湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

銀歯の詰め物の寿命は何年くらい?

銀歯の平均寿命は5年から7年です


口の中にある銀歯は水分や食べ物、噛む時の圧力などで劣化したり傷ついたりするため、5年から7年が銀歯の平均寿命といわれています。

寿命を過ぎた銀歯は、虫歯や口臭、歯周病を引き起こしかねません。

健康的な歯を維持するためには銀歯の定期的なメンテナンスを行うだけでなく、平均寿命の長いセラミックインレーを用いた施術をおすすめします。

銀歯の平均寿命は5年から7年です

虫歯の施術には、銀歯を使用することが一般的です。

しかし、金属でできた銀歯は口の中にあるため、さまざまな原因で時間が経過するごとに徐々に劣化していくのです。

劣化を引き起こす原因には以下のものがあります。

食べ物

歯磨きの磨き残しや銀歯の詰め物の隙間に食べ物が残っていると、そこから虫歯が進行していきます。

虫歯によって歯が変形し、銀歯の詰め物があわなくなるとハズれてしまい、さらにそこに食べ物が入り込むと虫歯がさらに悪化しかねません。

歯ぎしりや噛みあわせ

歯ぎしりが激しかったり、歯の噛みあわせが悪かったりすると、銀歯に想定以上の力が加わることがあります。

すると銀歯と歯の接着剤が砕けたり、詰め物が取れたり壊れたりといった原因になってしまうようです。

元々歯並びが良くても、周りの歯が抜けてしまうと噛みあわせが悪くなることがあるため、注意しましょう。

これらの原因により、銀歯の平均寿命は5年から7年となっています。

劣化した銀歯をそのまま使い続けると、新たな虫歯が増えたり、口臭、歯周病が発生したりする原因となるでしょう。

健康的な歯を長く維持したいのであれば、銀歯は定期的にメンテナンスすることをおすすめします。

銀歯を長年使い続けると虫歯や口臭の原因となります


長年使用している銀歯は劣化によって虫歯や口臭、歯周病、歯茎の黒ずみなどを引き起こす可能性があります。

それぞれ詳しく解説しましょう。

虫歯

銀歯の隙間に食べ物が入り込むと、そこから虫歯が進行していきます。

銀歯の隙間は歯ブラシが届きづらく、一旦入り込んでしまうと除去するのが難しいため、虫歯菌の温床となってしまいます。

口臭

銀歯の隙間に食べ物が入り込んでしまうと、食べ物は除去されずにそのまま腐っていくため、気になる口臭の原因となりやすいのです。

銀歯が原因の口臭は、腐敗臭に近い臭いとも言われています。

口臭が気になる方は、セルフチェックしたり、親しい人に確認してもらったりするとよいでしょう。

歯周病

銀歯の隙間に残った食べ物からは歯垢が発生します。

この歯垢が溜まっていくと、歯茎の炎症や腫れを引き起こしてしまうのです。

歯茎の黒ずみ

銀歯は水分や食べ物と触れることで徐々に溶けていき、金属イオンが流れ出てきます。

この金属イオンが歯茎に付着すると黒ずみの原因となります。

セラミックインレーは長く歯の健康を保ちたい方におすすめです

銀歯の代わりとしてセラミックインレーを利用することもおすすめです。

セラミックインレーとはセラミック(陶器)で詰め物を行う施術法です。

インレーとは詰め物のことで、セラミック製の差し歯や被せ物をすることをセラミッククラウンと呼びます。

セラミックインレーは、セラミッククラウンに比べて歯を削る量が少ないのが特徴です。

また、セラミックインレーには、ほかにも次のようなメリットがあります。

銀歯より長持ち

平均寿命が約5‐7年の銀歯に比べて、セラミックインレーは平均寿命が約10年と長く利用できるメリットがあります。

銀歯より密着度が高い

セラミックの詰め物は、歯との密着度が高いため経年劣化しづらい素材です。

そのため隙間が小さく新しい虫歯を引き起こす可能性を下げる事ができるため、施術を頻繁に繰り返す必要がなくなります。

金属アレルギーにならない

銀歯から溶け出した金属イオンが金属アレルギーを引き起こすことがあります。

セラミックインレーは陶器のため金属アレルギーの心配はないでしょう。
※一部金属を利用するセラミックインレーもありますので、よく確認することをおすすめします。

(まとめ)銀歯の詰め物の寿命は何年くらい?

1.銀歯の平均寿命は5年から7年です

銀歯の平均寿命は5年から7年と言われています。

健康的な歯を長く維持するためには、定期的な銀歯のメンテナンスを行うだけでなく、セラミックインレーを用いた施術をおすすめします。

2.銀歯の平均寿命は5年から7年です

銀歯の平均寿命は5年から7年です。

銀歯は、時間が経つにつれてどんどん変形したり劣化したりするといいます。

この劣化が新たな虫歯の発生や口臭、歯周病の原因になりかないため、銀歯は定期的にメンテナンスを行いましょう。

3.銀歯を長年使い続けると虫歯や口臭の原因となります

長年使い続けた銀歯をそのままにしておくと、新たな虫歯や口臭、歯周病、歯茎の黒ずみなどを引き起こしてしまう可能性があります。

これは、歯垢の磨き残しや、銀歯から溶け出した金属イオンの影響である場合が多いです。

4.セラミックインレーは長く歯の健康を保ちたい方におすすめです

銀歯を詰める施術の代わりにセラミックインレーを利用してみるのもよいでしょう。

セラミックインレーは銀の代わりにセラミック(陶器)で詰め物を行います。

長く健康的な歯を維持したい方や、見た目を自然な色の白さの歯にしたい方におすすめです。

796
Return Top