湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

オールセラミックでタバコによる歯の変色を治せる?

オールセラミックならタバコで変色した歯も自然歯のようにキレイにできるといわれています


タバコにより黒っぽく変色したり、黄ばんでしまったりした歯は歯磨きだけではなかなかキレイになりません。

丈夫で自然な歯の色合いに近い素材の人工歯を被せるオールセラミックなら、タバコで変色した歯もキレイに治すことができるとされています。

タバコに含まれるタールやニコチンが歯や歯肉の変色を招く原因です

タバコは元々タバコの葉から作られています。

火をつけるとタバコの葉に含有している有機物質が熱分解されて、植物性樹脂の一種で、黒くて脂っぽい液体状のタールが発生します。

歯の表面は、ツルツルの白いエナメル質で覆われていますが、酸に侵されて虫歯にならないように歯を保護するため、エナメル質にはぺリクルというたんぱく質の薄い膜でカバーされています。

ただ、ぺリクルは歯の着色汚れ(ステイン)を引き付けて、定着させてしまうという性質があります。

そのため、喫煙により発生したタールはぺリクルと結合して、そのままステインとなって歯の表面に定着します。

一度定着してしまったステインは、いくら歯を磨いてもなかなか落とせず、歯磨きだけでは元の歯の色に戻すのは難しいとされているのです。

更に、タールによるステイン以外にも、タバコの煙に含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があり、血液の流れが悪くなって歯肉も変色させる原因とされています。

タバコは歯周病を悪化させ、歯をボロボロにするリスクもあるといわれています


タバコは歯の変色を招いて、見た目にもキレイでないという外見上の問題以外にも、歯の健康を著しく損ない、歯周病を悪化させるリスクを高めます。

タバコの煙に含まれるタールが着色汚れとして歯の表面に定着すると、歯石や歯垢などが付着そやすい状態になります。

更に、唾液の分泌量も減って口の中が渇き、食べかすなどの汚れが流れ落ちなくなります。

また、ニコチンにより血管の収縮が加速して、歯肉に必要な酸素や栄養分などが行き届かなくなり、歯肉がやせ細ってしまいます。

そしてニコチンは免疫力低下を招くので、口の中で歯周病菌が発生し、歯垢などを栄養源としてどんどん繁殖して歯肉に入り込んでいきます。

その結果、歯肉が炎症を起こして腫れたり、出血を起こしたり、更に歯を支える骨が溶けてしまうなど歯周病が悪化する可能性も高まります。

歯周病が悪化すると、歯の土台となる歯肉が下がったり、骨の一部が消失して歯がグラグラになったり、最悪抜け落ちる場合もあります。

オールセラミックなら短期間で歯をキレイにすることが期待できます

オールセラミックは、金属やプラスティックなどを使わないで歯に被せものをして歯の美しくするための方法です。

セラミックは本来の歯の色に近い素材なので、歯が自然な色合いに仕上がるということで、審美性が高いとされています。

更に、自分で歯の形や色合いなどを選んで人工歯を作ることも可能です。

また、金属素材使用の場合と違って、時間が経過しても歯の付け根が金属で変色してしまう心配もありません。

更に、オールセラミックは劣化しにくく、丈夫で長持ちしやすいのが特徴です。膝などの人工関節として使用されることもあり、自然由来の成分から作られているので、体にも優しく安心できます。

オールセラミックは、歯の根の部分を残して歯を削り、セラミック製の仮歯を装着します。

その後、仕上がった本歯を被せて、嚙み合わせなどをチェックするという流れで行われ、最短2ヶ月程で終了するとされています。

タバコのタールで黒く変色してしまった歯も、オールセラミックなら歯や歯肉への負担も少なく、短期間でキレイに治せると言われています。

(まとめ)オールセラミックでタバコによる歯の変色を治せる?

1.オールセラミックならタバコで変色した歯も自然歯のようにキレイにできるといわれています

タバコで黒ずんだり、黄ばんだりした歯は毎日の歯磨きだけでは、元の色に戻すことはできません。

審美性が高く、丈夫で体にも優しいオールセラミックなら、自然でキレイな色合いの歯が蘇るとされています。

2.タバコに含まれるタールやニコチンが歯や歯肉の変色を招く原因です

タバコの煙に含まれるタールは、歯の表面を覆うぺリクルと結合して、着色汚れになり定着します。

着色汚れは強力なので、歯磨きではなかなか落とせません。

更に、タバコの煙に含まれるニコチンは、血流障害を起こして歯肉を変色させる原因となります。

3.タバコは歯周病を悪化させ、歯をボロボロにするリスクもあるといわれています

タバコは、歯の変色のみならず、歯肉にも悪影響を与えて歯周病を悪化させるリスクを高めます。

歯周病菌が繁殖して、歯肉が炎症を起こして下がったり、歯を支える骨が溶けて歯がグラグラになったりする恐れがあります。

4.オールセラミックなら短期間で歯をキレイにすることが期待できます

オールセラミックはタバコで変色した歯を、短期間でしかも歯や歯茎に負担をあまりかけずにキレイな歯にするための方法の一つです。

セラミックは丈夫で長持ちしやすく、歯の自然な色合いを出すことができる素材とされています。

1387
Return Top