歯のホワイトニングは保険が使えますか?

歯のホワイトニングは保険適用外です


健康保険は病気に使うことができるものです。ホワイトニングは基本的に、見た目をより良くするための美容目的の施術となるため、健康保険は適用とはなりません。

そのため施術にかかった費用はすべて自費となるため、あらかじめ注意が必要です。歯を白くするのが病気の治療上必要なら保険は使えますが、そういったケースはありません。

ホワイトニングは自由診療の扱いです

自由診療とは保険範囲外の施術方法や薬剤を使う方法です。保険が使えないため、施術費用はお客様が10割負担することになります。

かかる費用をすべて負担しなければならないためデメリットに感じられますが、その代わり保険外の施術や薬剤も扱えるため、選択肢が増えます。ホワイトニングも自由診療の一種で、使える薬剤は限定されていません。

ホワイトニングの施術方法は日本のものや、海外の薬剤を使ったものもあります。自由診療扱いであれば、日本では導入例が少ない施術方法でも利用が可能です。

新しい施術法や、よりメリットの多い施術法を希望する方にとって、自由診療扱いの施術はメリットが高いといえます。自由診療は医療機関が自由に金額を決めて良く、お客様は費用の面でも比較しやすくなります。

ホワイトニングを受ける場合には、お客様の希望する施術方法が導入されていることや、妥当だと思える範囲の金額設定であるところを選べます。どの施術方法が向いているかは、歯科医師とよく相談しながら決めるようにしましょう。

ホワイトニングは医療費控除の適用外です


ホワイトニングは医療費控除の適用外となるため注意が必要です。医療費控除は治療に必要となる費用に限定されるため、美容目的だけで活用するホワイトニングは対象外となります。

しかし歯の施術方法がすべて医療費控除の対象外となるわけではありません。セラミックなど高額になる施術は、医療費控除の対象です。

適応となる場合も虫歯などの理由で施術が必要な場合に限ります。セラミックは虫歯の部分の被せものとしても使える素材で、歯を白くできるのが施術方法です。

美容目的でセラミックの被せものをするなどの場合は、医療費控除の適用外となるものの、虫歯の際に被せものをする場合なら適用となります。虫歯で被せものをするときに、審美性があるセラミックを選ぶことは可能です。

医療費控除とは1年で支払った医療費を申告すると、所得税や住民税で控除が受けられます。5年前までさかのぼって申告が可能で、申告忘れた年がある場合も手続きをしておきましょう。

一般的には年間10万円以上の医療費がかかったときに、医療費控除の対象となります。生計をともにする家族の分もまとめることが可能で、扶養親族以外でも生計が一緒の親族であればOKです。

医療費控除の対象となる歯の施術内容がわかりにくい場合は、歯科医師に相談しておきましょう。

施術内容で費用を抑えることができます

ホワイトニングの施術方法にも種類があります。そのため自分の経済事情を加味しながら、費用を抑えつつ歯を白くすることもできます。

施術の種類としては、家庭で施術するホームホワイトニング、歯科医院でやるスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)、家庭と歯科医院を併用するプレミアムホワイトニングの3種類があります。それぞれで費用が異なるため、お客様がかけられる費用で比較しておきましょう。

ホームホワイトニングは費用を抑えたい方におすすめの施術です。最初にマウスピースを作成するためある程度の費用はかかりますが、追加のジェルは数千円程度で続けることができます。

ホームホワイトニングは歯を数週間かけてゆっくり白くする方法で、毎日マウスピースを装着して薬剤を歯に付ける必要があります。手間はかかりますが、費用が少なくなる施術です。

費用をもう少しかけても手間を減らしたいなら、歯科医院での施術となるスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)がおすすめです。高濃度の薬剤とライトを併用する方法で、1回でも歯が白くなった実感を持つことができます。

プレミアムホワイトニングは費用が一番高い方法で、歯を一度で白くしながら、色戻りを防ぐ方法です。

(まとめ)歯のホワイトニングは保険が使えますか?

1.歯のホワイトニングは保険適用外です

健康保険は病気などの治療や改善に使われるもののため、美容目的であるホワイトニングには適用されません。そのためホワイトニングにかかった費用はすべて自費扱いです。

病気の治療のためにホワイトニングが必要というケースも基本的には存在しません。

2.ホワイトニングは自由診療の扱いです

ホワイトニングは自由診療の扱いで10割負担となりますが、施術方法や費用も自由となるため、お客様希望のホワイトニングが選択できます。新しい施術方法も選べるのが、自由診療のよいところです。

3.ホワイトニングは医療費控除の適用外です

ホワイトイニングは美容目的となるため、医療費控除の対象外です。しかし虫歯でセラミックを被せて歯を白くする場合は、医療費控除の適応となります。

対象の施術があるのか確認したい場合は、歯科医師に相談してください。

4.施術内容で費用を抑えることができます

ホワイトニングの費用を抑えたいなら、家庭で施術するホームホワイトニングを選びましょう。追加のジェル費用が数千円程度で、費用の負担が少なく続けやすくなっています。

477
Return Top