すきっ歯っていきなりなってしまうものなの?

いきなりすきっ歯になることは事故などの例外を除けばないと考えられています


一般的にすきっ歯は、事故やケガなどの例外を除いていきなり生じることはないと考えられています。

すきっ歯が生じる原因として、遺伝を除くと後天性の悪癖が可能性として考えられているのです。

後天性の場合、日常生活などでの癖によって徐々に歯が動いてすきっ歯になると言われています。

だから、ある日突然、すきっ歯になることはないと考えられているのです。

すきっ歯は見た目だけではなく、虫歯や歯周病や発音障害などのリスクが高まると言われています。

すきっ歯を改善する施術としては、ダイレクトボンディング、セラミッククラウンなどが挙げられるでしょう。

すきっ歯は事故などの例外を除いて1日ではならないと考えられています

一般的にすきっ歯は、事故やケガなどの例外を除いて、いきなり生じることはないと考えられています。

すきっ歯を生じさせる原因としては、遺伝が関係する先天的なものや習慣的な悪癖が考えられているのです。

後天的なすきっ歯の場合、子どもの頃だけではなく長い期間、指しゃぶりの癖が治らなかった人などは、すきっ歯になりやすいと言われています。

また、頻繁に頬杖をついていると、すきっ歯が生じると考えられているのです。

頬杖は、奥歯の噛み合わせに悪影響を与えるので、歯並び以外にも身体全体の骨格に関係して姿勢なども悪くなると考えられています。

他にも、睡眠時の寝相に注意しなければなりません。

人間の骨格を考えると、仰向けで眠るのが良いとされているのですが、うつ伏せや横向きで眠るような習慣があると、頬杖を同じように骨格の歪みを生じさせると言われています。

また、舌を前に押し出すような癖を持っているのも注意しなければなりません。

舌で前歯の裏を押すような癖などを持っている人は、前歯が徐々に開くことですきっ歯になると考えられているのです。

このような悪癖が継続することで、すきっ歯になると考えられています。

そのため、基本的にすきっ歯は、ある日とつぜん目覚めたらなっているものではないと考えられるのです。

すきっ歯は複数の症状を引き起こすと言われているので注意が必要です


すきっ歯は見た目だけではなく、さまざまな症状を引き起こすので注意しなければなりません。

すきっ歯が原因となって引き起こされる症状の一つとして、代表的なのは虫歯や歯周病でしょう。

これは、歯と歯の間に食べかすが詰まりやすくなってしまうことが関係しています。

きちんと歯磨きをしていればまだ予防ができると言われていますが、怠ってしまえば食べかすなどで雑菌が増殖し、虫歯や歯周病になると考えられているのです。

虫歯や歯周病は口臭の原因にもなりますので、歯磨きなどの口内ケアはもちろん、すきっ歯自体を改善することも大切だと言えます。

さらに、発音障害を指摘する声もあります。

すきっ歯があることでそのすき間から空気が漏れ、さ行やた行がきちんと発音できなくなると言われています。

他にも、すきっ歯だと噛み合わせが悪いので、食べ物を噛むという行為が充分できなくなり、大きな状態で飲み込むことが多くなって、胃や腸に負担をかけると言われています。

また、見た目についてもコンプレックスとなり、人前で口を開け、笑えなくなるというメンタル部分の問題を指摘する声もあるのです。

すきっ歯はさまざまな症状の原因になりますから、改善をした方が良いでしょう。

すきっ歯に対する施術はたくさんあります

すきっ歯の改善が期待できる施術は複数ありますので、すき間がどれぐらいあるのかという点や、経済的な問題なども含めて考え、医師と相談してみてください。

すきっ歯のすき間がそこまで広くなく、とにかく早く改善をしたいというのでしたら、ダイレクトボンディングという施術があります。

これは医療用のプラスチックであるコンポジットレジンを使用し、すき間を埋めていくという施術です。

1日で終わらせることも可能な施術であり、早く改善をしたいという人に良いと言われています。

また、セラミッククラウンなどもすきっ歯の施術として良く挙げられる施術の一つです。

すきっ歯のすき間をセラミックの被せ物や差し歯を使用して埋めていきます。

すでに虫歯になっている、被せ物をしていたという場合にも有効と言われている施術でもあります。

特に、セラミッククラウンの中でもオールセラミックは、すべてセラミックでできていますから金属アレルギーのリスクも少なく、金属の被せ物が原因の一つとなる歯茎の変色を予防することもできると考えられています。

このようにすきっ歯に対してはさまざまな施術が存在します。

どれが一番自分のベストなのか、医師と相談して慎重に見極めましょう。

(まとめ)すきっ歯っていきなりなってしまうものなの?

1.いきなりすきっ歯になることは事故などの例外を除けばないと考えられています

例外を除いて、すきっ歯にいきなりなることはないと考えられています。

すきっ歯になる原因としては後天性の悪癖や遺伝などが考えられるでしょう。

すきっ歯によって虫歯などのリスクが高まりますが、複数の施術で改善が期待できるとされているのです。

2.すきっ歯は事故などの例外を除いて1日ではならないと考えられています

一般的にすきっ歯は事故やケガを除くといきなり生じることはないと考えられています。

すきっ歯になるのは後天的な原因が考えられ、悪癖が大きな影響を与えると言われているのです。

その悪癖が継続することですきっ歯になると言われています。

3.すきっ歯は複数の症状を引き起こすと言われているので注意が必要です

すきっ歯はさまざまな症状につながると考えられています
たとえば、食べかすが詰まることによる虫歯や歯周病、発音障害が挙げられます。

見た目の問題に対する精神的なコンプレックスも考えられるのです。

4.すきっ歯に対する施術はたくさんあります

すきっ歯の改善が期待できる施術は複数あり、ダイレクトボンディングや、セラミッククラウンなどが挙げられるでしょう。

自分の経済的な状況や、歯の状況、普段の生活なども加味しながら、医師と相談してベストな施術方法を決めることが大切です。

2646
Return Top