湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

ホワイトニングは歯に影響を与えますか?

ホワイトニングは歯に影響はない施術です


ホワイトニングで使用する過酸化水素は、歯質に染み込んでいる着色物質を分解して歯を白くします。過酸化水素から発生するヒドロキシラジカルにより化学的に色素を分解する方法です。

歯の表面を脱灰して歯を白くするわけではないため、ホワイトニングで歯に影響はありません。漂白剤は体内に入ったとしても安全性が示されているため、安心して施術を受けることができます。

ホワイトニングは歯の脱灰の心配はないです

ホワイトニングが歯をもろくすると誤解が生じたのは、薬剤で歯を脱灰して歯を白くしていると考えている方が少なくないためです。しかしホワイトニングで使う過酸化水素では、歯の脱灰がおこらないことがわかっています。

もしかしたら海外で売られているOTCホワイトニングと、歯科医院でのホワイトニングを混同されているのかもしれません。

歯科医院でのオフィスホワイトニングは過酸化水素を使用し、家庭でやるホームホワイトニングでは過酸化尿素を使います。

これらはどちらも過酸化物からヒドロキシラジカルを発生させて、エナメル質に付着する着色物質を分解させて歯を白くする方法です。分解された着色物質は小さな分子へと変化するため、歯が白くなります。

ホワイトニング後の歯を顕微鏡で見たところ、たしかにエナメル質には無数の傷が見えます。しかしこの傷は有機性のたんぱく質が除去されて、もともとのエナメル質の表面が見えただけだったのです。

ホワイトニングは歯を脱灰させて歯を白くするのではなく、有機性のたんぱく質を除去しているのに過ぎません。

ホワイトニングで知覚過敏がおこる可能性があります


ホワイトニングで歯をもろくするという誤解が生じたのは、ホワイトニングで知覚過敏がおこることも影響しているのでしょう。知覚過敏がおきたとしても、1日程度で痛みは軽減します。

ホワイトニングの薬剤は、エナメル質を通過していきます。確実なことはいえませんが、象牙質まで薬剤が浸透していると考えられています。

エナメル質は痛みを感じることがなく、象牙質で痛みを感じるわけで、より象牙質に薬剤が浸透しやすくなれば知覚過敏がおこりやすくなるでしょう。

歯に目に見えない亀裂があるときや、虫歯があれば薬剤が浸透しやすくなります。

歯科医院でのホワイトニングは、歯の状態をよく観察してからの施術です。虫歯などが見つかった場合は、ホワイトニング前に施術します。

ホワイトニングの薬剤の濃度が高いと痛みが強くなりやすいため、知覚過敏がある方は薬剤の濃度を下げて施術することも考慮します。痛みが気になるお客様には、薬剤の濃度が低いホームホワイトニングもおすすめです。

日本人はエナメル質が薄く知覚過敏がおこりやすいため、医師と相談しながら施術するようにしてください。

サロンでのホワイトニングはトラブルの元です

歯科医院でのホワイトニングなら、医師と相談しながら施術ができます。虫歯があるときや歯に亀裂があれば、その部分を修復してから施術が行えます。

しかしサロンでのホワイトニングは医師がいないため、虫歯の対応はすることができません。虫歯が残ったまま薬剤を使えば、歯に痛みが出やすいのは当然だといえます。

またサロンだと歯のクリーニングをせずにホワイトニングをすることになるため、薬剤の浸透を促すことができません。結果的に歯を白くする効果も半減しやすいといえるでしょう。

サロンでは医療行為ができないため、あくまでも場所の提供だけです。歯科医院でのホワイトニングでは、歯茎に薬剤が触れないよう保護したうえで施術をします。

LEDライトやレーザーを用いて、薬剤の効果を引き出していき、短時間で歯を白くする効果が期待できます。

濃い薬剤を安全に使えるのは医師のみで、サロンで薬剤の濃度を低くすれば歯を白くする効果も落ちてしまいます。

ホワイトニングでトラブルを避けたいなら、歯の状況を把握できる医師がいるところで施術しなければなりません。

(まとめ)ホワイトニングは歯に影響を与えますか?

1.ホワイトニングは歯に影響はない施術です

ホワイトニングで使用する過酸化水素は化学的に着色成分を分解して、歯を白くします。

歯の表面を脱灰して白くする方法ではないため、薬剤で歯に影響を与えることはありません。

2.ホワイトニングは歯の脱灰の心配はないです

ホワイトニングで使用する過酸化水素も過酸化尿素も、どちらもエナメル質に付着している着色汚れを分解して歯を白くさせます。

歯の脱灰がおきていないことが確認されているため、安心して施術を受けましょう。

3.ホワイトニングで知覚過敏がおこる可能性があります

ホワイトニングでは知覚過敏がおこることがあるため、それもホワイトニングが歯をもろくすると誤解を与えた原因なのでしょう。

目に見えない歯の亀裂や、虫歯があると薬剤で痛みを感じやすくなるため、事前に対応します。

4.サロンでのホワイトニングはトラブルの元です

歯科医院なら歯の亀裂や虫歯があれば、事前に修復してからホワイトニングができます。歯茎を保護しながら濃い薬剤を使い、LEDやレーザーで薬剤の効果を高められます。

安全で効果が高いホワイトニングは、医師による施術です。

128
Return Top