湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びが悪いとほうれい線ができやすい?

歯並びが悪いと顔の筋肉の動きが制限されほうれい線ができやすくなります


歯並びが悪いとほうれい線ができやすくなります。
歯並びが悪いということは、歯の噛み合わせにも影響を与えます。
噛み合わせが悪いと骨格にゆがみが生じます。
ゆがみが生じると、筋肉のバランスが崩れたり、筋肉の柔軟性が悪くなったりして、ほうれい線ができやすくなるのです。

歯並びが悪いと顎の周りの表情筋に影響します

なぜ、歯並びが悪いとほうれい線ができるのか?というと、噛み合わせが大きく影響しています。
噛み合わせが悪いと、顎の関節をずらして食べ物を噛むようになってしまいます。
食事をする際に、常に顎の関節をずらして噛んでいると、顎の関節の形が変形してしまし、顔がゆがんでしまうのです。

顎の関節の形がゆがむと、顔の表情筋に影響を及ぼします。
表情筋とは顔の筋肉です。
関節の形がゆがむとあごの周りの筋肉を正しく動かせなくなります。
また、動きが低下するため、表情筋の柔軟性が失われてしまいます。

ほうれい線は肌のコラーゲンが減少し、肌の弾力が失われることが原因でできますが、顔の筋肉の動きが衰えることも原因となります。
顎の関節の形がゆがむことも、表情筋の動きのバランスを崩したり、柔軟性を失わせたりする原因となるため、ほうれい線ができやすくなるのです。

顎の関節の形が正常で噛み合わせがいい人は、表情筋も正しく動かすことができるため、ほうれい線が顔のシワなどもできにくいのです。
関節の形が悪いことは、シワの原因にもなります。
ほうれい線やシワが多いと老けて見えてしまいます。
年齢よりも若く見てもらうためにも、歯並びを改善した方がいいでしょう。

歯並びが悪いと表情筋を動かさなくなりほうれい線やシワができやすくなります


ほうれい線ができる原因は、コラーゲンやエラスチンなどの成分が減少することです。
それらの成分が失われることで、肌の弾力やハリが失われます。
また、表情筋は動かさないと皮膚の表面が固まり、筋肉が衰えてしまいます。
さらに、皮下脂肪が増えて、脂肪が支えられなくなることで、垂れが発生、頬が下に向かって垂れ下がってしまうため、ほうれい線ができやすくなるのです。

肌の弾力やハリを保つ成分が失われることがほうれい線の原因ですが、表情筋を動かさないことや、きちんと動かせない状態もほうれい線を作り出す原因となります。
歯並びが悪いとそれを気にして口を開けないようにしたり、笑うと歯が見えてしまうため、笑わなくなったりすることも多くなります。
笑ったり、しゃべったりすることがなくなれば、顔の筋肉は衰え、たるみやすくなりほうれい線ができやすくなるのです。

表情筋は体の筋肉と同様、動かさなければ衰えてしまいます。
口や顎の周りの筋肉も意識して動かすことがほうれい線の予防になります。
歯並びが悪いからと笑わなくなったり、口を開けないようにしていたりするなど、顔を動かさなくなることが日常になると、ほうれい線ができやすくなってしまうので注意が必要です。

歯並びの悪さによってできるほうれい線の改善は治療と笑顔が大事です

ほうれい線の原因となる歯並びの治療法はいろいろあります。
簡単にできるのがセラミック矯正です。
セラミック矯正は平均で数ヵ月、数回の通院で完了します。
器具を装着する必要もなく、手軽にできる方法ですが、状況によっては神経を取ったり、歯を削ったりする必要もあります。

歯並びをそのままにしておくと、どうしても口元が気になり自然に笑えなくなったり、口を開けてしゃべるのが気になったりします。
笑えなくなると表情筋が衰えてほうれい線ができやすくなります。
口元を気にせずに自由に笑ったり、しゃべったりできるよう、歯並びを改善することが大事です。

さらに、口の周りの表情筋を鍛えるためにも、自宅で表情筋のストレッチをするといいでしょう。
口を大きく開けたり、小さくしたり、唇を左右に持っていたり、口元を動かす運動をしましょう。
体のストレッチをするのと同じように、口元を中心に動かすストレッチをすることで、表情筋を鍛えることができます。
自宅であれば、周りの目を気にせずに口を開けたり、閉じたりすることができるでしょう。
ほうれい線ができてしまうと年齢よりも年上に見えてしまいます。
老け顔にならないためにも、表情筋を鍛えてほうれい線を作らないようにしましょう。

(まとめ)歯並びが悪いとほうれい線ができやすい?

1.歯並びが悪いと顔の筋肉の動きが制限されほうれい線ができやすくなります

歯並びが悪いと歯の噛み合わせにも影響します。その影響で顔の骨格がゆがみ、それが顔の筋肉の動きを低下させたり、柔軟性を失わせる原因になったりするため、ほうれい線ができやすくなります。

2.歯並びが悪いと顎の周りの表情筋に影響します

歯並びが悪いと顎の関節の形が崩れてしまいます。
顎の関節の形が崩れてしまうと顎の周りの表情筋の動きが低下したり、バランスよく動かせなかったりするため、シワやほうれい線ができやすくなります。

3.歯並びが悪いと表情筋を動かさなくなりほうれい線やシワができやすくなります

歯並びが悪いとそれを気にして口を開けないようにしたり笑わなくなったりすることも多くなります。
顔の筋肉を動かさないことが当たり前になってしまうと顔の筋肉は衰え、たるみやすくなりほうれい線ができやすくなるので注意しましょう。

4.歯並びの悪さによってできるほうれい線の改善は治療と笑顔が大事です

歯並びをそのままにしておくと、口元かばって笑えなくなったり、口を開けてしゃべるのが気になったりします。
口元を気にせずに自由に笑ったり、しゃべったりできるよう、歯並びを改善すると同時に口の周りのストレッチなどをして表情筋を鍛えましょう。

5483
Return Top