歯がないところに歯を作る治療

審美歯科
歯がなくてお困りの方へおすすめの3つの治療法
  • インプラント
  • ブリッジ
  • 入れ歯

歯がないところに歯を作る治療法としてはインプラント、ブリッジ、入れ歯の3つの治療法があります。
それぞれメリット・デメリットがあり、お口の中の状態によっては治療が行えるもの、行えないものがでてくることもあります。

歯が欠損した状態で放置してしまうと歯は徐々に移動し、噛みあわせが悪くなってしまいます。
また、新しく歯を作るスペースがなくなって治療が困難となり、場合によっては矯正治療で元の位置に戻してから新しく歯を作る治療を始めなくてはならなくなります。その場合は時間も費用もかかってしまいます。

早めに歯科医師に相談し、患者様にあった方法で治療を行うことが大切です。

インプラント

歯がない部分の骨に人工歯根であるインプラントを入れ、その上に被せ物をする方法です。他の歯を削る必要がないので、周りの歯にダメージを与えず治療をすることができます。周りの健康な歯を削るのがイヤな方、天然の歯に一番近い形で治療したい方におすすめです。

ブリッジ

歯がない部分の両隣の歯を削って被せ物をし、歯がない部分にはつなぎの歯を入れてつなげる方法です。歯ぐきを切ったり骨を削ったりといった外科的な処置が不要なので、手術をしたくない方や体への負担を軽減したい方におすすめです。
また、インプラントに比べ治療期間が短く、費用も抑えることができるため、短期間で治療を完了したい方や費用が気になる方にもおすすめです。

入れ歯(エステティックデンチャー)

部分入れ歯は歯の無い場所の周囲のしっかりした歯に装着して使用する取り外す形の治療法です。当院のエステティックデンチャーは通常の入れ歯と違い、金属のバネを使用しないため、ぱっと見で入れ歯だとわかりません。外科的な処置をしたくない方、他の歯を削りたくない方におすすめです。

インプラントブリッジ入れ歯
メリット
見た目がきれい見た目がきれい治療期間が短い
自分の歯と同じように使用できる治療期間が短い外科的な処置が不要
周りの歯を削る必要がない外科的な処置が不要価格が安い
歯の欠損数が多くても治療可能違和感が少ない周りの歯を削る必要がない
デメリット
外科的な手術が必要両隣の歯を削る必要がある残っている歯の状態によって使用できない場合がある
治療期間が長い歯の欠損が多いと
適応にならない
噛む能力はインプラントに比べて高くない
比較した時に費用が高い土台となる歯に負担がかかる定期的に作り直す
必要がある

監修医師紹介

今井 邦彦 医師

歯科統括院長 心斎橋院院長

今井 邦彦 医師

保有資格
日本歯科審美学会会員
経歴
2007年
奥羽大学歯学部卒業
奥羽大学歯学部付属病院勤務
2008年
栃木歯科・インプラントセンター勤務
2010年
SAI OARL Clinic 副院長
2011年
現 湘南美容歯科グループ所属
保有資格
日本歯科審美学会会員

施術ページをご覧の皆様へ

湘南美容歯科グループは、患者様のお口元のコンプレックスを解消し心豊かに幸せな生活を送る手助けをする事を使命とし診療を行っております。
また、歯の治療に関して痛みや費用を懸念される方が多数いらっしゃいますが、安心して心地のよい施術を受けていただくために、我々は痛みを極限までなくすことにこだわり、治療費に関しても材料価格を下げ、高品質医療を低価格で提供する努力をしております。
お口元のお悩み、歯の治療に関してのご質問等がありましたら、お気軽に当院までご連絡ください。

最新美容歯科治療セミナー 詳しくはこちらから

最新美容歯科治療セミナー 詳しくはこちら

  • 新宿院限定モニター 詳細はこちら
  • 名古屋院限定モニター 詳細はこちら
  • 心斎橋院限定モニター 詳細はこちら
  • 仙台院限定モニター 詳細はこちら
  • 福岡院限定モニター 詳細はこちら

学割 学生割引 誰でも5%OFF

歯科医師募集中!

カウンセリング&無料診察のご予約はこちら

診療時間 10:00-19:00 お気軽にお問い合わせください 0120-049-222

無料カウンセリング予約はこちら

  • 無料説明会情報
  • メール相談

お問い合わせはこちら

無料カウンセリング予約はこちら

  • メール相談
  • 無料説明会情報

湘南美容クリニック公式ガイドブックプレゼント

0120-049-222 受付時間/AM10:00-PM11:00

気のなっていた施術がモニター価格で受けられる!モニター募集受付中 詳しくはこちらから

最大100%OFF! 各院ごとに募集中!お得なモニター治療