湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

ホワイトニング後に歯の色がすぐ戻ることはある?

ホワイトニングに歯の色はすぐ戻るわけではないです


ホワイトニング後は歯の色がすぐ戻るわけではなく、施術内容によって3ヶ月~1年くらい白さが持続します。施術内容によっても持続期間を延ばすことは可能です。

白さの持続期間は食生活や歯の磨き方によっても異なるため、白さを長持ちしたい方は、着色汚れが付きにくい対策も一緒に行いましょう。毎日の正しい歯磨きと、着色しやすい飲食後にうがいをするなどの対策がおすすめです。

施術内容によって持続期間を長くできます

歯の色戻りを遅くしたい方は、ゆっくりと白くするホームホワイトニングがおすすめです。ホームホワイトニングなら効果に個人差はありますが、1年くらい白さを実感することができます。

時間をかけてゆっくりと歯を白くする方法で、希望の歯の白さまで施術を続けます。最低でも家庭で毎日2週間は施術を続けると、その後は長く歯の白さを実感しやすいでしょう。

ホームホワイトニングは歯を白くする効果は低いため、歯の白さよりも効果の持続力を求める方に向いています。短期間でも歯を白くする効果を得たい方は、歯科医院で施術するオフィスホワイトニングがおすすめです。

オフィスホワイトニングは医療従事者が施術する方法で、濃度の濃い薬剤とライトを併用するため、1回でも歯を白くする効果が高くなります。希望の歯の白さになるまで、2~3回程度の施術が必要です。

オフィスホワイトニングは歯を白くする効果は高いのですが、持続期間は3ヶ月~6ヶ月くらいです。ホームホワイトニングより歯を白くしたい方向けで、定期的に受診する必要があります。

ホームホワイトニングの持続力とオフィスホワイトニングの効果の高さを兼ね備えた、デュアルホワイトニングも活用できます。短期間で色を白くしながら、家庭でも施術を併用することで色戻りも抑えることができるのが特徴です。

持続力を高める工夫がおすすめです


オフィスホワイトニングは3ヶ月~6ヶ月で歯の白さがなくなっていくため、追加でのホワイトニングが必要です。追加ホワイトニングのことをタッチアップホワイトニングといいます。

歯の白さが落ち始めたときにタッチアップホワイトニングをすると、再び歯の白さを実感しやすくなるでしょう。完全に色戻りすると数回の施術が必要となるため、少し早めにタッチアップホワイトニングを受けるようにしてください。

ホームホワイトニングを利用している場合は、追加のジェルを購入して施術することができます。ゆっくりと歯を白くする方法で、時間をかけながら歯を白くしていきましょう。

ホワイトニングの持続を高めるには、施術前の歯の清掃をプラスしてください。歯の表面に汚れが付着したままだと、薬剤の浸透が悪くなってしまいます。

普段の生活でも食品による着色汚れが付着するのを予防しましょう。ステインの原因となるお茶類やソース類を食べたり飲んだりしたら、口をゆすぐことで色が付着しにくくなります。

色戻りしにくいセラミックを用いた施術もあります

ホワイトニングでは歯の白さに満足できないときや、色戻りをなくしたい方はセラミックを用いた施術がおすすめです。薬剤を使った方法では白くする限界がありますが、人工素材を使うセラミックなら色の調節ができます。

芸能人やモデルなど人に見られる職業の方も、より歯を白くできるセラミックを用いていることがあります。周りの人から見て真っ白な歯にしたい場合は効果的な施術と言えるでしょう。

セラミックは歯の周りを削ってクラウンを被せる方法と、歯の表面だけを薄く削って薄い素材を貼り付ける施術があります。歯を削る割合を減らしたい方は、ラミネートベニアがおすすめです。

セラミック素材は色素が付着しにくく、適切なメンテナンスを続ければ長い間歯の白さを保つことができます。同時に歯並びの矯正もできるため、前歯や八重歯の歯並びが気になる方にもおすすめです。

またセラミックは神経が死んだ歯や、被せものをしている歯にも使えます。ホワイトニングは被せものには効果がないため、新しくセラミックを入れるとよいでしょう。

ホワイトニングをして歯が白くなり、被せものの色に違和感が出た場合もセラミックが活用できます。

(まとめ)ホワイトニング後に歯の色がすぐ戻ることはある?

1.ホワイトニングに歯の色はすぐ戻るわけではないです

ホワイトニング後の色戻りは、施術によって異なりますが、3ヶ月~1年くらいです。白さを長持ちさせる施術方法もあるため比較しましょう。

普段の歯磨きの習慣や食生活を工夫することでも、白さを維持しやすくなります。

2.施術内容によって持続期間を長くできます

1年くらいの持続力を求める方はホームホワイトニングがおすすめです。歯の白さを優先する方はオフィスホワイトニングを活用しましょう。

歯の白さと色戻りのしにくさの両方を得たい場合は、デュアルホワイトニングがおすすめです。

3.持続力を高める工夫がおすすめです

オフィスホワイトニングで歯の白さがなくなってきたら、タッチアップホワイトニングを受けましょう。ホームホワイトニングでは追加のジェルを購入し、自宅で施術することで歯を再び白くできます。

4.色戻りしにくいセラミックを用いた施術もあります

ホワイトニングでは白さに満足できないときや、色戻りを防ぎたい方はセラミックを用いた施術がおすすめです。より白さを出すことも可能で、色素が付着しにくく白さを持続できます。

320
Return Top