湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

口角が下がるのは歯並びのせい?

出っ歯な歯並びだと、口角が下がりやすくなります


口角の方向は、口の周りの筋肉のバランスによって決まるため、出っ歯のような口を閉じにくい歯並びだと口角は下がりやすくなります。

しかし、出っ歯だけが口角が下がる原因というわけではありません。

口角が下がる原因を理解して、改善していきましょう。

出っ歯の場合は意識しないと唇を閉じにくく、これが口角が下がる原因になります

口角の方向は、口角を引き上げる筋肉に対する口角を引き下げる筋肉とのバランスによって決まります。

口角を引き下げる筋肉が強い人や、加齢により筋力が弱まりたるんできてしまうと、口角は下がってしまいます。

出っ歯のような歯並びは、唇を意識しないと閉じることができません。

意識して閉じると、口の周りの筋肉が緊張しやすくなってしまうため、口角が下がりやすくなる傾向があります。

出っ歯は口角が下がりやすい状態にはなりますが、出っ歯だけが原因とは言えません。

そのため、矯正などで歯並びを改善することで、口の周りの筋肉(表情筋)のバランスは改善されますが、表情筋にバランスは個人差が大きいことも多く、必ずしも出っ歯を改善するだけで口角の方向が改善されるとは限りません。

出っ歯の改善とともに、表情筋のバランスの改善も必要になります。

出っ歯を改善するならセラミック矯正がおすすめです


出っ歯を改善することにより、今まで過度に緊張していた表情筋が緩まって緊張がなくなり、口周辺の気表情筋のバランスが改善することが期待できます。

出っ歯を治す施術はセラミック矯正、もしくは歯列矯正になります。

セラミック矯正

セラミック矯正であれば、一般的な矯正よりも短期間で仕上がりも綺麗になります。

セラミック矯正の基本的な施術の流れは、次のようになります。

  1. 歯を削って型取りをする
  2. 出来上がったセラミックの差し歯を調整して、直接歯に固定する
  3. 噛み合わせや見た目などの確認を行う

セラミック矯正は差し歯に変えることで、歯並びを改善します。

差し歯なので歯の色や形も理想的に変えることが可能です。

セラミック矯正は保険が利かないため、自由診療になりますが、出っ歯だけの施術であれば本数もそんなに多くないため、矯正よりも費用は安くすむでしょう。

セラミック矯正は差し歯に変えるため、自分の歯を削らないといけないというデメリットもあります。

施術する前にメリットやデメリットを考慮して、施術を行うことが大切です。

歯列矯正

歯列矯正はワイヤーやブラケットなどの器具や装置を歯につけて、歯全体を少しずつ動かしていくことで、歯並びを改善します。

歯全体を少しずつ動かすため長期間かかり、矯正が終わった後も一時は「後戻り」しないように保定装置を入れる必要があります。

矯正は自分の歯を大きく削ることはほとんどありませんが、抜歯しなければならない場合もあります。

また、矯正も保険が利かないため、自由診療になります。

舌を正しい位置に置くように意識しましょう

舌を置く位置に正しい位置があることをご存知でしょうか。

出っ歯を治すのと並行して、舌を正しい舌の位置に置くようにトレーニングをしていきましょう。

舌の正しい位置やトレーニング方法をご紹介していきます。

舌の正しい位置

上あごに舌を軽く吸着させて、「ポン!」と音を鳴らしてみましょう。

このときに舌の先が当たる位置が、舌を置く正しい位置になります。

この位置に舌の先を持って行き、上あごに軽く当てるようにし、口を閉じてみましょう。

自然と口角が上がっているかと思います。

普段からこの舌の位置を意識してみましょう。

トレーニングすることで、口角は上がるようになります

舌をトレーニングすると、口角を上げることができます。

トレーニングのやり方をご紹介します。

  • 上あごに舌を吸着させ「ポン」と鳴らす
  • 口を大きく開けた状態で、舌の裏筋をできるだけ伸ばす

これらを10回くらいを1セットとします。

1日3回くらいを目安にして、気付いたときにできるだけ行うようにしましょう。

(まとめ)口角が下がるのは歯並びのせい?

1.出っ歯な歯並びだと、口角が下がりやすくなります

口角の方向は口の周りの筋肉のバランスによって決まります。

出っ歯のような歯並びは口の周囲の筋肉が緊張しやすくなるため、口角が下がりやすくなります。

口角が下がる原因を知り歯並びの改善とともに、口周辺の筋肉のバランスを改善することが大切です。

2.出っ歯の場合は意識しないと唇を閉じにくく、これが口角が下がる原因になります

出っ歯は口を意識して閉じようとすることで、口の周りの筋肉が緊張しやすく口角が下がりやすい傾向があります。

歯並びの改善とともに表情筋のバランスを整えましょう。

3.出っ歯を改善するならセラミック矯正がおすすめです

出っ歯はセラミック矯正、もしくは歯列矯正で改善することができます。

歯列矯正は歯全体を少しずつ動かしていくため、期間がかかりますが、セラミック矯正は短期間で歯並びを改善することができるので、早く歯並びを改善したい人に適しています。

4.舌を正しい位置に置くように意識しましょう

歯並びの改善とともに、普段から舌を正しい位置に置くように意識し、舌のトレーニングを行うと口角の位置の改善に効果的です。

口角を上げて美しい口元を手に入れましょう。

13208
Return Top