湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯のホワイトニングの金額は高いですか?

歯のホワイトニングの金額は高くない方法もあります


ホワイトニングといっても種類があるため、それぞれの金額を比較する必要があります。1回あたりの費用削減で考えるならホームホワイトニング、効果の高さと費用のバランスが良くコスパで選ぶならオフィスホワイトニングがおすすめです。

価格はやや高くなりますが、両方のメリットを兼ね備えたデュアルホワイトニングもあります。お客様がかけられる費用によって、選ぶ施術の種類は変わってくるでしょう。

メンテナンス費用が少ないのがホームホワイトニングです

ホワイトニングは一度施術したら終わりではなく、必ず色戻りがあります。色戻りすれば数ヶ月に一度の施術が必要で、定期的なメンテナンス費用も考えなければなりません。

長期的にホワイトニングをする費用を削減したいなら、メンテナンス費用がお手頃のホームホワイトニングを選びましょう。追加で必要な薬剤は3,000円程度のため、長い目で見ると費用が安くなります。

ホームホワイトニングとは、歯科医院で提供されるマウスピースを装着し、薬剤を使って自宅でホワイトニングをする方法です。最初にマウスピースを作成する費用がかかりますが、後はメンテナンス費用だけで済みます。

ホワイトニング効果を高めるLEDライトも購入が可能です。ホームホワイトニングは初期費用で考えると、30,000~40,000円は必要です。

それでも追加の薬剤が安いため、歯を白くするためにかかる費用は、オフィスホワイトニングよりお手頃になります。オフィスホワイトニングだと1回ごとの施術費用が必要です。

ホームホワイトニングは歯が白くなるまで2週間はかかりますが、色の後戻りが少ないメリットがあります。

コスパで選ぶならオフィスホワイトニングがおすすめです


1回ごとの費用は高くなりますが、1回でも歯を白くする効果が得られやすいのが、歯科医院でやるオフィスホワイトニングです。短期間で歯を白くする実感を得られやすいため、忙しい方に人気があります。

ただしオフィスホワイトニングは色戻りが早く、歯を白くする持続期間は3~6ヶ月です。一度施術をしても永続的に歯が白くなるわけではなく、数ヶ月に一度の施術が必要だと考えておいてください。

オフィスホワイトニングの効果が高いのは、高い濃度の過酸化水素を用いるためです。さらにLEDライトやレーザーなどを使って効果を高めるため、個人差がありますが1度でも歯が白くなった実感が得られます。

ホームホワイトニングは歯が白くなるのは2~4週間はかかります。それに比べてオフィスホワイトニングは早く白くなった実感を得られやすいため、効果と費用とのバランスがとれている施術です。

歯を白くする効果もホームホワイトニングより高く、歯をより白くしたい方に向いています。施術時間も10分×3回の照射で、時間の拘束が少ないです。

人と会話をすることが多い方や、人に見られることが多い職業の方は、オフィスホワイトニングを選択しましょう。

効果の持続を考えるならセラミックもおすすめです

ホワイトニングはどうしても色戻りがあるため、数ヶ月ごとに施術を受けなければなりません。ホームホワイトニングだと色戻りが少なく1年くらいは効果を実感できますが、それでも色戻りがすることに変わりがないでしょう。

定期的にホワイトニングを受けるとなると、その間に費用が発生します。歯を白くする効果を高めて、施術費用を削減したいならセラミッククラウンもおすすめです。

セラミッククラウンとは、人工の素材を歯に被せる方法です。使っているときに色素が付着しにくく、白い歯を長い間手に入れられます。

オールセラミックの素材は金属を使っていない素材で、歯茎が黒ずんでしまう心配がありません。自然な歯と同じような透明感があるため、審美性を求める方に人気です。

セラミッククラウンのメリットは、歯並びの矯正と同時に歯の色も変えられることです。歯が白い方の中には、ホワイトニングではなくセラミックを用いていることが少なくありません。

一度施術をしてしまえば歯の色も長く保ちやすいことから、人に見られる職業の方にもセラミッククラウンは人気です。

価格の面でも、何年もオフィスホワイトニングを繰り返すことを考えたら、セラミック施術はリーズナブルだといえます。

(まとめ)歯のホワイトニングの金額は高いですか?

1.歯のホワイトニングの金額は高くない方法もあります

1回あたりの費用削減ならホームホワイトニング、コスパを優先するならオフィスホワイトニングがおすすめです。

価格はやや高くなりますが、両方のメリットを兼ね備えたデュアルホワイトニングもあります。

2.メンテナンス費用が少ないのがホームホワイトニングです

ホワイトニングは色戻りがあるため、メンテナンス費用も考慮する必要があります。ホームホワイトニングは薬剤の追加費用がお手頃で、少ない費用で施術したい方に向いています。

3.コスパで選ぶならオフィスホワイトニングがおすすめです

オフィスホワイトニングは1回でも歯を白くする効果を実感しやすく、施術時間が短いため、費用と効果のバランスが取れています。人と会話を良くする方や、人に見られることが多い職業の方におすすめです。

4.効果の持続を考えるならセラミックもおすすめです

何年も歯の白さを保ちながら、施術費用を削減したい方はセラミッククラウンも考慮してみましょう。一度施術すれば歯を白く保ち、着色汚れも付きにくくなっています。

審美性を高めたい人に、セラミッククラウンが人気です。

74
Return Top