湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びの矯正は大人になってからだと手遅れ?

歯並びの矯正は大人でも手遅れではありません


歯並びの矯正については、子どものうちに行うケースが多いですが、大人になってからでも手遅れということはありません。

永久歯に生え変わる時期や顎の成長時期に合わせて行ったほうが、スムーズに矯正できるのは事実です。

しかし、大人になってからでも矯正を行うことは可能で、気になる歯並びの矯正に手遅れということはないようです。

セラミック矯正であれば、大人でも手遅れではありません

歯並びの矯正は、年齢に関係なく行えるものです。

子どものうちに矯正を行わず、歯並びが悪いまま大人になってしまったら手遅れだということはありません。

大人になってから矯正を受けるのが恥ずかしいと感じる人もいるかもしれませんが、歯並びを矯正することのメリットは多いです。

見た目だけでなく、歯周病や虫歯の予防などにも繋がります。

大人になったら、歯が動かないから矯正はできないというイメージが強いと思いますが、実際はなぜ手遅れではないのでしょうか。

セラミック矯正の場合は、矯正する歯を削ってその上にセラミックの人工歯を被せて歯並びを矯正するため歯の動きは関係がありません。

歯が抜けてしまった場合は、人工の歯根を埋め込んで施術するインプラントで歯並びを整えることも可能です。

ひどい歯槽膿漏がある場合は、そちらの治療を優先することもありますが、基本的に歳をとってからも手遅れではありません。

ワイヤー器具の装着で歯の位置を動かすワイヤー矯正も、年齢は関係ありません。

大人でも力を加えることで歯を動かすことは可能です。

確かに成長期の子どものほうが歯を動かしやすいですし、骨格ができあがる前なら顎の位置の矯正もできるため矯正しやすいことには変わりありません。

骨の位置を変えるような矯正は大変です


出っ歯や受け口と呼ばれる歯並びは、歯の生える向きだけでなく顎の位置が正しくない可能性があります。

成長期であれば矯正して正しい位置に動かすこともできますが、大人になってからだと骨格を大きく変える矯正は困難です。

歯並びの悪い原因が顎の骨の大きなずれにある場合は、できるだけ子どものうちに治してしまったほうが良いでしょう。

しかし、大人になったら顎のずれによる歯並びを治すのに手遅れだというわけではありません。

骨格に問題がありセラミック矯正だけで治すことができない場合には、セットバック法と呼ばれる骨切り法を組み合わせて歯並びや嚙み合わせを矯正することができます。

上顎や下顎の骨を切り移動させる外科的な施術になるため、少々大変です。

もちろんきちんとした技術を持った医師が、カウンセリングを行って施術するため、安全性が高い方法です。

セットバック法と通常の矯正とを組み合わせることが多いです。

骨格の矯正は大人になってからでは手遅れと思われがちですが、治す方法はあるためまずは医師に相談することをおすすめします。

セラミック矯正は短期間で施術ができ、バレにくい方法です

大人でも短い期間で歯並びを整えられるセラミック矯正について、施術の流れを紹介します。

簡単にいうと歯並びを治す歯を決めて、その歯や必要に応じて周囲の歯を削り、セラミックの人工歯を被せるという流れになります。

セラミック矯正の場合は、歯を削ったあとに仮の歯を入れるので、早い段階で見た目の歯並びは良くなります。

しかし仮歯はあくまで仮なので、そこでやめてしまうと仮歯がすり減ったり細菌が溜まって歯周病の原因になったりするので注意してください。

本歯をかぶせたあとは細かく噛み合わせの調整をして終了になります。

セラミック矯正の特徴は、早ければ2カ月で終わるということ。

時間がかかったとしても数カ月とされるため、時間をかけられない大人の矯正に向いている方法だといえます。

また、セラミックの歯は色や形を自分の歯に合わせて作ることができます。

矯正した歯だけが色が浮いてしまうことなく自然な仕上がりにできるので安心です。

器具を装着するワイヤー矯正と違い、周りに矯正していることがバレにくく、痛みが少ないというのもメリットです。

(まとめ)歯並びの矯正は大人になってからだと手遅れ?

1.歯並びの矯正は大人でも手遅れではありません

歯並びの矯正は年齢の関係なく行えるものであるため、大人でも手遅れということはありません。

ただし子どものうちに行ったほうがスムーズに矯正できるということに変わりはありません。

2.セラミック矯正であれば、大人でも手遅れではありません

セラミック矯正は大人になってからでも行うことが可能な矯正法のひとつです。

見た目や矯正にかかる時間が気になる人でも行えます。

大人になってからでも歯は動かせるのでワイヤー矯正も可能といえます。

3.骨の位置を変えるような矯正は大変です

大人でも歯の矯正は可能ですが、骨格を変える矯正方法の場合は大人になってからは少々難しいことがあります。

大きなずれを治さなければいけないときは、外科的施術で顎の骨を切って正しい位置にずらすといったことが必要です。

4.セラミック矯正は短期間で施術ができ、バレにくい方法です

歯並びを治す歯を削り、その上からセラミックの歯を被せる矯正方法です。

セラミック矯正は短期間で周りにバレにくく施術を行えることが、忙しい大人にとってメリットとなります。

4088
Return Top