本文へジャンプ

麻酔について

治療の際に使われる麻酔についてご説明していきます。

痛みを極限までやわらげることへのこだわり


SBC歯周病治療センターでは、常に患者様の立場に立って考え、痛みを極限までやわらげるために、
用いる技術、使用する医療機器を厳選しています。 時には医師自身が手術を体験することにより、
痛みをとるための技術を進化させています。

▼手術中の痛みは、こんな影響をおよぼします
・痛みを感じている患者様が一番辛い。
・痛みのあまり患者様が動いてしまうことにより、腫れが多く出てしまう。
・医師が技術を発揮しにくくなるため、手術の効果が本来望めるものよりも低くなる。


▼痛みをやわらげることにより、こんなメリットがあります
・痛みが無いので患者様が安心して手術を受けられる。
・医師がスムーズに手術を行えるので、腫れが少なくなる。
・医師が持てる技術を最大限に発揮できるため、手術の効果が高くなる。

笑気麻酔 

笑気麻酔とは、
「痛みに弱い方」「処置が怖い方」などを対象に、
処置中ぼーっとすることができる麻酔法です。
笑気ガスを用います。

また、SBC歯周病治療センターでは、麻酔に使用する針にもこだわっています。
患者様の痛みを少なくするために、また、麻酔の効果をより高めるために厳選された器具と技術をご紹介いたします。

▼医療器具へのこだわり

通常の病院では保険診療となるため、保険点数との兼ね合いから、一般的に用途にかかわらず一番安価な針を使用するのが当然であるというのが事実です。
美容外科手術は自由診療なので、針をはじめ、使用する医療器具を自由に選択することが可能なのです。
SBC歯周病治療センターでは、傷跡をなるべくキレイな状態に回復させるため、また、痛みを最大限なくす方法を追求するため、使用する医療器具にも徹底的にこだわっています。


▼美しさを引き出し、痛みを和らげるための針先
 

笑気麻酔では、通常より極細の針を使用しています。


当然、太いものに比べて皮膚や皮膚の下の組織への負担や抵抗が格段に少なく、針の挿入時の傷跡もごく僅かで済むことに加え、針を挿入する際の痛みも最小限に抑えることができます。

また、麻酔薬をはじめとした薬液を注入する際の痛みは、注入をゆっくりと行うことにより和らげることができます。ですから、 細い針であればあるほど静かに注入を行うことができ、針の挿入から薬液の注入まで、患者様の痛みっのストレスを最大限に抑えることが可能なのです。

細い針での時間をかけた丁寧な注射には、より高い医師の技術が要されますが、SBC歯周病治療センターでは自信を持ってこの技術をご提供しています。


安心麻酔 

安心麻酔は、手術をしている間に半分眠っていただく麻酔方法です。
点滴から鎮痛薬や麻酔薬が投与されるので、
手術はぼーっとしているうちに終了します。

手術時間に合わせて麻酔薬を追加しますので
途中で目が覚めることはありません。


全身麻酔では安全管理の為、呼吸を止めることがよくあり、 口からのどまで息を助ける器具(気管チューブ、ラリンゲルマスクなど)を入れます。
この器具は手術が終わった後、麻酔から醒めていただき息が十分に出来るのが確認できれば抜き取ります。

器具を入れたことで手術後にのどが痛んだり、声がかすれたり、咳や痰が一時期増えることがあります。
また、無意識のうちに器具をかんだことで歯が折れたり、とれたりすることがあります。
気になる歯などがある場合は、ご相談ください。麻酔後に吐き気が起きることがあります。


当院の安全性 

安全を確保するべく麻酔科医が手術中常駐しており万全の対策を講じています。
体の状態や手術時間、手術の内容を考慮し最善の麻酔法を決定していますが、 麻酔に関して疑問や不安な点があれば遠慮なくおたずね下さい。



ご興味を持たれた方へ お気軽にご相談ください
お電話でのご相談・お問い合わせ(無料)
フリーダイヤル:0120-5489-23 受付時間:AM10:00~AM5:00(年中無休)
メールでのご相談・お問い合わせ(無料)
無料メール相談はこちら
無料カウンセリングのご予約
無料カウンセリング予約はこちら

SBC歯周病治療センター

心斎橋
大阪府大阪市中央区心斎橋筋
2-7-18 プライムスクエア心斎橋11F
診察時間
AM10:00~PM7:00
年中無休・完全予約制
湘南美容歯科

ページの先頭へ

湘南美容歯科サイトはこちら