湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びによって口臭が酷くなる?

口臭が酷くなるのは歯並びの悪さによる口腔環境の悪化が原因です


歯並びの悪さは口の中の環境を悪化するリスクとなることがあります。
口臭もそんな口腔環境によって起こることもあり、歯並びの悪い人は注意が必要となるでしょう。
歯並びが悪いことで口の中の汚れをキレイにしにくくなることが問題の一つと考えられます。

第一に、歯並びが悪いことで歯磨きがしにくくなり、汚れが落としきれなくなることが考えられます。
歯に汚れが残ってしまうと、細菌が発生し、口臭が起こりやすくなります。
また、虫歯のリスクも高くなり、虫歯による口臭も気になります。

第二には、出っ歯など歯並びの傾向によっては口が閉じにくくなってしまい、口が乾燥して口臭が出やすくなることもあります。
口の中をキレイに健康に保つためには歯並びを改善することも必要と言えそうです。

口臭は歯並びによる汚れの溜まりやすさによって起こります

口臭に歯並びが関係していると言われているのは、歯並びが悪いことで口の中に汚れが溜まりやすくなってしまうためです。
口の中が関係している口臭の主な原因は、細菌です。
口の中に汚れが溜まると、それをエサにして細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

口の中で口臭の原因となるのは、細菌が作り出す揮発性硫黄化合物です。
口の中には唾液や血液、細胞のカスや食べかすなどの細菌のエサになりやすいものがたくさんあります。
口の中を清潔にしておかないと細菌が増えて口臭の元を発生させます。

唾液は汚れを洗い流す役割も果たしていますが、量が少ないと役割を果たすことが出来なくなります。
口を開けた状態になっていることも口の中の唾液を乾燥させてしまいます。
前歯が出っ歯になっていると、口が閉じにくくなって、口が開きやすくなります。

最終的には歯磨きが大切になりますが、歯並びが悪いと上手に磨けない場所が多くなって、汚れが残ってしまいます。
また、汚れと細菌の発生で虫歯や歯周病などが進むことも口臭の原因になることがあるようです。

歯並びの悪さで起こる歯周病は口臭悪化のリスクとなります


歯並びの悪さによって汚れが溜まり、細菌が発生することで口臭が発生しやすくなりますが、さらにそこから歯周病が始まると口臭がさらに酷くなる可能性もあるようです。
そもそも、歯周病は口臭が起こりやすい口腔内の病気と考えられており、いくつかの要因によって口臭を引き起こしています。
口臭の起こらない口腔環境を目指すのであれば、歯周病の予防が大切です。

歯周病になると、歯周ポケットと言う歯と歯茎の間のスキマが出来ます。
その間には汚れが溜まりやすく、さらにプラーク(歯垢)という細菌のかたまりが溜まります。
そのため、口臭が酷くなるのです。

歯周病を予防するためには、丁寧なブラッシングが欠かせません。
しかし歯並びが悪いと磨きにくく、歯周病のリスクも高まってしまいます。
さらに歯周病が進んでしまうと、口臭が酷くなるだけでなく、歯並び自体も治しにくくなるようです。
歯がぐらつきやすくなるため、矯正による負担に歯が耐えられなくないこともあります。

歯並びが悪い場合には早めに改善策を実行しましょう

歯並びの問題で本当に怖いのは、口臭を悪化させる原因となる口腔環境や歯の病気です。
歯並びが悪いために口臭は起こりますが、そのバックに隠れている病気についても考える必要があります。
歯並びの悪さは口臭だけでなく歯の病気の温床となるため、酷くなる前に改善することが大切です。

歯並びの改善には矯正があります。
歯並びの矯正も、歯の病気の進行によっては難しくなるため、早めに取り掛かりたいものです。
矯正器具で歯を動かす方法は、歯がぐらつきやすくなったり、歯茎の奥の組織がダメージを受けやすいので注意が必要となります。

また、矯正器具をつけて行う矯正は、器具に汚れが溜まったり、器具のせいで歯磨きがしにくくなることもあるため、矯正している間も十分なケアが必要となります。

そういった状況になる前に歯並びを矯正することはもちろんですが、もし歯の病気が悪化してしまった場合は、矯正器具を使わない方法なども検討しながらより安全で快適な方法を歯科医院で相談しましょう。

(まとめ)歯並びによって口臭が酷くなる?

1.口臭が酷くなるのは歯並びの悪さによる口腔環境の悪化が原因です

口臭が酷くなるリスクとして考えられるのは、歯並びの悪さで歯磨きがしにくいことがあります。
汚れが残ると口臭の元となる細菌が発生します。
また、出っ歯で口が閉じられないと乾燥して口臭が起こることもあります。

2.口臭は歯並びによる汚れの溜まりやすさによって起こります

歯並びが悪いことで口臭が起こるのは、汚れが溜まりやすくなるためです。
汚れをエサにして増えた細菌が口臭の元になる物質を発生させます。
歯並びの悪さによって歯が磨きにくかったり口の中が乾燥しやすくなると、口臭は酷くなります。

3.歯並びの悪さで起こる歯周病は口臭悪化のリスクとなります

歯並びの悪さによって歯磨きがしにくくなると歯周病になるリスクが高くなります。
歯周病は口臭を悪化させるだけでなく、歯のぐらつきによって歯並びの矯正もやりにくくさせます。

4.歯並びが悪い場合には早めに改善策を実行しましょう

口臭や歯の病気は悪化すると改善することが難しくなるため、歯並びの矯正で予防することが大切です。
矯正器具で歯を動かす施術には歯を痛めたり汚れが溜まりやすくなるリスクがあるため、矯正の方法も十分に検討することが必要となります。

3823
Return Top