湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

すきっ歯の治療の値段はどれぐらいなの?

すきっ歯の治療の値段は選んだ方法によって大きく変わります


まずすきっ歯の矯正は治療を目的とした内容の場合、条件は限られますが保険適用になることがあります。

保険適用の範囲ですきっ歯の治療を受けたいとお考えのときは、最初のカウンセリングのときに必ず相談しましょう。

また、審美目的の場合では全額自己負担になるので、施術する内容によっては高額になるものも出てきます。

施術期間によっても費用に差が出てくるので、短期間で一部分の施術の方が値段は抑えやすくなると言えるでしょう。

費用面を特に重視するのならコンポジットレジンを選びましょう

すきっ歯を治したいが、金銭的な負担が気になるという方には、コンポジットレジンをおすすめします。

コンポジットレジンは小さな虫歯の治療にも使われている施術方法で、歯を削った部分に樹脂製の修復用素材である「レジン」をぬり、紫外線をあてて硬化させることで施術完了する方法です。

虫歯があるすきっ歯の場合、コンポジットレジンなら保険適応で値段を抑えた治療が期待できますが、内容によっては対象外になることもあるので、治療を受ける前に確認しておきましょう。

すきっ歯のみを治したいという審美目的の場合は、たいてい全額自費となります。

ですが、施術が1日で終わり、その他のすきっ歯施術と比べて値段が抑えられるというのは大きな魅力です。

すきっ歯のすき間がそれほど広くなく、何カ所も施術の必要がない、そして全体の歯並びは整えなくてもよいといった条件がそろっていると、コンポジットレジンで値段を抑えた施術が受けられるでしょう。

費用面で心配があるときは、まずクリニックで医師の診察を受けて、どのような施術が可能か提案をしてもらいましょう。

できるだけ費用を抑えたいことを伝えておくと、そのような内容での施術を聞くことができます。

コストパフォーマンス重視ならセラミック矯正がおすすめです

セラミック矯正はすきっ歯を整える施術の中でも高額なものですが、その分多くのメリットがあります。

まず、セラミックは金属を使わないのでさびることがなく、金属の色が目立つこともないため自然な歯の色に仕上がりやすくなります。

セラミックの素材自体は一生使えるとまで言われるほど丈夫で安心して使えるもので、一度の施術でその歯を一生使用可能となれば、そのときは費用が高額に感じても大変コストパフォーマンスの高い施術方法と言えるのです。

それにすきっ歯が一部だけではなく全体で気になっていたり、歯並びも合わせて整えたかったりする場合、その他の施術方法でも高額になる可能性が出てきます。

中には数年でまたやり直す必要のある施術もあるため、せっかく費用をかけるのであれば、長期間に亘って使い続けやすいセラミックによる矯正を選んだ方が、値段はお得になると言えるでしょう。

しかも、セラミック矯正は施術に必要な期間が短く、普段の生活が忙しい大人の方でもすきっ歯の矯正を考えやすいというメリットもあります。

ワイヤー矯正のような時間をかける施術では何度もクリニックに通う必要があるので、時間も施術費用もかさんでしまうのです。

高額と感じるものでもローンを利用すると支払いが便利です


審美目的でのすきっ歯矯正は全額自己負担になるため、どうしても金額が高くなりがちです。

すきっ歯の状態やそのほかに歯並びが悪い、歯の色が気になるなどの整えたい状態がある場合には施術の値段がかさんでしまうでしょう。

そのようなときには支払い方法が豊富なクリニックを選ぶと、1回の支払う金額を抑えることができ負担を軽くしてすきっ歯の施術を受けられます。

現金支払い以外に以下のような支払い方法が用意されているクリニックを選んではいかがでしょうか?

クレジット払い

ご自身がお持ちのクレジットカードでの支払いになります。

カード会社で用意されている分割払いを利用することができますが、クリニックによって利用できるカードの種類がさまざまなので、あらかじめ確認しておきましょう。

メディカルローン

メディカルローンとは、医療費のために使うことのできるローンです。

クレジットカードを持っていない方も利用できる方法ですが、利用するには審査に通る必要があります。

(まとめ)すきっ歯の治療の値段はどれぐらいなの?

1.すきっ歯の治療の値段は選んだ方法によって大きく変わります

すきっ歯の治療が必要と判断されれば保険適用で治療することもできますが、ごく一部なので保険適用内での治療を希望するときは最初に相談しましょう。

審美目的では全額自己負担となり、施術内容や期間によって値段が変わってきます。

2.費用面を特に重視するのならコンポジットレジンを選びましょう

コンポジットレジンは歯を削った部分に樹脂製の修復用素材を塗り、紫外線をあてて硬化する方法です。

すきっ歯のすき間が小さければこの方法を選べ、施術が1日で完了し値段も抑えやすいという特徴があります。

3.コストパフォーマンス重視ならセラミック矯正がおすすめです

すきっ歯をセラミック矯正で整えようとすると費用は一見高額ですが、素材は一生使えるという点から考えるとコストパフォーマンスの良い施術と言えます。

施術自体も短期間で済むため、忙しい大人の方もすきっ歯矯正に取り組みやすくなっています。

4.高額と感じるものでもローンを利用すると支払いが便利です

すきっ歯を整えたいとき、審美目的では全額自費になるので値段が高額になりがちです。

しかし、クレジットカードの分割払いやメディカルローンを利用できるクリニックを選ぶと1回の支払額を負担のないように設定しやすく値段の面での心配も少なくなります。

3013
Return Top