湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

オールセラミックのジルコニアとセラミックの違いは?

オールセラミックのジルコニアとセラミックには、強度や色調に違いがあります


セラミックとは大まかなくくりで、セラミックの中でも細かくジルコニアなどの種類があります。

そのため一般的に言うセラミックとジルコニアは、強度や表現できる色調などに違いがあり、それぞれ適した部位、不向きな部位があります。

それぞれをうまく活用すれば、費用を抑えることも可能になります。

セラミックとジルコニアは種類によって性質に違いがあります

オールセラミックのジルコニアやセラミックといってもいくつか種類があります。

その種類や違いについて説明していきます。

セラミッククラウンには、全てセラミックだけで作られている100%純セラミッククラウン、ジルコニアのフレームの上にセラミックを焼き付けたジルコニアセラミッククラウン、金属のフレームの上にセラミックを被せたメタルボンドなどの種類があります。

ジルコニアには、ジルコニアのみで作られた100%ジルコニアクラウン、ジルコニアセラミッククラウンがあります。

一般的なオールセラミッククラウンは透明性が高く、天然の歯のように見た目が美しいのが特徴です。

最近は耐久性も少しずつよくなり、そんなにすぐに割れてしまうことはまれですが、割れたりかけたりしてしまうことがあります。

ジルコニアは硬い素材ですが曲げ強度が高く、しなやかでかかる力を分散して吸収するため、強度があり耐久性に優れていると言われています。

耐久性はありますが、ジルコニア自体に透明感はなく、自分の歯のような質感を出すのは難しいので、セラミックには若干劣ります。

セラミックとジルコニアにはそれぞれ適した部位や特徴があります


セラミックとジルコニアのそれぞれ適した部位や特徴について説明していきます。

100%セラミッククラウン

透明度が高く、審美性に優れているので、前歯に向いています。

耐久性はジルコニアセラミックやメタルボンドに若干劣ります。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを被せたもので、耐久性は強いですが金属にセラミックを被せているため、審美性は劣ります。

審美性は劣りますが、前歯から奥歯まで対応可能です。

また、金属イオンが歯茎に溶け出し、歯茎が黒ずんでしまうことがあります。

金属アレルギーがある人には適しません。

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアのフレームにセラミックを焼き付けたもので、ジルコニアが強度を補強しているので100%セラミッククラウンより強度は強く、審美性も優れています。

非常に天然歯に近くキレイなので、前歯・奥歯に適しています。

100%ジルコニアクラウン

ジルコニアのみで作られているので、非常に耐久性が高いため奥歯に適しています。

通常のセラミックは歯ぎしりする人や噛む力が強い人では、割れたり欠けたりすることがありましたが、100%ジルコニアクラウンであればそのような人にも対応できます。

スポーツをしていて、噛みしめることがある人にもおすすめです。

耐久性には優れていますが、ジルコニア自体に透明感がないので審美性は劣るため、前歯にはあまり向いていません。

これらのうちメタルボンド以外はオールセラミックです。

施術は通常で1ヶ月~数ヶ月の期間を要します

施術の流れと来院回数

基本的には次のような施術の流れになります。

  1. 歯を削って型取りをします。
  2. できたクラウンを装着し、噛み合わせなどを調整します。
  3. 噛み合わせや違和感のチェックを行います。

3の時点で問題がなければ施術は完了になります。

本数や歯の状態にもよりますが、通常施術にかかる期間は1ヶ月~数ヶ月くらいです。

最短の場合2回目の来院時に、クラウンが入ります。

歯並び矯正をすることも可能です

セラミックやジルコニアなどのオールセラミックを用いるセラミック矯正を行えば、すきっ歯や出っ歯など気になっている歯並びを改善することが可能です。

セラミック矯正は通常のワイヤーやブラケットを付ける矯正のように長期間かかることはなく、短期間で歯並びを改善することができます。

(まとめ)オールセラミックのジルコニアとセラミックの違いは?

1.オールセラミックのジルコニアとセラミックには、強度や色調に違いがあります

ジルコニアはセラミックですが、一般的なセラミックとは強度や色合いに違いがあります。

また、100%ジルコニアクラウンはジルコニアセラミックなどに比べると、比較的価格が安いため、うまく活用すれば費用を抑えることも可能です。

2.セラミックとジルコニアは種類によって性質に違いがあります

セラミックは透明性がありまれに欠けたり割れたりすることがあります。

ジルコニアは非常に硬くしなやかで耐久性に優れていますが、素材自体に透明感がないので審美性はセラミックに若干劣ります。

3.セラミックとジルコニアにはそれぞれ適した部位や特徴があります

ジルコニアやセラミックのクラウンはそれぞれ、耐久性や色調が異なるため、部位によって向き不向きがあります。

審美性だけでなく強度なども考慮し、自分のやり変えたい歯に適したクラウンを選択しましょう。

4.施術は通常で1ヶ月~数ヶ月の期間を要します

セラミックやジルコニアのクラウンは通常1~数ヶ月で施術が完了します。

オールセラミックにすることで、すきっ歯や出っ歯などの歯並びを改善することもできます。

見た目も歯並びも美しくし改善しましょう。

141084
Return Top