ホワイトニングで歯が白くならないのはなぜ?

ホワイトニングで歯が白くならない場合があります


ホワイトニングで歯が白くならないと感じるのは、もともとホワイトニングが向いていない歯だった場合が考えられます。また歯が白くなった感覚は人それぞれ違うもので、ホワイトニングの限界以上に本人が歯を白くしたい場合も、白くならないと感じるでしょう。

ホワイトニングで歯を白くするのはある程度の白さまでで、より真っ白な歯を手に入れたい場合は、歯に被せものをするセラミッククラウンなどの治療がおすすめです。歯を白くしたい希望をお持ちの方は、事前のカウセリングでどの施術が向いているか話し合って決めるようにしましょう。

ホワイトニングで白くならない歯があります

お母さんのお腹の中にいるときに、抗生物質の影響を受けると歯が黄ばみます。抗生物質の中でも、テトラサイクリン系の薬物は歯の色に影響があるものです。

小児のころにテトラサイクリン系の抗生物質を飲んでいた場合も、歯が黄ばみやすいでしょう。人によっては歯がグレーかかっていることもあります。

虫歯で歯の神経が死んでいる場合も、ホワイトニングで十分な効果が出ないことがあります。神経が死んでいる歯を白くするには、薬剤を内部まで浸透させなければなりません。

歯に詰め物をしている場合も、詰め物自体の色をホワイトニングで変えることはできません。歯を白くしたいなら詰め物自体を白いものに取り換えるか、歯に被せものをして歯を白くする必要があります。

また虫歯予防のために歯にフッ素を塗っている方や、歯垢がこびり付いている場合も、ホワイトニングで効果を十分に感じられないことがあります。フッ素の塗布時期を調節したり、歯垢を除去したりしてからホワイトニングをしましょう。

そのほか、無カタラーゼ症の人は、ホワイトニングで使う過酸化水素を分解できないため、そもそもホワイトニング自体を利用できません。妊娠中の方も胎児への影響が詳しくわかっておらず、ホワイトニングの利用は難しいでしょう。

その人に合った施術選びが大切です


ホワイトニングで歯が白くならなかった原因のひとつが、医師とお客様が考える歯の白さの相違があったためです。お客様がより白さを求める場合であれば、ホワイトニングのほかに、歯の表面に人工物を貼り付けるラミネートベニアを推奨しなければなりません。

そのためまずは求める歯の白さや最終的な見た目について、しっかりと話し合う必要があるでしょう。ホワイトニングで歯を白くする効果は、ホームホワイトニングよりスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)の方がより白くなり、もっとも白くなるのがプレミアムホワイトニングです。

プレミアムホワイトニングはクリニックでの施術と、家での継続的なホワイトニングを合わせて行うものです。そのためより効率的に歯を美しくする効果が期待できます。

もしこのプレミアムホワイトニングでも希望の白さに近づけることが難しい場合は、ラミネートベニアやセラミッククラウンで被せものをする必要があるでしょう。これらの施術方法を施術期間も短く、人前に立つ仕事の方にも選ばれやすい施術です。

歯を真っ白にしたい方にもおすすめできる施術と言えるでしょう。被せものにはセラミックやジルコニアなどの素材があり、これらは本来が持つ歯の白さよりも、美しく白い歯にすることが可能です。

またセラミックやジルコニアは安定した素材のため、色戻りの心配がありません。一度施術してしまえば数年間は施術が不要になるため、長く白さを保ちたい方にも人気があります。

被せものにもメリットとデメリットがあります

歯の表面に人工物を貼り付けるラミネートベニアは、歯の表面を少し削る必要があります。健康な歯を削る必要があるため、元の歯の寿命を減らす可能性を考慮しましょう。

セラミッククラウンの歯の被せものの場合は、歯全体を削ってから人工の歯を被せる方法です。ラミネートベニアより歯を削る範囲が大きくなるため、どちらが適しているかよく考えるようにしてください。

ラミネートベニアもセラミッククラウンも歯を削りますが、短い時間で施術が可能で、歯の色戻りがしないメリットがあります。ホワイトニングではどの施術方法でも色戻りが必ずあるもので、数ヶ月の施術となり定期的な施術が面倒です。

歯の被せものなら天然の歯より白さを出すことも可能で、一度施術すれば被せものや歯の土台が悪くならない限り、施術の必要性はありません。少なくともホワイトニングのような数ヶ月に一度の施術は必要なくなるでしょう。

施術期間が早くて色戻りが少ないことから、ラミネートベニアやセラミッククラウンは芸能人に人気があります。芸能人は人に見られるためスピーディな施術が必要だからです。

仕事で忙しい方や、なかなかホワイトニングに通えない方は、歯の被せもので白くする方法が向いています。

(まとめ)ホワイトニングで歯が白くならないのはなぜ?

1.ホワイトニングで歯が白くならない場合があります

ホワイトニングで歯が白くならないのは、もともとホワイトニングに向かない歯だった可能性があります。セラミッククラウンなどの施術もあるため、まずは医師とのカウンセリングで求める歯の白さを伝え、それに適した施術を選ぶようにしましょう。

2.ホワイトニングで白くならない歯があります

抗生物質の影響で歯が黄ばんでいる方、歯の神経が死んでいる歯、詰め物にはホワイトニングの効果が得られません。フッ素の塗布の影響や、歯垢がこびり付いている場合は、ホワイトニングしやすいよう調節が必要です。

3.その人に合った施術選びが大切です

芸能人なみの歯の白さを求めるなら、ラミネートベニアやセラミッククラウンなどで歯の被せものをする必要があります。色戻りが少ない方法で、天然の歯より白くすることも可能です。

4.被せものにもメリットとデメリットがあります

ラミネートベニアやセラミッククラウンは、自分の歯を削らなければなりません。しかし短時間での施術が可能で、色戻りしないため長く歯を白く保てるメリットがあります。

541
Return Top