湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

パイロットは歯並びが良くないといけないの?

歯並び自体は絶対的な条件ではありません


「パイロットになるには歯並びがよくないといけない」、という噂を聞いたことがある方もいるかもしれません。

しかし、パイロットを目指すに当たって歯並びの良さは、確実に満たさなくてはならない基準というわけではありません。

ただ、パイロットには身体検査の項目には「口腔及び歯牙」があり、こちらに抵触する場合には検査に引っかかってしまうことになります。

また、歯並びが良い人は、歯並びが悪い人に比べて見た目で与える印象がよくなりますので、面接時に多少のアドバンテージとなる可能性もあります。

パイロットの身体検査マニュアルには、口腔・歯牙の身体条件もあります

一般財団法人航空医学研究センターの航空身体検査マニュアルには、パイロットにおける口腔・歯牙の身体条件として以下の項目が挙げられています。

  1. 身体検査基準
    口腔・歯牙に航空業務を妨げることが懸念される疾患や機能障害がない
  2. 不適合状態
    歯牙や上顎骨、下顎骨、また口腔周辺の疾患により痛みを伴う。または航空業務に従事することで痛みが出る恐れがある。
  3. 検査方法及び検査上の注意
    必要があればエックス線検査を実施する。未治療の虫歯、根尖膿瘍、歯根のう胞やなど、航空業務によって痛みが発生する可能性があるものは速やかに治療を受けさせる。

上記の「2.不適合状態」に抵触するパイロットには、速やかな治療が求められます。

その他にも、口腔の疾患により航空業務に支障が出ると判断されれば、不適合となってしまうのです。

こちらの項目の中には歯並びはありませんので、実際にはパイロットになる条件として歯並びは関係ないといえます。

ただ、この歯並びが航空業務に何らかの悪影響を与えると判断されれば、不適合と見なされるおそれもあるでしょう。

歯並びが原因で虫歯や歯槽膿漏を招く可能性はあります


歯並び自体が直接パイロットの身体条件に関係ないことは前述の通りです。

しかし、歯並びが悪いことで口腔内にトラブルが起こるリスクを高めてしまうことも考えられます。

歯並びが悪いと、食事時に歯と歯の隙間に食べかすが溜まりやすくなったり、歯磨きで上手く食べかすやプラークを落としにくくなったりします。

こうなると、虫歯や歯槽膿漏を引き起こすリスクが通常よりも高くなってしまうでしょう。

虫歯や歯槽膿漏は不適合項目に該当しますから、歯並びが遠因となって、パイロットへの道やパイロットの業務に支障が出てしまう可能性があるのです。

そう考えると、直性関係がないとしても、歯並びを矯正しておくに越したことはないといえるでしょう。

見た目や印象といった意味でも、歯並びは良いに越したことはありません

歯並びが悪いことで口腔内の健康状態を妨げてしまうことがありますが、やはり見た目や印象への影響も大きなものがあります。

どうしても、歯並びが悪いよりも良い方が、人に与える印象面で有利になります。

特に海外では、歯並びが悪い人は自己管理ができていないという考え方が強く、爪切りや髭の処理といったマナーと同様に扱われているそうです。

パイロットは直接人前に出る仕事ではありませんが、海外の方と接する機会は少なくありません。

自分の見た目には無頓着という方でも、仕事に支障を与える可能性があるとなれば話は別でしょう。

やはり、健康面・審美面の両方で、歯並びを矯正するメリットはあるといえるでしょう。

矯正治療をしていても、それが航空業務に支障を来すことがないと判断されれば不適合になることはありませんので、一度歯科医師に相談してみてください。

(まとめ)パイロットは歯並びが良くないといけないの?

1.歯並び自体は絶対的な条件ではありません

パイロットの仕事をするに当たって、歯並びの良さ自体は特に問われることはありません。
ただ、パイロットの身体検査項目には口腔・歯牙に関するものがあり、こちらに抵触する口腔内の疾患に関しては、不適合の条件となります。

2.パイロットの身体検査マニュアルには、口腔・歯牙の身体条件もあります

パイロットの身体検査マニュアルでは、歯や顎、口腔周辺の疾患によって航空業務を妨げる可能性がある状態は、不適合として定めています。
こちらに該当するパイロットは、速やかに治療をしなくてはなりません。

3.歯並びが原因で虫歯や歯槽膿漏を招く可能性はあります

歯並び自体はパイロットの適合条件にはありませんが、歯並びが悪いことで虫歯や歯槽膿漏のリスクを高めることがあります。
直接条件として定められていないとしても、歯並びは矯正するに越したことはありません。

4.見た目や印象といった意味でも、歯並びは良いに越したことはありません

歯並びが見た目に与える影響は非常に大きなものです。
特に海外では、歯並びは爪や髭と同等のマナーとして認識をされることも少なくありません。
審美的な面が仕事に与える支障を考えると、やはり矯正治療を受けることをおすすめします。

2544
Return Top