歯がオレンジ色になる原因|黄ばみはホワイトニングで落とせるのか

歯がオレンジ色になる原因|黄ばみはホワイトニングで落とせるのか歯が黄みやオレンジ色に変色するのには様々な理由があります。
そのため原因に応じて適切な対処を行うことが必要です。

ここでは歯がオレンジ色になってしまう原因についてまとめました。
歯の色が気になる、ホワイトニングしようか悩んでいるという人は原因とその対策を確認しましょう。

歯がオレンジ色などに変色する原因

歯がオレンジ色になってしまうのには外的な要因と内的な要因があります。
どうして歯がオレンジ色に変色してしまったのか原因を探っていきましょう。

着色汚れ

着色汚れはいわゆるステインと呼ばれているものです。
私たちが普段食べている食品にはポリフェノールなどが含まれています。
これが唾液の中のたんぱく質と結合して着色汚れになります。

例えば色の濃いカレーなどは色が付着しやすい食品です。
ほかにもたばこのヤニやお茶類に含まれているポリフェノールから作られるステインは、特に歯につきやすいといわれています。

着色汚れを防ぐためには、色が濃いものを食べた時にできるだけ早くに歯磨きすることが大切です。
外出先などすぐに歯磨きができない時には、水で口を軽くすすぎましょう。
また、ガムを噛んで口の乾燥を防ぐことも効果的です。

歯石

歯の着色汚れには歯石や歯石が原因の場合もあります。
35~44歳では、約80%の方に歯石の沈着や歯周病があるともいわれています。
歯石が沈着してしまうと歯の黄ばみだけでなく、歯周病の原因にもなるので注意が必要でしょう。
歯周病とは歯茎と歯の隙間にある歯周ポケットに細菌がたまって、歯垢や歯石が歯にくっついた状態のことです。

歯石による汚れは自分では除去できません。
ただの汚れだと思っていたら、歯石が部分に細菌が増殖していることもあるので定期的に歯のクリーニングを受けましょう。
定期的にクリーニングを受けることは、歯の黄ばみ予防としても効果的です。

加齢による歯の変色

歯は透明なエナメル質と内側にある象牙質で構成されています。
この象牙質がエナメル質から透けて見えることで歯が黄ばんだように、あるいはオレンジっぽく見えることがあります。
加齢による歯の変色は、年を経るごとにエナメル質が少しずつ削られたために生じたものなのです。

さらに加齢や歯周病によって歯茎が下がると歯の根元の象牙質が見えやすくなります。
その結果、より一層、歯が黄色やオレンジ色に見えてしまうでしょう。

力を入れすぎたブラッシングや時間をかけすぎたブラッシングが原因となって、エナメル質が削られる場合もあります。

歯の着色汚れを取ろうとして強くブラッシングすることが、逆に歯の変色につながってしまうこともあるのです。
また、強いブラッシングは歯茎が痛む原因にもなるため注意してください。

抗生物質(テトラサイクリン)による変色

病気や怪我の治療に使われる抗生物質も歯の変色の原因となります。
抗生物質は細菌などの微生物の繁殖や成長を防ぐ作用がある物質です。

抗生物質の中には光を当てると発色する粒子が含まれています。
そのため継続して使うと歯に色素がしみ込んでオレンジ色に見えることがあるのです。
人によってはグレーになる場合もあるでしょう。

テトラサイクリンは広く処方されていて、シロップタイプの風邪薬や肺炎、ニキビの処方薬としても使われているものです。
テトラサイクリンの着色の出方は服用していた期間によっても違います。
軽い着色程度であれば歯科医院でのホワイトニングでも対処できるでしょう。

フッ素の多量摂取による変色

虫歯予防に使われているフッ素も種類によっては、歯の着色を招くことがあります。
フッ素の中でもフッ化第一スズは浸透性が高く、歯を黄色やオレンジ色を染めてしまうこともあるでしょう。

フッ化第一スズは、重度の虫歯や歯周病の場合に使用されるものです。
一方で軽度の場合には、着色の心配がないフッ素化合物が使用されることが多いでしょう。

虫歯予防のために塗布されるフッ素はほとんどがフッ化ナトリウムです。
フッ化ナトリウムは歯を着色してしまうことはなく、歯科医院でのホワイトニングを妨げることもありません。
フッ素を使う時には、どのフッ素なのか種類を確認するようにしてください。

着色汚れが原因の時の歯科での対処法

着色汚れが原因の時の歯科での対処法歯科医院では歯のクリーニングによって歯の表面を磨いて歯垢やステインを除去することができます。
歯の表面をつるつるに磨くため、クリーニング後は新しい汚れや歯垢も付きにくくなります。
見た目が綺麗になるだけではなく、口腔環境が改善され虫歯や歯周病予防になることも期待できるでしょう。

歯石が原因だった時の歯科での対処法

硬くなった歯石はセルフケアでは除去が困難です。
歯周ポケットも4ミリ以上になると歯ブラシで汚れを除去しにくくなるといわれています。
歯石や深い歯周ポケットの汚れは歯科医院でケアしましょう。
歯科医院では歯科衛生士が、専用の器具を使って歯茎や歯周ポケットに入り込んだ歯石を除去してくれます。

ホワイトニングで白くすることも可能

歯科医院でのホワイトニングは変色した歯を漂白剤で脱色して白くします。
歯の内側から漂白するため、本来の歯以上の白さを実感することができるでしょう。

歯科医院でのホワイトニングには、短期間の施術で綺麗にできるオフィスホワイトニングと自宅でもできるホームホワイトニングがあります。

ホームホワイトニングは、専用の漂白剤を入れたマウスピースを都合がいい時間に装着するだけの手軽さが特徴となっています。
そのため平日忙しくて通院の時間が取れない人にもおすすめです。

より早く結果を求めるなら、2つの方法を併用することもできます。
ライフスタイルに合わせて、自分に合ったホワイトニング方法を選ぶようにしてください。

歯の黄ばみはセルフケアで予防できる

歯の黄ばみを防ぐためには毎日の正しい歯磨きが大切です。
歯石になってしまうとセルフケアでは除去できませんが、歯垢が付いただけなら自宅でのブラッシングで除去できるので、こまめに取って清潔にしましょう。

可能であれば歯磨きは毎食後に行うことをおすすめします。
使い古した歯ブラシは毛が開いており歯垢を除去しにくいものです。
効果を持続させるためには定期的に新しいものと交換してください。

歯と歯の間はデンタルフロスや歯間ブラシを使ってケアしましょう。
見える部分だけでなく、歯が重なっている部分や裏側も丁寧に磨きます。

正しくブラッシングできているか不安という場合は、歯科医院で相談してみてください。
染色剤を使って歯の磨き残しをチェックすると自分がどの部分の歯磨きが苦手なのかチェックすることができます。
歯科医院でのケアと毎日のセルフケアで美しい歯をキープしましょう。

(まとめ) 歯がオレンジ色になる原因|黄ばみはホワイトニングで落とせるのか

1. 歯がオレンジ色などに変色する原因

歯がオレンジ色に変色する原因は、食品などの外部要因と加齢などの内部要因に分けられます。
食品による着色汚れや歯石は日ごろの歯磨きでケアすることが可能です。

また、服用する薬や歯の磨き方も着色の原因となり得ます。
要因ごとに対処法が違うのでまずは変色の原因をつきとめましょう。

2. 着色汚れが原因の時の歯科での対処法

歯科医院では歯の表面を磨いてステインや歯垢を除去することが可能です。
表面のざらつきがなくなることで新しい汚れも付きにくくなります。

3.ホワイトニングで白くすることも可能

歯科医院のホワイトニングでは漂白剤を使って元の歯以上に白く見せることができます。

4.歯の黄ばみはセルフケアで予防できる

歯の黄ばみをケアするには毎日の正しいブラッシングが大切です。
歯石になってしまうと歯磨きだけでは除去できませんが、歯垢程度ならブラッシングで落とすこともできます。
こまめに取って清潔にしましょう。

また定期的にクリーニングしてもらうとともに、磨き残しがないかチェックしてもらいましょう。

500
Return Top