虫歯治療の銀歯の寿命はどれくらいなのか|セラミックとの違いも説明

虫歯治療の銀歯の寿命はどれくらいなのか|セラミックとの違いも説明歯に使用する被せ物にはいくつか種類があります。
銀歯は保険適用でリーズナブルであるためよく使われていますが、長く使用していれば劣化が生じてしまうのがデメリットです。
銀歯はつけてからどの程度の寿命なのでしょうか。
ここでは比較されやすいセラミックとの違いも紹介します。
被せ物の素材を検討する際は耐久性も考えて選びましょう。

銀歯の寿命はおよそ5~7年

銀歯は虫歯など歯に穴が開いた時の修復に使われる金属の素材です。
虫歯を治療した後に銀歯を被せてから接着剤で固定します。
ある程度の強度はありますが、口の中の唾液に含まれている酸や水によって年数を重ねるうちに劣化していきます。

銀歯の寿命は使用状況にもよりますが5~7年が一般的です。
ただし、歯ぎしりや歯を噛みしめるクセがあればもっと短くなる場合もあります。

銀歯と歯を接着するセメントは経年劣化だけでなく唾液に溶けていく場合もあります。
そのため銀歯よりも先にセメントの劣化が進んでしまうことも珍しくありません。
セメントがはがれれば銀歯と歯の間に隙間ができるため、そこから細菌が侵入するリスクも高まります。

銀歯の表面は小さな傷がつきやすく、その傷の中に細菌がたまって増殖することもあります。
増殖した細菌が歯と銀歯の隙間に入り込むと虫歯にもなるでしょう。

見た目には問題無さそうでも銀歯の内側で虫歯が進行することもあるため注意してください。

銀歯のメリット

銀歯は被せ物としてよく使われる素材ですが、時間に伴う劣化は避けられません。
しかし、銀歯にはメリットもあります。
どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

保険適用で費用が安い

銀歯による治療は保険適用できるため、金銭的な負担を減らして治療することが可能です。
詳細な金額は内容によって異なりますが、数千円で被せ物をつけることもできます。
治療期間も1~2週間なので、比較的治療しやすいといえるでしょう。

金属であるため強度がある

歯の役割として重要なのが噛むことです。
そのため役割だけで考えれば、銀歯でも自由診療のセラミックと比べて大きな違いはありません。

歯が小さくかけた程度であれば、保険内でコンポジットレジンの修復も可能です。
しかし大きく欠損した場合に保険適用内で治療するのであれば、強度のある銀歯を選ぶケースが多いでしょう。

銀歯はある程度厚みをつけて作製すれば、割れるケースはほとんどありません。
そのためコンポジットレジンでは割れてしまうような大きな範囲の修復にも使われています。

銀歯に対応している歯科医院が多い

セラミックやインプラントといった審美性が高い歯科治療は、歯科医院によって対応している場合と対応していない場合があります。
審美性が高い歯科治療は高い専門性や経験、知識が問われるため、施術を提供できる歯科院は限られてくるのです。

一方で銀歯は全国どこの歯科医院でも対応してくれます。
どこに住んでいたとしても同じ治療が受けられるというのはとても大きなメリットです。

銀歯のデメリット

銀歯にはメリットもある一方で、デメリットも少なくありません。
ここでは銀歯のデメリットについてまとめました。

金属アレルギーだと使用できない

保険診療で使われる銀歯は金銀パラジウム合金と呼ばれるものです。
銀歯に含まれている合金の中でも銀や銅、パラジウム、スズなどは、アレルギーになりやすいといわれる素材です。
そのため金属パッチテストなどで反応がある人は、銀歯を避けたほうが無難といえます。

見た目が悪い

保険診療では前から3番目の犬歯までを前歯と判別しています。
歯を白く見せる硬質レジン前装冠による治療は、基本的に前歯にしか使うことができません。
そのため奥歯には銀歯を使うことになります。

笑い方や歯並びによっても見える歯は違いますが、臼歯まで見えた時に銀歯があると不自然に目立ってしまうでしょう。

歯との隙間ができやすく虫歯の再発リスクがある

銀歯は劣化によって歯との間に隙間ができやすく、虫歯の再発リスクがあります。
こうしてできた虫歯を二次虫歯と呼びます。

二次虫歯は被せ物を装着した状態なので見た目では再発がわかりにくいことが特徴です。
そのため気づかれないことによって、被害が広がりやすいケースもあります。

銀歯ではなくセラミックという選択肢もある

銀歯ではなくセラミックという選択肢もある保険適用ということもあり、多くの歯医者で行われている銀歯の施術ですが、セラミックを選ぶという選択肢もあります。
セラミックと銀歯ではどのような違いがあるのでしょうか。

セラミックの寿命

セラミックは陶材でできた素材です。
セラミックは劣化しにくいのが特徴で、天然歯と変わらない強度を持ちます。

寿命も銀歯と比べて長く、10年近く使用することが可能です。
メンテナンス次第ではもっと寿命を延ばすこともできるでしょう。

セラミックは歯科医院の技術によって仕上がりが全く違います。
より質が高い治療を望むのであれば、セラミックの施術実績が多い歯科医院を選ぶようにしましょう。

セラミックのメリット

セラミックのメリットは何といっても天然歯と変わらない美しい仕上がりでしょう。
セラミックには適度な光沢と透明感があります。
色を調整できるため、天然の歯と変わらない自然な美しさを実現できます。

また銀歯と大きく違う点はアレルギーの心配がほとんどない点です。
オールセラミックには金属や合成樹脂を含みません。
そのため金属アレルギー、レジンアレルギーの心配をすることなく治療が可能です。

さらにセラミックはツルツルとしているため汚れや歯垢もつきにくくなるでしょう。
隙間もできにくいためケアしやすく、虫歯にもなりにくいのがメリットです。

セラミックでデメリット

セラミックは硬いのですが割れやすいという特徴があります。
そのため噛みしめた時などに割れてしまうケースも考えられるでしょう。

特に歯ぎしりや食いしばりのクセがある人は、歯に強い負荷をかけがちです。
人によっては、短期間でセラミックが割れる場合もあるため、注意してください。

セラミックは保険適用にならないため、銀歯と比べて治療費も高額になります。
せっかくお金をかけたのにすぐに割れてしまってはもったいないです。

もしセラミックを選択する場合には、セラミックの中でも割れにくいものを選ぶこと考慮に入れると良いでしょう。
ほかには歯ぎしりなどの改善も検討してください。

銀歯とセラミックはどちらがいいのか

銀歯とセラミックはそれぞれ違う特徴があります。
見た目の美しさが重要になる前歯と噛むことが大切な奥歯では、選択肢や選ぶポイントが変わります。

長期的に考えれば口腔環境を保ちやすいセラミックがおすすめです。
しかし銀歯とセラミックでは値段が異なるため、それぞれの特徴を理解したうえで、自分に合ったものを選びましょう。

(まとめ) 虫歯治療の銀歯の寿命はどれくらいなのか|セラミックとの違いも説明

1. 銀歯の寿命はおよそ5~7年

銀歯は素材だけでなく接着剤のセメントも劣化します。
使用期間は人によって異なりますが、5~7年程度が一般的です。
また口腔環境や使用環境によってはもっと短くなることもあります。

2.銀歯のデメリット

銀歯は保険の適用が可能ですが、二次虫歯の発生や金属アレルギーのリスクもあります。
また、見た目が金属質なので自然な歯の状態に近づけることは難しいでしょう。

3.銀歯ではなくセラミックという選択肢もある

セラミックは保険適用外にはなりますが、金属アレルギーの心配がなく、虫歯を予防するためにも適した素材です。

また見た目も自然な歯に近い白色なので、口を開けた時も自然な状態を保つことができます。
費用は銀歯よりも高額になるため、それぞれの特徴をよく理解したうえで選びましょう。

4.銀歯とセラミックはどちらがいいのか

長期的に口腔環境を保ちやすいのは、耐久性のあるセラミックです。
前歯と奥歯では選択肢や選ぶポイントが変わります。

自分が重視したいポイントを決めたうえで医師と相談して治療を進めましょう。

221
Return Top