湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

神経がない歯でもホワイトニングできる?

神経がない歯は歯の内側からホワイトニングすることが可能です


神経がなくなった歯は、徐々に変色して黒ずんでくるとされています。 神経がない歯の変色の原因は歯の内部にあるため、歯のクリーニングで表面の汚れを落としても歯が白くなることはありません。

神経がない歯には、インターナルブリーチなどの歯を内側から白くする方法や、セラミッククラウンなどを使用して歯を白くする方法が適しています。

虫歯などで神経がなくなると歯に黒ずみが生じます

歯は表面がエナメル質でおおわれて、その内側が象牙質になっています。そして歯の一番奥には歯髄という神経や血管が通っている場所があります。

虫歯は細菌によって歯に穴が開けられた状態のため、早めに歯科医で治療していれば大きな問題にはなりません。ところが虫歯を放っておくと徐々に進行が進んで歯に開いた穴が歯髄に届くまで深くなります。

歯髄まで穴が届くほど虫歯が進行すると、入り込んだ細菌に汚染されて歯の神経が死んでしまう場合があります。

神経の死んだ歯は痛みを感じないため、虫歯があったことを忘れてしまうなど問題が起きていることに気づかない場合もあるかもしれません。

それでも気づかずにそのまま歯を放置していると、今度は歯髄内の血液などが象牙質に入り込むとされています。

歯を強くぶつけてしまったときなどにも歯の神経が死ぬ場合がありますが、その場合にも同様の状態になるといえます。

象牙質内に血液の成分が入ると、その外側にある半透明なエナメル質を通して鉄分などの色が透けて見えます。

そのため歯の神経がなくなった場合には、ほかの着色原因とは異なり内側から歯が黒く変色していくとされています。

神経がない歯は通常のホワイトニングでは白くなりません


歯のホワイトニングでは、通常では歯のエナメル質に薬を塗って、表面から歯を漂白していきます。 ただし、神経がない歯の場合には、歯の変色原因が内側にあるため通常のホワイトニングで歯を白くすることができません。

神経がない歯のホワイトニングにはインターナルブリーチなどが適しています。インターナルブリーチは歯髄の部分に漂白剤を詰めるため、内側から歯の色を改善することができるでしょう。

インターナルブリーチは、根管治療を行うときに一緒に施術を受けることができます。根管治療は、死んでしまった歯の神経や入り込んでいる細菌を歯髄の中から除去し、歯髄に詰め物をして蓋をする施術です。

もし通常のホワイトニングで白くならない歯があった場合には、歯の神経が死んでいるためかもしれません。歯の神経が死んでいると、歯髄に細菌が入り込み細菌感染している場合もあります。

放置しておくと、歯を支えている歯槽骨まで細菌が入り込んで歯が抜ける原因になったり、隣の歯に影響を与えたりする心配もあります。

歯の神経が死んでいる場合には、歯の色だけでなく重要な問題が隠れていることもあるので、早めに医師に相談するようにしましょう。

セラミックで歯を白く改善する方法もあります

虫歯の進行が進んでいたため、歯の神経がなくなり、さらに歯の厚みがなくなっているなど歯の強度に問題がある場合には、被せもの(クラウン)が適していることもあります。被せものは、歯を削って土台を作ってから希望する白さのクラウンを被せることができます。

歯の神経がない場合にはまず根管治療を行い、被せものの土台を補強しながら作り、それにクラウンを被せる場合が多いでしょう。白く美しい歯に改善したい場合には、審美性の高いセラミッククラウンが適しています。

セラミッククラウンは、自然な白さに長期間経ってもほとんど変色しないというメリットがあります。歯の神経がなくなっても、根が残っていればセラミッククラウンで白い歯に改善することができるでしょう。

セラミッククラウンは歯並びや歯の形を変えたい場合にも適しているため、歯の矯正を同時に行うことも可能です。

気になる部分の歯にセラミッククラウンを被せて、自分の歯はホワイトニングをすることで全体的な歯並びと歯の白さを改善することが期待できます。

(まとめ)神経がない歯でもホワイトニングできる?

1.神経がない歯は歯の内側からホワイトニングすることが可能です

神経がなくなると、歯は徐々に変色して黒ずんだ色に変わります。

神経のない歯を白くするためには、効果的歯を内側から白くする方法やセラミッククラウンを被せる方法などが適しています。

2.虫歯などで神経がなくなると歯に黒ずみが生じます

歯の構造は表面からエナメル質、象牙質、歯髄となっています。歯髄には血管や神経が通っているのですが、 虫歯や怪我などで神経が死んだ場合には歯髄内部の成分が象牙質に流れ出すため歯が黒く見えるとされています。

3.神経がない歯は通常のホワイトニングでは白くなりません

通常の歯のホワイトニングは、表面から歯を漂白していく方法です。神経がない歯は、歯の内側から漂白することで、歯の色の改善が期待できます。

歯の神経が死んでいる場合には、細菌による汚染の心配もあるため早めに医師に相談するようにしましょう。

4.セラミックで歯を白く改善する方法もあります

神経がなくなり歯の強度にも問題がある歯は、セラミッククラウンでの改善が期待できます。

セラミッククラウンは審美性が高く自然の歯に近い色を作れるという特徴や、変色の心配がほとんどないというメリットもあります。

36
Return Top