オールセラミックは定期検診も必要なの?

オールセラミックを長持ちさせるためにも施術後の定期検診が必要とされています


オールセラミックは施術さえ終われば、キレイな状態が保てるかというと必ずしもそうではありありません。

毎日の歯磨きを欠かせないのはもちろん、歯磨きで落とせなかった汚れを除去したり、歯周病などの異常を早期に発見し、処置するためにも定期検診は欠かせません。

オールセラミック施術後に手入れをしないとトラブルが起こる可能性があります

オールセラミックは、素材が陶器なので表面がツルツルしており、食事をしても汚れが付着しにくいのが特徴です。

しかし、毎日の歯磨きできちんと食べかすなどが落としきれていないと、時間が経つにつれて歯と歯の間や歯茎との隙間に汚れが溜まってきます。

そうなると、周囲の歯と馴染んで自然な色合いを保っていたキレイな歯が汚れで変色したり、歯茎の隙間に溜まった食べかすを栄養分として細菌が繁殖し、歯茎が炎症を起こす場合もあります。

また、オールセラミックは耐久性にも優れており、年数が経過しても素材自体は劣化しにくいとされています。

通常の食事なら問題ないですが、例えばかなり硬いおせんべいや飴などをかみ砕いたり、食いしばりや歯ぎしりがひどい人だと、知らない間にオールセラミックの人工歯にヒビが入ったり、欠けたり割れたりして破損する可能性もゼロではありません。

オールセラミックは審美性が高く、高い品質が保てる素材ですが、万能ではないため長期間使用しているうちに、品質が損なわれてしまうこともありえます。

審美歯科では施術後3、4ヶ月ごとに定期検診を行っています


オールセラミック施術後のキレイな歯や歯並びを保つためには、毎日に歯磨きで食べかすなどを除去することが大事です。

ただ、食べかすが詰まりやすい歯と歯の間や歯と歯茎の隙間などは、特に歯ブラシが当たりにくい部位なので磨きにくいと感じる人もいるでしょう。

自分ではきちんと磨いているつもりでも、磨き残しが生じて汚れが落としきれていない場合もあります。

歯ブラシで落とせない隙間に残った汚れは、歯科医でキレイにクリーニングしてもらう必要があります。

審美歯科ではオールセラミックの施術を受けたお客様に対し、3、4ヶ月ごとに行う定期検診の受診を推奨しています。

定期検診では、セラミック素材専用の研磨材を使ってセラミック人工歯の表面に付着した汚れを落としたり、専用ブラシで歯と歯の間や歯茎との隙間に溜まった食べかすや歯石をキレイに除去します。

また、噛み合わせが合っているかをチェックしたり、他の歯に虫歯や歯周病などがないかも確認し、異常があれば処置してもらえます。

定期検診をしないと歯周病や虫歯の発見が遅れるリスクが高まるといわれています

オールセラミックで歯や歯並びがキレイになり、劣化しにくいためずっとキレイな状態が続くからもう大丈夫だと安心しきっている人もいるでしょう。

しかし、いくら素材の質がよいオールセラミックと言えどもお手入れを行ったり、定期検診を受けないと口の中に様々なトラブルを抱える可能性が高まります。

毎日の歯磨きも手早く済ませていると磨き残しが生じて、歯や歯茎の隙間に食べかすが詰まった状態が続きます。

すると、食べかすを栄養分として雑菌が入り込んで繁殖し、歯茎が炎症を起こして腫れたり、歯周病になるリスクも高まります。

更にオールセラミックは汚れが付着しにくい素材ではありますが、それは早期に汚れをきちんと除去した場合なので、さすがに歯磨きを怠ると汚れが蓄積し、歯が変色するリスクもゼロではありません。

しかも、定期検診で定期的に歯や歯茎のチェックをしないと歯周病や他の歯の虫歯などといったトラブルの発見が遅れ、口の中の健康が損なわる場合もあるのです。

毎日の歯磨きで落としきれなかった汚れがあっても、定期検診で早期に落とすことにより再びキレイな状態を取り戻すことができます。

(まとめ)オールセラミックは定期検診も必要なの?

1.オールセラミックを長持ちさせるためにも施術後の定期検診が必要とされています

オールセラミックをキレイな状態で長期間維持するためには、毎日の歯磨きと歯科医での定期検診が必要です。

定期検診ではクリーニングや、歯、歯茎のチェックを行い、異常があれば処置してもらえます。

2.オールセラミック施術後に手入れをしないとトラブルが起こる可能性があります

オールセラミックの素材は汚れが付きにくいですが、硬いものを噛むと欠ける可能性もゼロではありません
また、歯磨きが不十分だと隙間に汚れが溜まり、歯周病を発症したり健康な歯が虫歯になる場合もあります。

3.審美歯科では施術後3、4ヶ月ごとに定期検診を行っています

審美歯科では、毎日の歯磨きでも落としきれなかった汚れを除去したり、他の歯に異常がないかも含めて、3、4ヶ月ごとに行う定期検診の受診を勧めています。

定期検診を受診すれば、オールセラミックがより審美性の高い状態で保てるので安心できます。

4.定期検診をしないと歯周病や虫歯の発見が遅れるリスクが高まるといわれています

オールセラミック後の定期検診を受けないと、歯茎や歯に異常があっても発見が遅れ、症状が悪化するリスクが高まります。

また、歯磨きで落とせなかった汚れが残っていると、定期検診に行かないままだと定着し、歯が変色する可能性もゼロではありません。

3961
Return Top