湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯のホワイトニングの値段相場はどのくらい?

歯のホワイトニングの値段相場は3万円前後です


歯科医院でのホワイトニングは、1回あたりの価格設定となっています。価格相場はクリニックによって幅がありますが、平均して3万円程度です。

クリニックによっては1回1万円程度というところもあれば、1回7万円の高額設定の場合もあります。とくに海外から機材や薬剤を輸入している場合は、価格が高くなる傾向があります。

お客様がかけられる費用を見つつ、施術を比較して決めるようにしましょう。

リーズナブルさで選ぶならホームホワイトニングです

1回3万円前後の価格をかけてホワイトニングができないと思った方でも、もう少し費用を抑えながらホワイトニングをする方法があります。その方法とは家庭で施術をするホームホワイトニングです。

ホームホワイトニングとは、歯科医院でお客様専用のマウスピースを作成し、薬剤を処方してもらって家庭で施術する方法です。マウスピースに薬剤を流し込み、家庭で1~2時間ほど装着します。

誰でも安全に使えるよう薬剤の濃度を薄く調節しています。そのためオフィスホワイトニングと比べると歯が白くなる効果が遅く、毎日装着しても歯が白くなると実感するまで最低でも2週間はかかるでしょう。

ホームホワイトニングは歯が白くなるのに時間がかかる一方で、色戻りが遅い特徴があります。オフィスホワイトニングだと数ヶ月や半年ほどで効果が落ちてくるのに対し、ホームホワイトニングなら1~2年間は効果を実感することができます。

価格もホームホワイトニングはお手頃で、2万円代でも施術が可能です。ホームホワイトニングは追加のジェルの費用が数千円程度で、ライトを使う場合は別途購入します。

長い目で見ても、ホームホワイトニングはメンテナンスコストが低くなります。

即効性と持続力があるのがデュアルホワイトニングです


2~3回くらいで歯が白くなる効果を実感しやすいのが、歯科医院で施術してもらうオフィスホワイトニングです。価格と効果のバランスも取れている方法で、早く歯を白くしたい方に人気があります。

しかしオフィスホワイトニングは色戻りがしやすいため、何度も施術を繰り返すことを考えると、総額は高くなってしまう可能性があります。そこで検討したのが、即効性と持続力を兼ね備えたデュアルホワイトニングです。

デュアルホワイトニングとは、歯科医院でのオフィスホワイトニングを施術してから、家庭でもケアを続ける方法です。1回での効果を実感しながら、家庭でのホワイトニングで持続力も兼ね備えています。

価格は3種類のホワイトニングの中でも、デュアルホワイトニングが高くなります。価格相場は5万円~で、最大では8万円程度かかります。

デュアルホワイトニングは価格が高くなりますが、その代わり3種類のホワイトニングの中で歯を白くする効果が高い施術です。歯をより白くしたい方や、クリニックでの施術回数を減らしたい方に人気があります。

低価格のホワイトニングは薬剤の種類が違います

1本当たり500円くらいから施術できる、ホワイトニング専用のサロンやクリニックも多く存在します。20本施術してもらうとしても、1万円の費用で済んでしまうのです。

低価格の秘密は、メタリン酸を使っているためです。メタリン酸とはポリリン酸と環状リン酸を混ぜ合わせたもので、ホワイトニング化粧品にも使われています。

メタリン酸と歯科医院で使う過酸化水素は効果が変わってくるため注意が必要です。主に歯の表面に付着した汚れを除去するものが、メタリン酸の役割となっています。

一方歯科医院で使う過酸化水素はエナメル質に浸透させ、象牙質へ直接働きかけるものです。歯が黄ばんでいたり白く見えたりするのは、透明なエナメル質から象牙質の色が透けているためです。

歯の表面の汚れを取るメタリン酸では、歯そのものの色を変えることはできません。本来ある歯の色より白くするなら、象牙質の着色成分を分解する必要があります。

メタリン酸のホワイトニングで効果が3倍といわれるのは、ポリリン酸の歯を白くする効果と比べて3倍という意味です。過酸化水素と比べて3倍歯を白くする意味ではありません。

加齢により象牙質が黄ばんできた方や、もともと歯が黄色い人が白くするなら、歯科医院での過酸化水素を使う方法をおすすめします。

(まとめ)歯のホワイトニングの値段相場はどのくらい?

1.歯のホワイトニングの値段相場は3万円前後です

歯科医院でのホワイトニングは、1回あたり3万円前後が値段相場です。クリニックによっては1万円のところもあれば、7万円の高額設定のところもあります。

お客様がかけられる費用を加味しながら、施術を比較することがおすすめです。

2.リーズナブルさで選ぶならホームホワイトニングです

ホワイトニングにかける費用を削減したいなら、オフィスホワイトニングより価格相場が安いホームホワイトニングがおすすめです。家庭でケアする手間はありますが、色戻りはしにくくなっています。

3.即効性と持続力があるのがデュアルホワイトニングです

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせると、即効性と持続力が得られます。デュアルホワイトニングは価格が高くなりますが、歯を白くする効果はもっとも高いです。

4.低価格のホワイトニングは薬剤の種類が違います

1本500円からのホワイトニングも登場していますが、そもそも歯科医院で用いる過酸化水素と働きが違います。象牙質そのものを白くするのは過酸化水素で、低価格の施術で用いるメタリン酸は白くなりません。

125
Return Top