湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

コーヒーが好きでも歯のホワイトニングができますか?

コーヒーによる歯の着色に対してもホワイトニングがおすすめです


コーヒーが好きでよく飲む方が歯の着色汚れが気になるなら、最初に歯のクリーニングを受けましょう。軽度の歯の着色汚れであれば、クリーニングで落ちることがあります。

しかしコーヒーの色素がエナメル質の内部に浸透している場合は、クリーニングだけでは十分な効果が得られないことがあります。その場合は、ホワイトニングがおすすめです。

軽度の着色ならクリーニングがおすすめです

どのくらいの着色汚れがわからないときは、最初に歯のクリーニングを受けましょう。ホワイトニングでも施術前にクリーニングをするため、クリーニングだけで歯が白くならないと感じる場合は、そのままホワイトニングを続けることもできます。

歯のクリーニングとは、プロによる専用器具を使った歯の清掃のことです。歯磨きだけではどうしても歯垢が残ってしまい、バイオフィルムを形成して虫歯や歯周病になるリスクが高まります。

専用の器具をつかうことで、通常の歯磨きでは落とし切れない汚れが除去できます。クリーニングでは歯と歯茎の間の汚れを除去しながら、歯の表面も磨いて汚れを取り除きます。

コーヒーをよく飲む方が気になるステインもクリーニングがおすすめです。タバコ・コーヒー・ワインなどの着色汚れが歯に頑固に付着してしまうと、通常の歯磨きでは落とすことが難しくなります。

歯のクリーニングでは、エアフローにパウダーを入れ噴射しながらステインも除去できます。歯の裏側に付着した茶渋やヤニも除去が可能で、歯本来の色を取り戻すことができるでしょう。

歯のクリーニングは3ヶ月ごとの活用がおすすめです。

クリーニングで効果が得られない方はホワイトニングがおすすめです


コーヒーの色素がエナメル質の内部まで入り込んでいる場合は、クリーニングだけでは歯が白くなった実感が得られにくくなります。また年齢により歯が黄ばんできた方も、クリーニングだけでは効果が落ちるため注意が必要です。

クリーニングで歯の白さの効果が得られない方は、ホワイトニングを活用しましょう。本来の歯の色より白くしたい方も、ホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングは歯を白くする効果によって3種類に分かれています。デュアルホワイトニングはより歯を白くしたい方向けの施術で、歯科医院と家庭での施術を併用する方法です。

歯科医院で歯を白くしながら家庭で色戻りを防ぐための施術を続けます。3種類のホワイトニングの中で費用が一番高くなりますが、歯を白くする効果はもっとも高いです。

施術の手間を省きたい方は、歯科医院でやるオフィスホワイトニングがおすすめです。薬剤とライトを併用することで、1回でも歯の白さを実感しやすくなります。

一般的には2~3回くらいの施術で、希望の歯の白さを実感できるでしょう。デメリットは色戻りが早いことで、数ヶ月ごとに受診する必要があります。

手間がかかっても費用を抑えたい方は、家庭でやるホームホワイトニングがおすすめです。追加の薬剤の費用が低価格のため、施術費用を抑えることができます。

ホワイトニング直後はコーヒーを控えましょう

ホワイトニングをした後は、24時間ほどコーヒーを飲むことができません。施術直後はエナメル質が脱水状態となっており、水分を吸収しやすいためです。

エナメル質が吸収しやすくなっているところにコーヒーを飲むと、水分と一緒に着色成分も入り込むため注意しましょう。コーヒーを控えることが難しい場合は、できれば1時間くらいは控えることをおすすめします。

ホワイトニング直後は酸性の飲み物も控えるようにしてください。柑橘系の飲み物・炭酸飲料・お酢ドリンク・ヨーグルト・スポーツドリンク・アルコール類が禁止です。

施術後24時間控えたいのが、着色成分が多い食品です。コーヒー・紅茶・赤ワイン・緑茶・ウーロン茶などの飲み物が含まれます。

ほかにもケチャップやソースなどの調味料類や、ぶどうやイチゴなど色素成分を多く含む食べ物も控えるようにしましょう。食品に合成着色料が含まれているものも、歯を黄ばませる原因となります。

日常的にコーヒーを飲む方は、飲んだ後に口をゆすいだり歯を磨いたりしましょう。できるだけ着色成分を歯に付けない工夫をすると、ホワイトニング後の歯の白さを保ちやすくなります。

(まとめ)コーヒーが好きでも歯のホワイトニングができますか?

1.コーヒーによる歯の着色に対してもホワイトニングがおすすめです

コーヒーで歯の黄ばみが気になるなら、最初に歯のクリーニングで汚れを除去しましょう。色素がエナメル質の内部まで浸透してクリーニングで効果が得られない場合は、ホワイトニングがおすすめです。

2.軽度の着色ならクリーニングがおすすめです

軽度の着色汚れならクリーニングで除去ができます。専用の器具を使って歯と歯茎の間の汚れ除去や、歯を磨いて歯磨きでは落とせないバイオフィルムも落とす施術です。

エアフローにパウダーを仕込み噴射しながらステインも除去できます。

3.クリーニングで効果が得られない方はホワイトニングがおすすめです

コーヒーの色素が内部まで入り込んでいる方や、年齢的な黄ばみが気になる方はホワイトニングがおすすめです。費用や手間などを比較しながら、3種類のホワイトニングから選択しましょう。

4.ホワイトニング直後はコーヒーを控えましょう

ホワイトニングから24時間までは、コーヒーを飲まないようにしましょう。施術後はエナメル質が脱水となり、水分と一緒に着色成分を吸収しやすいためです。

普段の生活でもコーヒーを飲んだら口をゆすぎましょう。

250
Return Top