湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

50代で歯のホワイトニングを行ってもよい?

50代でも歯のホワイトニングはメリットがあります


50代の方はホワイトニングの効果を実感しやくおすすめです。年齢を重ねると歯磨きで取れない頑固な着色が歯に付着していることや、歯のエナメル質が薄くなり象牙質の色の影響を受けやすくなることから、歯のホワイトニングがおすすめできます。

歯科医院でのアンケートでも、50代以降の方は90%以上の方は歯が白くなったと答えました。ホワイトニングは若年層より中高年以降の方で効果が得られやすいといえます。

50代は歯が黄ばみやすい原因があります

50代の方にホワイトニングがおすすめなのは、年齢的な理由から歯が黄ばみやすいためです。前からホワイトニングに興味があっても若いときはそれほど歯の黄ばみは気にならず、50代以降になってホワイトニングに踏み切る方も少なくありません。

歯の色を左右するのは象牙質の色です。歯は透明なエナメル質の下に象牙質が見えているのですが、年齢を重ねるとエナメル質が薄くなり、象牙質の黄味かかった色が目立ちやすくなります。

エナメル質が薄くなるのは毎日の歯磨きで力を入れ過ぎていたり、虫歯菌が酸を出したりすることで溶けているためです。毎日の生活習慣で少しずつエナメル質が薄くなり、象牙質の色が透けて黄ばんで見えやすくなります。

すり減ったエナメル質を元に戻す方法はなく、歯を一生懸命磨いても歯を白くすることはできません。歯を白くするには象牙質の着色を直接漂白しなければならず、それにはホワイトニングがおすすめです。

年齢的な歯の黄ばみがあるところに食べ物や飲み物の着色汚れも付着し、より歯が黄ばんで見えることがあります。長年悪い歯磨きの癖があると改善することは難しく、磨き残しがあるところに着色汚れが付着しやすいでしょう。

50代は象牙質の色と食品の2つの影響を受けるため、ホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングは若々しく見える効果が期待できます


50代の方はどうしても年齢的に歯が黄ばみやすくなるため、歯が黄ばんでいることで見た目を損している可能性があります。歯の白さは若々しさにも影響を及ぼすことがあるためです。

歯が白いと若く見えやすいことから、若い印象が重要な雑誌の撮影業界でも歯の色を補正することが当たり前に行われてきました。それだけ歯の色は人に与える印象に左右しやすいためです。

今はモデルや芸能人のみならず、一般人の方も歯のホワイトニングをすることが当たり前になってきました。年齢的に歯が黄ばんでいる方も、ホワイトニングをすれば見た目の印象を変えることは可能です。

歯の色は若々しく行動的な印象を持たれやすいため、ホワイトニングをした方はいろいろな効果を実感されているようです。50代の方がホワイトニングをして仕事の業績がアップした、仕事が上手くいったなどの声が聞こえてくることがあります。

歯は人からよく見られる部位で、歯が白いと清潔感を持たれやすいことから、仕事にも影響を及ぼしたと考えられます。海外では仕事のためにホワイトニングをするのは常識で、見た目の良さを重視する方は少なくありません。

ホワイトニングで歯が白くなれば、年齢的に若く見られる効果も期待できるでしょう。

歯のクリーニングとホワイトニングがおすすめです

50代の方がホワイトニングに挑戦するなら、歯のクリーニングと一緒に施術してもらいましょう。クリーニングとホワイトニングは目的が違うもので、2種類取り入れることで効果が高まります。

歯のクリーニングとは歯の掃除をすることです。歯と歯の間に溜まった歯石や、歯が重なって磨き残しがある部分の歯石を除去していきます。

仕上げに歯の表面を磨き上げることで、食品による着色汚れや、歯垢で黄ばんでいた歯を本来の色に戻す効果が期待できます。歯を磨くことでエナメル質の表面を滑らかにして、再石灰化を促すためにも役立つでしょう。

一方でホワイトニングとは過酸化水素と光を使って色素を分解する施術です。象牙質に直接薬剤が働きかけ、年齢的に黄ばんでいる歯を白くしていきます。

ホワイトニングに歯の汚れを取り除く効果はないため、事前に歯のクリーニングをする必要があります。クリーニングで汚れを除去しておくと、薬剤の効果も高めることができるのです。

オフィスホワイトニングは1回でも白くなった実感が得られやすいのですが、希望の歯の色になるには、2~3回の施術が必要です。薬剤も日本で認可がおりているものを使用するため、安心して施術を受けることができます。

(まとめ)50代で歯のホワイトニングを行ってもよい?

1.50代でも歯のホワイトニングはメリットがあります

50代以降になると長年の着色汚れが歯に付着しやすく、エナメル質が薄くなって歯が黄ばんで見えやすいため、ホワイトニングがおすすめです。この年齢の方はホワイトニングで歯が白くなったと実感されている方が多くなっています。

2.50代は歯が黄ばみやすい原因があります

年齢を重ねるとエナメル質が薄くなり、象牙質の色が透けて黄ばんで見えやすくなります。一度薄くなったエナメル質を元に戻すことはできず、ホワイトニングがおすすめです。

長年の歯磨きの癖で歯に汚れが残り、食べ物の汚れで歯が黄ばむ影響もあります。

3.ホワイトニングは若々しく見える効果が期待できます

ホワイトニングは若々しさや清潔感を手に入れたい方にも人気があります。年齢的に歯が黄ばみやすくなった方がホワイトニングをすると、周りの人の印象が変わったというケースも少なくないためです。

4.歯のクリーニングとホワイトニングがおすすめです

50代の方が歯を白くしたいなら、歯のクリーニングとホワイトニングのWケアがおすすめです。クリーニングで歯の表面の汚れを取り除き、ホワイトニングで象牙質に働きかけ漂白していきます。

307
Return Top