歯並びを良くする方法とは?

ブラケット矯正、セラミック矯正、マウスピースなど歯の状態に合わせて選び歯並びを良くしていく方法があります。


歯並びを良くする方法はいくつかあり、全体的な歯並びを良くする方法部分的に良くする方法など歯の状況によって選ぶことができます。

歯並びの問題点はそれぞれの人によって異なっており、良くする方法がいくつもあると言われていてもどれでも使えるわけではありません。

また、大人の歯並びを良くするのか、子供の歯なのかによっても方法は違ってきます。

歯並びを良くする方法をえらぶ際は、年代によって、歯の状況の他に、矯正期間や見栄えなどを考えることも必要です。

歯を動かすだけではありません

歯並びを良くする方法としては、自分の歯を動かしていく歯列矯正がよく知られています。

しかし、歯並びを良くする手段は増えてきており、自分の歯を動かすことなく矯正できる方法もあります。

自分の歯を動かしていく矯正の方法は、ブラケット矯正と呼ばれており、ブラケットと言う器具をつけることで歯を引っ張って移動させるというものです。

引っ張って歯を移動させるには長い時間がかかり、2年から3年ほどの期間、矯正器具をつけたままで過ごします。その間はブラケットの金具やワイヤーなどが口をあけるたびに見えるなど、歯磨きや会話など口を動かす際に煩わしさを感じることもあると言われています。

こうしたブラケット矯正は以前からメジャーな方法でしたが、現在美容歯科などでは、それ以外の方法を用いて歯並びを良くすることもできるようになっています。

セラミック矯正はその中の一つです。セラミックの被せものを用いて見た目やかみ合わせを良くする方法で、被せものを利用するため、長期間矯正器具をつける必要もありません。

大人の歯並びを良くする方法はスピードも大切です


歯並びを良くする方法に求めることは大人と子供で違ってきます。
大人の歯並びを良くする方法には、スピードも求められることが多くなります。
歯並びは口元の印象を大きく変えるため、矯正をして美しい口元を演出することも必要ですが、そのために矯正器具を長くつけて過ごすこと自体が難しいこともあるでしょう。

大人になると、仕事で人と会うことも多くなりますし、恋愛対象に良い印象を持たれたいと思うことも増えてきます。

そのため、矯正器具をつけている口元は見せたくないと感じる方は多いようです。

また、早めに矯正を終えて早く美しい口元を取り戻したいとも感じるでしょう。

こうした効果を狙うためには、セラミック矯正が適しています。

矯正器具を人に見られずに歯並びを良くする方法には、取り外しの効くマウスピース矯正もあります。ただし、マウスピースによる矯正は軽微な歯並びの悪さにしか利用できませんし、見せたくないからと言って外している時間が長いと効果が出にくくなります。

セラミック矯正であれば、矯正器具をつけることはありませんし、期間も短く済ませることができるでしょう。

歯並びを良くする方法を選ぶ時は医師と相談しましょう

セラミック矯正が行えるのは、部分的なかみ合わせを良くする場合です。

全体的なかみ合わせの調整が必要となる場合には、ブラケット矯正やマウスピースなどが必要となり、特に大きな移動を伴う場合にはブラケットが適しています。

どんな歯並びでも良くできるというわけでもなく、医師との相談の上最善な処置を行っていきましょう。

(まとめ)歯並びを良くする方法とは?

1. ブラケット矯正、セラミック矯正、マウスピースなど歯の状態に合わせて選び歯並びを良くしていく方法があります。

歯並びを良くする方法は人それぞれに違う歯の状況によって可能となるものを選ぶことが必要となります。

大人の歯と子供の歯でも治し方に違いがあり、歯の状況以外にも考えるべきことがあります。

2.歯を動かすだけではありません

歯並びを良くする方法としては、ブラケット矯正という従来の矯正方法だけでなくセラミック矯正という被せものを使ったものもあります。

自分の歯を動かすことなく歯並びを良くすることができるため、矯正器具に悩まされることがありません。

3.大人の歯並びを良くする方法はスピードも大切です

大人の歯並びを良くする方法には、早く効果が出ることも求められます。

人と会った時に矯正器具をつけているのは避けたいことですし、早く終わらせて美しい口元を早く手に入れたいと考えるためです。

セラミック矯正ではこうした条件を満たしてくれるでしょう。

4.歯並びを良くする方法を選ぶ時は医師と相談しましょう

セラミック矯正が行えるのは、部分的なかみ合わせを良くする場合です。

どんな歯並びでも良くできるというわけでもなく、医師との相談の上最善な処置を行っていきましょう。

2417
Return Top