前歯がでかいとどんな問題が起きるの?

前歯がでかいと噛み合わせの問題があり、セラミッククラウンなどで改善が期待できます


男性でも女性でも前歯が9ミリ以上あると大きいと判断されます。

前歯がでかい場合、審美的な面や噛み合わせの問題が考えられるでしょう。

前歯がでかいことに対しては、セラミッククラウン法などの施術が有効と言われています。

特に審美的な面にこだわるなら、すべてセラミックで出来ているオールセラミックが良いと言えます。

また、予算に余裕があるのでしたら人工ダイヤであるジルコニアセラミックなどもおすすめでしょう。

前歯だけでかいのは審美面や噛み合わせの問題があります

前歯だけ極端にでかい人も居るでしょう。

平均的な歯の大きさは男性だと8.6ミリ、女性だと8.5ミリ前後と考えられています。

つまりこの平均値より大きい9ミリを超える大きさになると、歯が大きいと判断されることが多くなります。

また、前歯が大きいのではなく、他の歯が小さいことによって相対的に大きく見える場合もあるでしょう。

ほかにも、前歯が前方に突き出ている場合も大きく見える原因の一つと考えられています。

前歯が大きいことのデメリットとしては、まず審美性の面が挙げられます。

口を開くと大きな前歯が異様に目立つため嫌だ、という人も居るでしょう。

それがコンプレックスにつながっても不思議ではないと言えます。

また、前歯が前方に出ている、いわゆる出っ歯の状態は不正咬合の一種であり、歯のかみ合わせの問題でもあると考えられます。

噛み合わせが悪いことによって、物がきちんと噛めないことや、食べかすがすき間に残り虫歯や歯周病の原因になるリスクも考える必要があるでしょう。

セラミッククラウン法などが対策として考えられます


前歯がでかい場合、セラミッククラウン法などによって改善が期待できます。

前歯がでかいのですから、小さくすることが改善につながります。

特に前歯は口を開くと良く見られてしまう歯の一つとも言えるので、審美性にもこだわる必要があるでしょう。

セラミッククラウンの中でも、すべてセラミック素材によるものがオールセラミックです。

セラミック自体は自然の歯と同じような色、透明度がありますので、美しさという面でも評価が高いです。

値段的なことを考えるなら、土台部分が金属で表面はセラミックというメタルボンドもあります。

ただ、金属を使用しているため将来的に歯茎の変色につながる可能性があることや、金属アレルギーのリスクもあると言われています。

そういった意味でも、オールセラミッククラウンがおすすめだと言えるのです。

またセラミッククラウンの場合、歯が前に突き出ている状態に対しても有効と言われています。

他にもワイヤーやブラケットを使用した歯列矯正によっても改善が期待できるでしょう。

しかし、歯列矯正は施術に必要な期間が長く一年以上かかることも少なくありません。

そのため、すぐに改善をしたいならセラミッククラウンが良いと言えるのです。

審美性にこだわるならジルコニアセラミックなどもあります

歯がでかい場合、単純に削って小さくすれば良いという話でもありません。

削ってしまうことで冷たいものや刺激物を口にした時、痛みを感じる場合があるからです。

これは知覚過敏のような症状で、結果的にひどく苦しむことになる可能性もあります。

だからこそセラミッククラウン法のような施術でフォローする必要があるのです。

例えば前歯がすでに虫歯になっている、欠けているという状態でしたらセラミッククラウンも十分選択肢になるでしょう。

もし予算に余裕があるのでしたら、セラミッククラウン以外にもさまざまな素材も検討してみてください。

例えばジルコニアセラミックがあります。

ジルコニアセラミックは土台に人工ダイヤのジルコニアを使用しているため、強度が高いことがメリットと言われています。

金属を使用していないため腐食のリスクも低く、透明度が高いため、前歯に使用する差し歯として適していると言えるでしょう。

また、ジルコニアセラミックは前歯がでかいだけではなく変色にも悩んでいる人にも良いと言えます。

(まとめ)前歯がでかいとどんな問題が起きるの?

1.前歯がでかいと噛み合わせの問題があり、セラミッククラウンなどで改善が期待できます

前歯がでかいと見た目や噛み合わせの問題が生じると言われています。

前歯がでかいことに対して改善を考えるならセラミッククラウン法が良いと言えます。

また、予算に余裕があるなら人工ダイヤを使うジルコニアセラミックなどがあるのです。

2.前歯だけでかいのは審美面や噛み合わせの問題があります

前歯がでかく見えるとき、平均に比べて歯が大きい場合や他の歯が小さいため相対的に大きく見えることがあります。

前歯が9ミリほどだと一般的に平均より大きいと判断されます。

前歯がでかいと審美的な面や噛み合わせなどの問題が懸念されるでしょう。

3.セラミッククラウン法などが対策として考えられます

前歯がでかいことに対してはセラミッククラウン法などで改善が期待できます。

また、審美面でこだわるなら、すべてセラミックで作るオールセラミックもあります。

自然な歯に近い色がメリットと言えるでしょう。

4.審美性にこだわるならジルコニアセラミックなどもあります

予算に余裕があるのでしたらジルコニアセラミックという素材をつかった施術がおすすめです。

これは、土台に人工ダイヤであるジルコニアを使用しているものです。

腐食のリスクも低く、透明度が高いので前歯に適していると言えます。

10701
Return Top