義歯でも歯のホワイトニングは利用できますか?

義歯に歯のホワイトニングの効果は得られないです


歯のホワイトニングとは過酸化水素や過酸化尿素をエナメル質に浸透させ、象牙質に働きかけるものです。義歯は天然歯のような浸透性はないため、ホワイトニングをしても歯を白くする効果は得られません。

ホワイトニングのように義歯も白くしたい場合は、義歯に対し別の施術が必要です。この場合は、白さを出しやすいセラミッククラウンなどを使い、新たな被せものを作ることになります。

前歯など目立つ箇所に義歯がある場合は、その部分の施術も合わせて医師に相談しましょう。

義歯を白くするならセラミッククラウンがおすすめです

義歯を白く変えたい場合は、セラミッククラウンがおすすめです。セラミックは天然の歯のような透明感を持ち、好みの白さを選ぶことができます。

より審美性が高い素材を求めるなら、オールセラミックを選びましょう。オールセラミックとは金属を使わず、セラミックだけでできた被せもののことです。

強度を出すために内側に金属を使うことがありますが、金属を使うと透明度の高いセラミックから金属の色が透けて見えてしまいます。オールセラミックならセラミックの透明性と白さが得られるため、白い歯を目指すことができるのです。

また内側に金属を使った被せものは、経年により歯茎が少しずつ黒ずむ可能性があります。歯茎に金属の着色が見られると審美性が悪くなってしまうため、見た目が気になる前歯は避けたいと考えるでしょう。

オールセラミックは経年による着色がなく、素材自体が割れてしまわなければ、長い間白い歯を保ちやすくなります。一度施術すればホワイトニングのように数ヶ月ごとの施術は必要なく、セラミックや土台が持つ限り白い歯を維持しやすくなっています。

見た目の良さからオールセラミックは、前歯に使われていることが多いです。

セラミックはブリッジも可能です


数本の歯を失っている部分を白くするなら、セラミックでブリッジにすることもできます。ブリッジとは人工歯を橋のようにかける方法で、1~2本なくなった歯と隣り合った歯を繋げて被せものをする方法です。

ブリッジの場合は隣り合った健康な歯を必ず削る必要があります。数本を繋げて被せものをするため、必ず両隣の歯を削ることは確認しておきましょう。

しかしインプラントと違って外科的な処置が不要で、施術期が短い特徴があります。費用もインプラントより抑えることができるため、インプラントの費用が気になる方におすすめです。

被せものはオールセラミックで作ることができます。オールセラミックなら金属を一切使用することがなく、見た目の良さを優先することができるでしょう。

前歯や見える部分の歯が数本失っている場合で、ホワイトニングと合わせて歯を白くしたい場合は、オールセラミックのブリッジをおすすめします。セラミックのブリッジは最短で1ヶ月半の施術期間で、来院回数は2~4回程度です。

1回目の来院で仮歯の作成までできるため、来院当日で見た目の改善までできます。1本失っている場合は3本同時施術となるため、3本の歯の色を変えられます。

保険の差し歯は経年で黄ばんでいきます

歯のホワイトニングと同時に義歯の色を変える場合、保険で使える義歯へ取り替えを考える方もいるかもしれません。保険適用の義歯とはプラスチック素材を用いた被せもののことです。

プラスチック素材は保険が使えるため費用が安く済ませられるのがメリットです。しかしプラスチックは経年で歯が徐々に黄ばんでいくため、審美性を高めたい方には向いていません。

レジンと呼ばれるプラスチック素材は、水を含む性質があります。長く使っているうちに口の中の水分を吸収していき、劣化して黄ばんでいくのです。

最初はレジンも白く見た目がよい歯にすることはできますが、3年もすれば黄ばみが目立つようになるでしょう。レジンはホワイトニングで白くすることはできないため、ホワイトニングで義歯が目立つようになったら、付け替えるしかありません。

再びレジンで義歯を作ることはできますが、黄ばむたびに何度も付け替えるのは現実的ではありません。義歯を付け替えればそれだけ土台を削らなければならず、何度も繰り返せば土台がなくなってしまう恐れもあります。

土台を維持できる回数は1~2度くらいで、状態が良くても3回くらいが限界だと考えておきましょう。差し歯ができなくなればインプラントかブリッジしか方法がなくなるため、できるだけ取り替える頻度は少なくするようにしてください。

長く白い義歯を保ちたいなら、セラミックなど吸収性がなく着色汚れが付きにくい素材を選んでください。

(まとめ)義歯でも歯のホワイトニングは利用できますか?

1.義歯に歯のホワイトニングの効果は得られないです

ホワイトニングの薬剤は歯に浸透させて象牙質に働きかけるもので、義歯を白くする効果は得られません。ホワイトニング後に義歯の色が気になるようなら、別途白い被せものをする必要があります。

2.義歯を白くするならセラミッククラウンがおすすめです

義歯を白く変えたいなら、オールセラミックを考慮してみましょう。オールセラミックは金属を使っておらず、セラミックの透明性と白さの特徴から、見た目が気になる前歯に用いられています。

3.セラミックはブリッジも可能です

数本の歯を失っていて、ホワイトニングと同時に義歯を白くしたいなら、セラミックによるブリッジをおすすめします。インプラントと比べて施術期間が短く、費用も抑えられるのが特徴です。

4.保険の差し歯は経年で黄ばんでいきます

義歯を取り換えるとしても、黄ばみやすいレジンはおすすめできません。何度も取り替えると土台が失われていくためです。

白さを保ちやすいセラミックなら、取り替える回数を減らしやすいでしょう。

717
Return Top