘南美容クリニック

銀歯とセラミックは「見た目のよさ」と「かかる費用」に大きな違いがあります。銀歯は保険適用で安価ですが、同時に虫歯になりやすいリスクをともない、虫歯の再発で再度費用がかかることも予想されます。一方セラミック治療は、一度の治療で10年以上使えるきれいな白い歯が手に入るので、長い目で見ると金額以上の価値やメリットがセラミックにはあるかもしれません。

きれいな歯は人の印象を大きく変えます。歯を気にせず自然な笑顔ができたり、周囲に好印象を与えられたりします。
湘南美容クリニックでは、ハイブリッドセラミックやフルジルコニアセラミックなど、セラミック矯正を多く扱っており、一人ひとりに合った最適な治療法を提案します。セラミックを使用した虫歯治療を検討している方は、まずカウンセリングでお話をお聞かせください。

7031
Return Top