湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

上下の前歯の噛み合わせがずれてるのはどうして?

前歯の上下がずれてる場合、主に歯並びや顎の骨格などに原因があります


口を閉じた時に上の前歯の正中線が下の前歯の正中線とずれている状態は、不正咬合の1つです。

歯の噛み合わせや上下の顎の骨格に問題がある場合、上下の歯に横ずれが生じることや、前後にずれが生じることがあります。

先天的に歯や顎の大きさのバランスが悪い場合や日常的な癖で顔がゆがんでしまうことなどが主な原因になります。

歯並びや顎の骨格などが原因で起きる不正咬合で前歯にずれが生じる場合があります

上下の前歯の中心がずれているときには、歯並びの悪さや骨格のずれなどが原因になっている場合が多くみられます。

左右どちらかに八重歯が出来て前歯がずれている、歯がでこぼこしているために左右対称に歯が生えていないなどのように、歯並びやかみ合わせの悪さが原因で歯の中心が左右に偏ってしまうと、上下の前歯の中心がずれてしまうことになります。

また上下の顎の骨格が左右にずれている、顎の大きさが上下で違っているなどの原因で前歯の中心がずれている場合もあります。

顎の骨格や歯の大きさ、歯並びは遺伝などの先天的な理由から問題が生じることがあり、先天的に上顎の骨格が下顎と比べて大きすぎてバランスがとれていない場合や、顎が小さいために歯並びがでこぼこになる場合などには歯の中心がずれることがあります。

一方、後天的な理由が原因の場合もあり、これは骨格のずれや歯並びの悪さ、日常生活での癖や習慣などから生じます。

毎日同じ側を下にして寝る癖がある場合や、頬杖をつく癖がある場合などには骨格や歯並びに影響が現れて歯の中心がずれる場合があるので注意が必要です。

歯並びの悪さや骨格のずれでさまざまなデメリットが生じます


上顎だけが大きく発達していて、骨格の大きさのバランスが取れていないなど、上下の前歯のずれがかなり大きいときには見た目ですぐにわかるといえます。

ですが、前歯の中心が上下揃っていないなど、周りからすぐには気づかれないような軽度のずれがあるという場合もあるのです。

歯の中心線のずれが軽度の場合であっても、鏡で見ると気になってしまうという方はいることでしょう。

前歯の中心がずれていることで、見た目に違和感が生じてしまうのは大きなデメリットといえます。

また、歯並びがでこぼこになっていることによって、前歯のずれの原因になっている場合もあります。

この場合、歯と歯の間に食べ物がつまりやすく、ブラッシングで汚れを落としにくくなるため、虫歯や歯周病になりやすいという心配もあるのです。

歯の中心がずれている原因が骨格のずれにある場合には、特に、かみ合わせが合っていない状態といえます。

かみ合わせが悪い状態をそのままにしておくことで顎の関節に痛みがでたり、口をあけるとカクカク音がする顎関節症にかかったりする恐れもあります。

前歯のずれは早めに改善のための施術を受けた方が安心です

前歯のずれは主に歯並びや顎の骨格が原因で生じているといえます。

先天的な理由ではなく日常生活での癖などから生じるずれもあるので、気をつけることが大切でしょう。

例えば日々の生活の中で頬杖をつくことや、身体の同じ側をいつも下にして寝るなどの行為は顎の骨格がゆがむ原因になります。

もし、かみ合わせなどのゆがみが生じたら、早めに改善して他の不調を引き起こさないようにしましょう。

歯並びの悪さから生じている前歯の中心線のずれは、歯科矯正で改善が期待できます。

歯科矯正には主にセラミック矯正やマウスピース矯正、ワイヤー矯正があります。

ワイヤー矯正やマウスピース矯正は歯に装置をつけて少しずつ歯を移動するため、平均で2年間ほどの期間がかかり費用は大体70万円以上になることが多いといえます。

セラミック矯正は、歯を削って審美性の高いセラミック製の人工歯を被せる方法で、かかる期間は数ヶ月ほど、必要な費用は歯1本が約7、8万円からが一般的です。

セラミック矯正は長期間装置をつける必要がないため、装置をつけることに抵抗がある方に向いている施術です。

顎の骨格の大きさが異なる場合には、セットバック法などの外科的な施術で改善が期待できます。

(まとめ)上下の前歯の噛み合わせがずれてるのはどうして?

1.前歯の上下がずれてる場合、主に歯並びや顎の骨格などに原因があります

上の前歯としたの前歯がずれている口元は、不正咬合の1つになります。

歯の噛み合わせや顎の骨格のバランスなどが原因となって前歯が横にずれるなどのずれが生じる場合があります。

2.歯並びや顎の骨格などが原因で起きる不正咬合で前歯にずれが生じる場合があります

上下の前歯の中心がずれているときには歯並びの悪さや骨格のずれなどが原因の場合が多いといえます。

歯がでこぼこに生えていることで前歯が左右のどちらかに偏って中心がずれる場合や上下の顎のバランスが悪い場合などに生じることもあります。

3.歯並びの悪さや骨格のずれでさまざまなデメリットが生じます

前歯の中心がずれている場合には、大きな前歯のずれや少しだけ前歯の中心がずれているような軽度のずれがあります。

前歯がずれていることで見た目の不自然さや虫歯や歯周病になりやすいなどのデメリットが生じることがあります。

4.前歯のずれは早めに改善のための施術を受けた方が安心です

前歯のずれは主に歯並びや顎の骨格が原因で生じることが多いとされています。

歯並びの悪さが原因で前歯の中心線がずれている場合には、歯並びを矯正する施術が効果的です。

また、顎の骨格が原因の場合には外科的な施術で改善が期待できるでしょう。

6334
Return Top