歯のホワイトニングでレーザーに副作用はありますか?

歯のホワイトニングでレーザーの副作用はないです


歯科医院ではレーザーを用いた幅広い施術に活用しています。小児歯科や妊娠中の方にも使える器具で、安心して施術が受けられる機械です。

ホワイトニングにレーザーを用いる場合は、歯の表面を白くする目的で使います。象牙質を白くすることはできないので、より歯の白さを求める方は、薬剤を使ったホワイトニングがおすすめです。

レーザーは痛みが少なく副作用を軽減させる機械です

歯科医院ではレーザーを幅広い施術にも用いています。その理由は、レーザーを使うと痛みが少なくなり、副作用を減らすことができるためです。

歯を削る場合は高回転で機械を動かす必要があるため、どうしても振動が出てしまいます。腕のよい医師であっても、振動の影響は多少出てしまうでしょう。

しかしレーザー機器は振動がないため、この特長を生かした施術に用いられています。レーザーといえば美容外科などを思い浮かべるかもしれませんが、歯の施術でも使うことができます。

たとえば虫歯を削るときや、歯周病に対して、口内炎などにも用いられています。ホワイトニングとしてレーザーを使う場合は、歯の表面に付着した汚れを除去する目的です。

レーザーは歯茎にも照射が可能で、黒ずんだ歯茎をピンク色に戻すときの施術にも使われています。

しかしレーザーを使ったホワイトニングは歯の表面だけしか白くできません。エナメル質に付着した汚れを除去するのに役立つ施術です。

歯を根本的に白くしたいなら、象牙質まで働きかける薬剤によるホワイトニングが必要です。どちらも併用することで、歯の表面に付着した汚れも、象牙質の黄ばみにも対応しやすくなるでしょう。

最新のホワイトニングはジェルのみで施術が可能です


レーザー自体に副作用はありませんが、最新のホワイトニングはジェルの塗布だけで済むようになり、施術中の痛みを軽減できるようになりました。薬剤のジェルの塗布だけで済めば、体にも優しくなります。

歯科医院でできるホワイトニングは3種類あります。お客様自身が家庭で施術をするホームホワイトニングと、歯科医院で施術するスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)、両方を併用するプレミアムホワイトニングです。

ホームホワイトニングはマウスピースの中に薬剤を入れて、ご自分で毎日施術します。手間はかかりますが、3種類の中でももっとも費用が安いため、費用を抑えたい方におすすめです。

スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)は数回で歯を白くすることを目指す施術です。ホームホワイトニングより薬剤が濃いため、歯を白くする効果が高くなります。

プレミアムホワイトニングは短期間で歯を白くしながら、ホームホワイトニングで色戻りを防ぐ施術です。治療費は高くなりますが、歯を白くする効果が3種類の中で一番高くなります。

どの施術を選ぶかはお客様の希望によって変えられます。費用を抑えたいならホームホワイトニング、費用と効果のバランスを考えるならスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)、白さを求めるならプレミアムホワイトニングがおすすめです。

象牙質を白くしたいなら薬剤のホワイトニングがおすすめです

生まれつき歯の色が黄ばんでいると、レーザーによるホワイトニングでは効果が得られません。加齢により象牙質が黄ばんできた方も、薬剤によるホワイトニングが必要です。

薬剤によるホワイトニングとは、過酸化水素を歯に塗り浸透させ、象牙質の着色に直接働きかける方法です。歯科医院での施術では歯に直接ジェルを塗布し、光を照射して効果を高めています。

家庭ではマウスピースにジェルを入れて、一定時間歯に装着しておきます。象牙質の着色を分解しやすいのは、濃い薬剤が使える歯科医院での施術です。

歯科医院では濃い薬剤を使っていくため、歯茎を保護しながら薬剤を塗布していきます。エナメル質が薄い方は施術中に痛みを感じやすいため注意が必要です。

知覚過敏が出やすい方は、薬剤の濃度が低いホームホワイトニングを選択することもできます。もし薬剤で知覚過敏が出たとしても、症状は一時的なもので心配はありません。

ホワイトニングは一度歯が白くなると、3ヶ月~半年くらいは効果が持続します。どの施術方法でも必ず色戻りがあるため、定期的にメンテナンスのために通うようにしましょう。

薬剤による知覚過敏を減らしたい方や、受診回数を減らしたい方は、人工のセラミックを歯の表面にかぶせるラミネートベニアも選択が可能です。

(まとめ)歯のホワイトニングでレーザーに副作用はありますか?

1.歯のホワイトニングでレーザーの副作用はないです

歯科医院ではレーザーを用いた施術方法が多数あります。小児歯科や妊娠中の方にも使う機械で、副作用はありません。

レーザーのホワイトニングは表面を白くするもので、象牙質を白くしたい方は薬剤を使った方法がおすすめです。

2.レーザーは痛みが少なく副作用を軽減させる機械です

レーザーでは振動がないため、安全で副作用がない機械として用いられています。ホワイトニング用に使うと歯の表面の汚れを除去するもので、象牙質を白くしたい場合は薬剤によるホワイトニングが必要です。

3.最新のホワイトニングはジェルのみで施術が可能です

最新のホワイトニングはレーザーを使わず、薬剤のジェルを塗布するだけで歯を白くできるようになりました。ホームホワイトニング・スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)・プレミアムホワイトニングから比較してみましょう。

4.象牙質を白くしたいなら薬剤のホワイトニングがおすすめです

もともと歯が黄ばんでいる方や、加齢による象牙質の黄ばみは、薬剤による歯のホワイトニングが適用となります。薬剤の濃度が濃いと効果が高く、薄くなると知覚過敏の影響を減らしやすいでしょう。

564
Return Top