湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯のホワイトニング中に炭酸水を飲んではいけない?

歯のホワイトニング後には炭酸水を控えた方が安心です


歯のホワイトニングには、歯の表面に専用の薬剤を塗布しライトを照射するなどの方法があります。その際に薬剤が歯の内部までしみ込み、歯磨きでは落とせない着色の原因となっている色素を分解するため、歯の色の改善が期待できます。

歯のホワイトニングを行った後には、歯の表面についているペリクルが剥がれたデリケートな状態になっています。そのため酸性の強い炭酸水はホワイトニング後には控えたほうが安心といえます。

ホワイトニング後には口にするものに気をつける必要があります

ホワイトニングを行ったあとには、歯のエナメル質の周りにあるペリクルというタンパク質が剥がれた状態になるとされています。エナメル質は結晶の塊からできているような形状をしているため、歯を保護しているペリクルがない状態ではエナメル質の隙間に汚れが入りやすくなるといわれています。

ホワイトニング後には歯のバリア機能がなくなっている状態と言えるでしょう。そのためホワイトニングの後には、ステインの付着しやすい飲食物や酸性の強いものなどをとらないようにする必要があります。

コーヒー・赤ワイン・紅茶などのお茶類、カレー・ケチャップ・醤油などの調味料は、とくに着色しやすいといわれています。これらのような濃い飲食物は、ホワイトニング後の歯に再び着色する恐れがあるため、しばらく摂取を控えるようにしましょう。

また炭酸水や柑橘系の果物などは酸性が強いため、歯のエナメル質を溶かす場合があるとされています。酸性の強い飲食物はホワイトニング後には飲みすぎないようにすると安心です。

ホワイトニングの際の注意点は医師によく確認しましょう


ホワイトニングには、クリニックで受けることができるオフィスホワイトニングと 、自宅でできるホームホワイトニングなどの種類があります。 オフィスホワイトニングは、病院で歯に薬剤を塗布してからライトを照射する方法です。

オフィスホワイトニングでは、一度通院するだけで簡単に歯が白くなることが期待できるでしょう。病院によりますが、24時間ほど食べ物や飲み物の制限がある場合や、食事制限がない、もしくは少ない場合もあります。

ホームホワイトニングは、一度病院で専用のマウスピースを作ってから自宅でマウスピースと薬剤を使用して行うホワイトニングです。歯の着色の状態によって、2週間から1ヶ月程度自宅でホワイトニングを行います。

ホームホワイトニング後には、24時間は着色しやすい食品などをできるだけ控えるようにしなければなりません。病院によって歯の負担度合いが異なるため、詳しい食事制限は医師によく確認するようにしましょう。

基本的には着色の心配がある飲食物を避ける必要があるでしょう。ホームホワイトニングは、一度マウスピースを作ったあとには、安価に薬剤を購入して歯の白さを維持できるというメリットがあります。

酸性の強いものは飲み方に気をつけないと歯の着色原因になる場合があります

炭酸水やレモン、スポーツドリンクなど酸性の強い飲食物を常にたくさん摂っていると、徐々に歯が溶けていく酸蝕歯(さんしょくし)になる恐れがあります。酸蝕歯とは、虫歯ではないけれど飲食物の酸性のために歯の表面のエナメル質が溶けている状態の歯のことです。

酸蝕歯になるとエナメル質が溶けて薄くなるため、歯が着色しやすい状態になるといえるでしょう。

またエナメル質が薄くなって内側にある象牙質の黄色が透けて見える場合など、歯がすでに着色しているように見えることもあります。

他の食べ物と一緒に酸性の強い物を食べる場合や、食後にきちんと歯磨きを行ってる場合には、酸性の強い飲食物をとってもとくに問題は生じないとされています。

普段から常に酸性度の低いミネラルウォーターやお茶類を飲んでいるという場合には、酸蝕歯になる恐れは少ないといえるでしょう。

ところが炭酸水をみずやお茶代わりに常に摂取している場合には、口の中に酸性の強い炭酸水が長時間残るため、歯が徐々に溶けていく酸蝕歯になる心配があります。酸性の強い飲食物は摂取方法に注意が必要といえるでしょう。

(まとめ)歯のホワイトニング中に炭酸水を飲んではいけない?

1.歯のホワイトニング後には炭酸水を控えた方が安心です

歯のホワイトニングでは専用の薬剤を使い、歯の内側の色素まで分解して歯の色を改善させます。

ホワイトニング後には歯がデリケートな状態になっているため、酸性の強い炭酸水は控えた方がいいでしょう。

2.ホワイトニング後には口にするものに気をつける必要があります

ホワイトニングの後の歯は、エナメル質の周りを保護しているタンパク質が剥がれている状態です。

コーヒー・赤ワインなどの着色しやすい飲食物だけでなく、炭酸水のような酸性の強い飲食物は摂取を控えたほうがいいでしょう。

3.ホワイトニングの際の注意点は医師によく確認しましょう

オフィスホワイトニングは一度通院するだけで簡単に歯を白くしたい方に適している方法で、食事制限が厳しくない場合があります。

ホームホワイトニングは食事制限がある程度ありますが、安価で通院の必要がない方法といえます。

4.酸性の強いものは飲み方に気をつけないと歯の着色原因になる場合があります

炭酸水やスポーツドリンクなどの酸性の強い飲み物などは、飲み方に気を付けないと酸蝕歯になる心配があります。

酸蝕歯になり歯の表面のエナメル質が溶けると、歯が着色しているように見える場合があります。

185
Return Top