歯並びがうつ病につながることがあるって本当?

歯並びがうつ病に関係する可能性はあります


歯並びが悪いことによって、うつ病に発展してしまう可能性はあるようです。

まず、歯並びが悪いことによって、何らかの強いストレスを感じてしまうと、それが引き金となって精神状態が悪化し、うつ病に至ってしまう可能性があります。

また、歯並びの悪化によって、神経や内臓の消化機能に影響が出て、それがうつ病の原因に繋がってしまうこともあり得ます。

歯並びの悪さは見た目に大きな影響を与えます

歯並びが悪いことは、その人の様々なストレスに繋がってしまうことがあります。

目に見えて歯並びが悪いと、他人からの視線が気になり、口元そのものがコンプレックスになってしまうこともあります。

口元の印象は、人の顔面の印象でも大きな割合を占めると考える人は少なくありません。

話をする以上、どうしても口元に視線が行くことはありますし、食事や会話など、常に露出していることが多いパーツですから、気にしてしまうことも多いのです。

そのため、歯並びの悪さがその人の印象をマイナスのものにしてしまうと感じるパターンは珍しくありません。

実際に目に見えて状態が分かりやすいので、人によっては、他人の歯並びについて指摘することもあります。

歯並びの良さがメリットと感じる人がいるように、悪さをデメリットと感じ、相手が気に病んでしまうような言い方をしてしまう人もいます。

そのため、誰かに言われた心なき指摘に傷つき、それが原因となってうつ病になってしまうことも少なくありません。

常にマスクをして口元を隠すようになったり、歯が見えないように口元を隠して話すクセがついてしまうパターンもあります。

悪化してましまうと、歯並びが気になって他人と食事が出来なくなってしまったり、喋れなくなってしまうような場合もあり得ます。

歯並びの悪さから消化不良やストレスを感じてしまうパターンもあります


歯並びが悪いことで、噛み合わせが悪化してしまうことがあります。噛み合わせが悪いことは、食事の際により効率の良い咀嚼を実現しにくくなってしまうことでもあります。

結果として、これは消化不良に繋がってしまいやすいです。

本来であれば十分噛み砕き、唾液と混ざって胃袋や腸に届くはずだった食べ物が、より現物のままで取り込まれてしまうのです。

そのため、消化にかかる負担が上がってしまい、長い目で見れば、内臓器官に負担をかけてしまう可能性もあるのです。

きちんとした噛み合わせで咀嚼をすれば、十分な唾液が出て消化吸収を手助けしてくれますが、歯並びの悪さや噛み合わせの悪さが、それを妨害してしまうこともあります。

唾液の不足は口内の乾燥を招くので、虫歯にも発展しやすいです。

体内の循環バランスを乱してしまうため、美容や健康、ダイエットに対し、本来であれば獲得できたはずのメリットを逃してしまう可能性もあると言えるでしょう。

また、噛み合わせが悪いことで体のあちこちに負担がかかり、腰痛や顎の痛み、肩こりなどが発生してしまうパターンもあるのです。

これらのストレスは、精神に多大な悪影響を与えてしまいます。

様々なマイナスの要素が重なって、うつ病に発展してしまうケースは十分にあり得るでしょう。

目立たない方法で歯並びを矯正するのがおすすめです

歯並びを治療していく方法はいくつかあります。

ワイヤーを使用した歯列矯正、問題のある歯やその隣の歯を削りセラミックの被せ物をする歯列矯正などが挙げられます。

前者の方が歯列矯正として目立ちやすく、後者はより目立たずに治療を進めることが出来ます。

ただし、誰でもどちらも選択できるというわけではなく、それぞれの歯並びや噛み合わせの状態、顎や歯の特徴、予算や体調によっても、適切な治療方法は異なってきます。

歯並びからうつ病に発展しないようにするためには、歯並びを正常に整え、コンプレックスを改善すると共に、神経や内臓などに物理的にかかってくる負担を軽減することが重要です。

しかし、目立つ歯列矯正の治療によって、かえってコンプレックスが増えてしまうパターンはあり得ます。

それがストレスに繋がってしまうことも考えられますので、できれば目立たずに治療ができるセラミック矯正を選択することをおすすめします。

(まとめ)歯並びがうつ病につながることがあるって本当?

1.歯並びがうつ病に関係する可能性はあります

歯並びがうつ病に繋がってしまうパターンは少なくありません。

歯並びの悪さがストレスになってしまったり、消化機能や神経に影響が出て、結果的なうつ病の原因の一端を担ってしまうことがあります。

2.歯並びの悪さは見た目に大きな影響を与えます

歯並びが悪いことをコンプレックスに感じ、それらのストレスがうつ病に発展してしまうケースは少なくありません。

歯並びの印象が大きいと感じる人は多いため、他者からの指摘で傷つき、うつ病になってしまう人もいるのです。

3.歯並びの悪さから消化不良やストレスを感じてしまうパターンもあります

歯並びが悪いことで、噛み合わせも悪くなってしまうことが多いです。

それは消化吸収が悪くなり、唾液の正常な分泌も妨げてしまいます。

美容やダイエットにもマイナス効果ですし、これらのストレスが重なって、うつ病になってしまうこともあり得ます。

4.目立たない方法で歯並びを矯正するのがおすすめです

歯並びの悪さからうつ病になってしまうのを防ぐには、歯列矯正を進め、歯並びや噛み合わせを治療していくことが大切です。

治療法としては、見た目に影響を及ぼさないセラミック治療を選ぶことで、ストレス少なく矯正を進めることができるでしょう。

4499
Return Top