レモンや重曹で歯のホワイトニングはできますか?

レモンや重曹の歯のホワイトニングはあくまで民間療法の一つです


レモンや重曹を使った歯のホワイトニングは、民間療法の一つとして知られている方法です。医学的に歯を白くする効果が証明されたものではなく、実践しても歯が白くなる効果が得られない可能性があります。

またレモンや重曹を使ったホワイトニングは効果が得られないばかりか、歯に悪影響を与えるリスクがあるものです。レモンは酸性でエナメル質を柔らかくしてしまい、重曹は研磨剤としても使われるため歯の表面を傷つける恐れがあります。

酸で歯がもろくなってしまいます

レモンと重曹を使った民間療法の歯のホワイトニングは、2つの成分を混ぜ合わせることで歯を白くするとしています。しかしレモンは酸性で歯をもろくする原因にもなるため注意が必要です。

酸の影響で歯がもろくなることを、酸蝕歯といいます。酸の強い食べ物や飲み物の影響で、歯が溶けだしてしまうことです。

歯に酸が付着すると、エナメル質からリン酸カルシウムが溶けだし、脱灰がおきてしまいます。酸蝕歯は急におこるのではなく、少しずつ歯に影響を及ぼして歯を失う原因のひとつになっています。

もともと私たちの口の中は、唾液の力によって酸性を中和する働きがあります。しかし酸が強い食品ばかりを食べていると、唾液の中和力が追い付かなくなり、歯が溶けてもろくなるのです。

酸が強い食べ物や飲み物とは、レモンなどの柑橘系はもちろん、炭酸飲料やビールも注意が必要です。お酢ドリンクも長い間飲み続けていると、歯を溶かしてしまう恐れがあるでしょう。

酸蝕歯になるとエナメル質が薄くなり、ひどくなれば象牙質まで影響を及ぼします。酸が強いレモンで歯のホワイトニングをすれば、歯が白くならないばかりか歯を失うリスクさえもあるのです。

重曹でのホワイトニングもリスクがあります


民間療法として重曹で歯を磨く方法があります。重曹を使った歯のホワイトニングは、民間療法の中でも効果を実感しやすいようです。

重曹で歯を白くする方法は、市販のホワイトニング歯磨きを使ったときの効果には劣るものの、一部の方が歯を白くする効果を実感しています。歯が白くなる理由は、重曹には研磨作用があるためです。

重曹で歯を磨くと、歯の表面に付着した着色汚れを除去しやすくなります。歯が黄ばむ原因のひとつは、歯の表面に食物のステインが付着するからです。

歯の表面に付着しているステインを除去すれば、本来持つ歯の白さに近づけることはできるでしょう。重曹は歯を漂白するというより、汚れを取り除いて元の色に近づける対策です。

しかし重曹は粒子が粗く研磨効果があるため、歯の表面を傷つける恐れがあります。エナメル質が傷ついて薄くなれば、知覚過敏になってしまうでしょう。

歯の表面に傷がつくことで、かえって汚れが付着しやすくなるリスクもあります。重曹を使った歯のケアは、歯磨き剤として使うのではなく、歯を削る心配がないうがいとして使わなければなりません。

重曹を使ってうがいをすれば、口の中の酸を中和しやすくなります。虫歯菌が砂糖などの栄養源を餌にすると口の中が酸性になりますが、重曹でうがいをしておけば虫歯のリスクを減らすことにつながるでしょう。

しっかり歯を白くしたいならホワイトニングがおすすめです

歯を白くしたいという希望があるなら、医学的にも歯を白くする効果が証明された方法を活用しましょう。レモンや重曹は歯を白くする効果は証明されておらず、むしろ歯を痛めるリスクがあります。

医学的に歯を白くする効果が示されているのは、過酸化水素や過酸化尿素を使った歯のホワイトニングです。薬剤を使ったホワイトニングはアメリカで開発され、長年使用されてその安全性が確認されています。

歯科医院で施術するスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)は、濃い薬剤の過酸化水素を用いながら、さらにライトを使って効果を高めています。スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)で使用するライトも安全性が確認されているものです。

薬剤を使った歯のホワイトニングは、歯を削ったり溶かしたりしているわけではありません。過酸化水素が酸化すると酸が発生して、着色物質のみを分解しています。

スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)では虫歯や歯周病など歯のトラブルがないかチェックしてから施術します。歯に問題があると知覚過敏がおこりやすいため、事前に確認しましょう。

薬剤を使った歯を白くする効果には個人差がありますが、スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)なら2~3回施術を受けることで、効果を実感しやすくなります。

(まとめ)レモンや重曹で歯のホワイトニングはできますか?

1.レモンや重曹の歯のホワイトニングはあくまで民間療法の一つです

レモンや重曹を使ったホワイトニングは民間療法で、医学的に歯を白くする効果を証明したものではありません。逆にレモンの酸性や重曹の研磨効果で、エナメル質を傷つける可能性があります。

2.酸で歯がもろくなってしまいます

レモンで歯のホワイトニングをすると、酸蝕歯になるリスクがあります。酸でリン酸カルシウムが溶けだし歯がもろくなって、歯を失う可能性もあるため避けるようにしてください。

3.重曹でのホワイトニングもリスクがあります

重曹を使ったホワイトニングは、重曹の研磨作用でエナメル質を傷つけるリスクがあります。エナメル質が薄くなると知覚過敏になりやすいため、重曹で歯を磨くのを避けてください。

4.しっかり歯を白くしたいならホワイトニングがおすすめです

歯を白くしたいなら民間療法ではなく、医学的に効果が示されているホワイトニングを活用しましょう。スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)なら2~3回の施術で歯を白くする効果を実感できます。

620
Return Top