オールセラミックは抜けることはないの?

オールセラミックは基本的に抜けることはありません


オールセラミックの場合、差し歯などが抜けてしまうというようなことは通常ではほとんど考えられません。

普通の差し歯の場合は、接着剤が劣化していって接着力が弱くなり結果として取れてしまうということもありますが、オールセラミックの場合には基本的に歯の表面を削ってその位置に張り付けるだけなので、抜け落ちるという心配は基本的にないといって良いでしょう。

ただし、オールセラミックの場合は、陶器のために圧力がかかると割れてしまうこともあり得ます。

とはいえ、その耐久性は天然の歯よりも頑丈ですので、よほどのことがない限りは割れてしまう心配もないでしょう。

耐久性に関しては、オーリセラミックの中でも高額な素材を使用したとしても、割れるリスクをゼロにすることはできません。

保険適用外の高額な治療になることも十分考えられますので、オールセラミック治療を検討されている方は、そうしたアフターメンテナンスのことも含めて十分に検討するとよいでしょう。

ただし、軽度なひび割れ程度であれば、定期的な検診の際に治療をすることも可能です。

オールセラミックを長く使用し続けるためにも、治療後の定期的なメンテナンスを欠かさないようにすることがトラブルを未然に防ぐポイントです。

オールセラミックは清涼感が続きます

オールセラミックとは金属やプラスチックを使用せずに治療を行うことができるため、金属アレルギーの方や、プラスチックによる経年劣化を防ぎたい方にとって画期的な治療方法となってきました。

また、従来の治療方法にありがちだった歯や歯茎が黒くなってしまったりすることもないため、いつまでも清潔感のある印象を保つことにも成功しています。

オーリセラミックを使用した治療方法はいくつかあります。

まず、気軽に行うことのできる方法として、今まで銀歯などを詰めて対処してきた箇所に、オールセラミックで行うセラミックインレーを詰めることによって、ほかの歯の白さとほとんど変わらない、場合によってはどれがセラミックなのかもわからないほど自然な仕上がりにすることができます。

さらに、劣化することや吸水性がないために、口臭や虫歯になる心配もほとんどありません。

それだけでなく、セラミックインレーは歯と一体化することによってさらに強度を増し、頑丈な歯へと変化させることができるでしょう。

保険適用外なので、銀歯が数千円に比べて、数万円かかるケースがほとんどですが、長い目で考えた時にメリットがたくさんあるため、コストパフォーマンスは非常に優れているといえるでしょう。

オールセラミックの値段は18万円程度です


利点がたくさんあるオールセラミックですが、どれくらいの相場で治療ができるのでしょうか。

一つの基準としては、一般的な歯科医院で1本8万から18万円程度といわれています。

もちろんオールセラミックの中でもどのランクの素材を使用するかによって、治療範囲は同じでも価格が異なってくることも考えられます。

また少しでも安く抑えたい場合には、4本セットや6本セットなど、セットでの治療によって一本当たりの治療費を抑えることも可能です。

特に前歯に使用する場合には、ほかの歯との兼ね合いも考えてまとめて数本治療を行うケースも少なくありません。

また、使用する歯の種類によっても価格が変わります。

例えば、美しさの重視される前歯へ使用する場合、20万円近くかかる場合もあります。

また、奥歯で使用する場合には、前歯よりも数万円安くなるケースもあり得ます。

さらに、オールセラミックの中でも様々な素材の中から選択できますので、そうした素材の違いも考えると価格の幅は非常に広いといえるでしょう。

高額な治療費となるだけに事前に十分なカウンセリングを行い、どのくらいの範囲をどのように仕上げたいのか希望やイメージを明確に伝えておくことが良いでしょう。

オールセラミックを行うのは歯が生えそろってきてからが適しています

オールセラミックは非常にメリットの多い治療方法のため、多くの方が利用したいと思われることでしょう。

ではオールセラミックにするのに適した年齢はあるのでしょうか。

基本的にオールセラミックを行う時期に決まりはありません。

そのため、興味を抱いたタイミングがオールセラミックを行うのに適したタイミングということもできるでしょう。

ただし、子供のうちから乳歯にオールセラミックにしてしまうと、乳歯が抜け落ちるときに当然オールセラミックも抜けてしまいます。

歯が生えまわる時までの限定と割り切って乳歯に用いることもできますが、せっかくの高額な治療ですので、できれば歯が生えそろってから検討した方が良いでしょう。

また、妊娠中などは、場所によっては麻酔や投薬を必要とする場合も考えられます。

基本的に麻酔は健康面で影響は与えませんが、投薬の場合は専門医への確認が必要です。

また妊娠中はストレスをできる限り避けたほうが良いので、あえて治療を行わす、出産後に治療を開始される方も多くおられます。

若い時にオールセラミックを行っておくとその後も美しい歯を保つことが容易ですので早くから行うものお勧めです。

(まとめ)オールセラミックは抜けることはないの?

1.オールセラミックは基本的に抜けることはありません

オールセラミックは通常の使い方であれば抜けることはありません。

割れることがある素材ではありますので、割れたりひびが入ったりすることは考えられますが、定期的なメンテナンスでかなりの程度リスクを抑えることができるでしょう。

2.オールセラミックは清涼感が続きます

オーリセラミックの技術は奥歯の詰め物にも用いられています。

従来の一般的な治療法だった銀歯と異なり、オールセラミック特有のさまざまな利点があります。

保険適用外とはいえ、その利点を考えると決して高すぎる治療とは思わないかもしれません。

3.オールセラミックの値段は18万円程度です

オールセラミックは保険適用外の治療となります。

そのため価格はほかの治療法に比べて高額になるでしょう。

オールセラミックの大まかな目安としては、一般的な歯科医院で1本8万から18万円程度となっています。

4.オールセラミックを行うのは歯が生えそろってきてからが適しています

オールセラミックを行う時期に最適な時期はあるのでしょうか。

オールセラミックは基本的に抜けてしまうことはないといえますが、乳歯の場合は生え変わりとともに抜けてしまいます。

7226
Return Top