湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

下の歯の歯並びが悪くなる原因とは?

下の歯の歯並びが悪い原因は先天的なものと後天的なものがあります


下の歯の歯並びが悪いという人は部分的に歯並びに悪影響を与える原因があったことが考えられます。
歯並びというのは先天的なものも含めてさまざまなことに左右されて決まりますが、そういった原因がどこにあるかによって、下の歯に大きく影響が出たり上下の歯に影響が出るものです。

下の歯の歯並びが悪くなるにはたくさんの原因がありますが、基本的には歯並びを正しく保つためには先天的なものは早く治して、後天的なものは生活習慣やくせ、口腔内のチェックなどで予防することが必要です。
歯並びに不安がある場合には、悪くなりそうな原因をさまざまな角度から見て探しましょう。

生活環境や虫歯といった下の歯の歯並びを悪くする後天的な原因を予防しましょう

下の歯並びが悪い場合には生活習慣やくせが関わっていることもありますし、歯の抜け替わりが上手くいかずに乳歯が残ったために歯並びが乱れてしまうこともあります。
乳歯の抜け替わりが上手くいかないと空いた隙間に歯が移動してしまったり、なかなか抜けないために別の位置に永久歯が生えてきたりするようです。

歯並びに影響する生活やくせとしては、柔らかい食べ物ばかりを食べていることによってあごの発育が遅れることが考えられます。
噛む回数が少なくなると、あごが未発達で小さくなってしまい、正常な歯がきちんと並ぶスペースがなくなってしまいます。
意識的に噛む回数を増やしたり、硬い食べ物もきちんととることが大切です。

また、虫歯の影響で歯を早く失ってしまったり、被せものが不適切なために歯並びが悪くなることもあります。
歯周病などで歯が揺れると歯が移動しやすくなって、歯並びが悪くなるとも言われています。
歯周病では歯を支えている骨が溶け始めてしまうため、歯がぐらつきやすくなり、大変キケンです。
さらに歯並びが悪いことで虫歯や歯周病を悪化させることもあるため、早期発見が大切になります。

下の歯の歯並びが悪いことで虫歯などの病気のリスクが高まります


下の歯の歯並びが悪いと、歯の病気が進んでしまったり、虫歯になりやすい環境になってしまうことがあります。
歯並びが整っていないと歯磨きの時に歯ブラシがすみずみまで届きにくくなるため、歯並びが悪い人の方が虫歯などの歯の病気のリスクが高くなります。
さらにかみ合わせが悪いことで、上下の歯がしっかりと食べ物を噛むことができなくなり、唾液の分泌量も減少すると言われています。

唾液は口の中の汚れを浄化する働きがあるとされていますが、唾液が減ることで細菌が増えやすくなります。
虫歯のリスクも高まりますが、細菌が増えることで口臭などの不快な症状も起こりやすくなるでしょう。
また、噛めないことによって胃腸の負担にもなるなど、歯だけにとどまらず、リスクが増えてしまう恐れがあります。

下の歯の歯並び矯正は部分的に改善できます

下の歯だけや上の歯だけ、一部分の歯のみの矯正をすることでかみ合わせや歯並びを改善する方法があります。
歯並びの矯正には全体の歯の位置を直すための方法だけでなく、一部の歯並びのみを矯正する方法もあるのです。
一部分のバランスの悪い歯並びだけを改善するため、全体の歯には負担をかけることなく行うことが出来るでしょう。

セラミック矯正は、そんな下の歯だけの歯並びを治すのにも適していると言われています。
セラミックのクラウンを被せて矯正をするため、矯正器具で長期間かけて歯を移動させる必要もありません。
ただし、矯正したい歯にクラウンを被せる時に自分の歯を削ることが必要となります。

抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、歯並びはさまざまな影響を体にもたらして、体調不良を引き起こすリスクがあります。
そうしたことを考えると、できる限り早く改善するようにしたいところです。

(まとめ)下の歯の歯並びが悪くなる原因とは?

1.下の歯の歯並びが悪い原因は先天的なものと後天的なものがあります

下の歯の歯並びが悪くなるには先天的な原因と後天的な原因があります。
歯並びを整えるためには先天的にせよ後天的にせよ歯並びが悪くなる原因を見つけることが大切です。

2.生活環境や虫歯といった下の歯の歯並びを悪くする後天的な原因を予防しましょう

下の歯の歯並びを悪くする後天的な原因はたくさんあります。
生活環境や虫歯、歯周病などの歯の病気に関係しています。
病気がさらに歯並びを悪くすることもあるので、早く発見して予防することが大切です。

3.下の歯の歯並びが悪いことで虫歯などの病気のリスクが高まります

下の歯の歯並びが悪くなることで、虫歯などの歯の病気の可能性が高くなります。
また、かみ合わせも悪くなるので、唾液の分泌も減ってしまって口臭が出やすくなったり胃腸の働きにまで影響が出やすくなります。

4.下の歯の歯並び矯正は部分的に改善できます

下の歯など一部分の歯並びだけを矯正するための方法にセラミック矯正があります。
セラミック矯正は短期間で済みますが、自分の歯を削らなければならない点のみ注意が必要です。

56042
Return Top