前歯のフレアーアウトって何のこと?

前歯のフレアーアウトとは進行性の出っ歯のことです


前歯のフレアーアウトとは、年齢を重ねると共にだんだんと前歯の歯並びが前方に向かって放射状に倒れてしまう症状です。

以前はきれいに並んでいた歯並びであっても、少しずつ前に突き出してしまい、いわゆる出っ歯やすきっ歯の状態になってしまいます。

前歯のフレアーアウトは大人になってから進行することが多く、症状を気にしている方は少なくありません。

痛みや違和感を抱きにくく、進行するスピードも非常にゆっくりであるため、自分では気づきにくいという特徴があります。

前歯のフレアーアウトが起こる主な原因は噛み合わせの悪さです

前歯のフレアーアウトは長期間にわたって、噛む力などにより歯が前方に倒れるような力が加わったことで起こります。

歯が元の位置から動く原因となるのは、主に噛み合わせの悪さであると考えられています。

通常、噛み合わせに問題がなければ特定の歯に対してだけ大きな力が加わることはなく、噛む力は他の複数の歯に分散します。

ところが奥歯の歯並びに問題があったり、虫歯を放置したことで不自然な咀嚼を続けていたりすると、噛み合わせのバランスが崩れていきます。

そのため一部の歯にだけ強い力がかかり続けることになり、だんだんと前歯が放射状に倒れてフレアーアウトの状態になります。

歯並びを決めるのは舌、頬、唇など口の周囲にある筋肉が歯を押す力と、舌先の力のバランスです。

舌先で歯の裏側から前歯を押し続けただけでも、前歯は時間をかけて少しずつ傾斜していきます。

舌の位置がうまく定まらず継続的に前歯を押してしまう癖は舌習癖と呼ばれ、舌の病気のひとつと考えられています。

心当たりがある方は一度医師の診察を受け、奥歯の噛み合わせと舌の位置をチェックしてもらいましょう。

前歯のフレアーアウトにはセラミック矯正がおすすめです


一度フレアーアウトの状態になってしまった前歯は、審美歯科で施術を受けなければ元の位置には戻りません。

以前は前歯の矯正をするのにブラケット(ワイヤー)矯正やマウスピース矯正が行われることもありましたが、最近ではセラミック矯正での施術が主流となってきています。

セラミック矯正では歯にセラミックの被せ物をするために、自分の歯で土台を作ります。

土台を作るには自分の前歯を削る必要がありますが、メディアなど人目に触れることの多い芸能関係やスポーツ関係の職業の方にも広く取り入れられている施術です。

また前歯の状態によっては、神経治療や抜歯をすることもあります。

歯を削る点も含め、これらはブラケット矯正やマウスピース矯正と比べてデメリットに感じられるかもしれませんが、セラミック矯正には審美的なメリットがあります。

それはセラミックの人工歯が天然の歯に近く、見た目の美しさだけでなく歯肉と馴染みやすいという特徴です。

豊富にある色から選べるので自分の歯の色と合わせやすく、不自然な仕上がりを心配する必要がありません。

またセラミックの人工歯は汚れが落としやすいので衛生的であり、成分が口の中で溶け出すことがないという優れた面も持ち合わせています。

噛み合わせの悪さに注意しましょう

噛み合わせの悪さは前歯のフレアーアウトだけでなく、さまざまな不調を全身にもたらします。

次のような症状が気になる場合は、噛み合わせが悪くなっている可能性があるので注意しましょう。

顎の痛み

顎に負担がかかり続けていると、痛みとなって表れることがあります。

悪化すると顎の関節や筋肉にまで影響が及び、顎関節症を引き起こすことがあります。

慢性頭痛と肩こり

口を動かす筋肉はこめかみ、首、肩の筋肉に繋がっています。

噛み合わせのバランスが崩れると血流が悪くなり、筋肉を緊張させて頭痛や肩こりの原因となります。

顔の歪み

食事の時に片方の歯だけで噛む癖がある方は、噛み合わせが悪くなっている可能性があります。

よく使う筋肉と使わない筋肉が出てくると表情筋のバランスが崩れ、それが顔の歪みに繋がります。

噛み合わせの悪さはそのままにせず、速やかに医師に相談して改善していきましょう。

(まとめ)前歯のフレアーアウトって何のこと?

1.前歯のフレアーアウトとは進行性の出っ歯のことです

前歯のフレアーアウトとは、年齢と共に前歯の歯並びが前方に放射状に倒れてしまう進行性の症状です。

本来きれいな歯並びであっても大人になってから発症することが多く、徐々に出っ歯やすきっ歯が目立つようになります。

2.前歯のフレアーアウトが起こる主な原因は噛み合わせの悪さです

前歯のフレアーアウトが起きる原因は、主に噛み合わせの悪さであると言われています。

奥歯の噛み合わせが悪いと特定の歯に負担がかかり、前歯が傾斜する原因を作り出してしまいます。

舌先で前歯を押す癖があることで、フレアーアウトを招くこともあります。

3.前歯のフレアーアウトにはセラミック矯正がおすすめです

フレアーアウトになってしまった前歯は自然に元の状態に戻ることが難しく、審美歯科でセラミック矯正の施術を受ける必要があります。

セラミックの人工歯を被せる土台作りのために自分の歯を削る必要がありますが、仕上がりが自然で衛生的です。

4.噛み合わせの悪さに注意しましょう

噛み合わせの悪さは歯並びの乱れだけでなく、全身に悪影響を及ぼします。

顎の痛み、頭痛、肩こり、顔の歪みなどが気になる場合は、噛み合わせが悪くなっている可能性があります。

3070
Return Top