湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

ホワイトニングで歯にレーザーを当てる方法とは?

レーザーを使った歯のホワイトニングは効果が高いです


歯のホワイトニングの施術方法にも種類がありますその中でも、歯科医院でレーザーを使った方法は、痛みが少なく歯を白くする効果が高い施術として人気です。家庭でやるホームホワイトニングと比べると、レーザーホワイトニングは歯を白くする効果が高くなります。

受診の回数も少なくできることから、早く歯を白くする方に人気がある施術です。

レーザー機器で効果を高めることができます

ホワイトニングは過酸化水素の薬剤を使用し、歯を白くしています。薬剤だけだと歯を白くする施術に1時間30分くらいかかります。

レーザーを併用することで、30分程度の施術時間でよくなり、さらに歯を白くする効果も高めることができるようになりました。

レーザーホワイトニングはアメリカで開発された方法で、施術中の痛みが少なく、ホームホワイトニングと比べて歯を白くする効果が高い施術として人気です。

歯を白くする効果は、食べ物や喫煙による着色汚れから、加齢による歯の黄ばみにも対応しています。レーザーホワイトニングは歯にジェルを塗り、特殊なレーザーを照射して歯を白くします。

薬剤とレーザーの効果により、施術前と比べては歯が丈夫になるとされています。虫歯のリスクも減ると報告されているのが特徴です。

歯が白くなるまでに必要となる受診回数は、約3回です。ホームホワイトニングだと歯が白くなったと実感するまで数週間はかかるため、レーザーホワイトニングは少ない回数で歯を白くする効果があるといえます。

仕事や子育てなどで忙しい人にとって、受診回数が少ないレーザーホワイトニングはメリットを感じられるでしょう。

歯の清掃もセットになった施術です


レーザーホワイトニングの施術時間は約30分で、この間に歯のクリーニングから、歯を白くする施術もセットになっています。毎日歯をきちんと磨いていても、歯と歯の間には歯垢や歯石が付着しています。

レーザーホワイトニングの施術を開始する前に、薬剤の効果を高めるため、歯のクリーニングをしていきます。クリーニングだけでは取り除けない汚れは、ポリッシングを使って除去が可能です。

最後にティースワックスで歯の表面を磨き、歯の白さや歯の健康を保っていきます。歯のクリーニングが終了したら、歯を白くする薬剤を塗布します。

歯茎はあらかじめコートしておくため、過酸化水素が歯茎に直接触れることはありません。ホワイトニングジェルを歯に塗布したら、レーザーを照射して歯の内側から色素を分解して歯を白くさせます。

レーザーを照射する時間は2分で、ジェルの塗布とレーザーの照射を何度か繰り返していきます。最後に歯にフッ素コーティングをして、歯のエナメル質を強化します。

フッ素の塗布は虫歯予防や、着色予防に効果がある薬剤です。レーザーホワイトニングは1回でも歯を白くする効果を実感できますが、2~3回の施術がおすすめです。

ホワイトニングが対応できない歯もあります

虫歯で歯に詰め物をしている場合は、詰め物に対してホワイトニングはできません。神経を抜いた歯の変色や、テトラサイクリンなどの薬剤の影響で歯が変色している場合も、ホワイトニング以外の施術がおすすめです。

またはホワイトニングで歯を白くする効果が物足りないときも、ホワイトニング以外の施術を選択することができます。より美しい歯の白さを求めるなら、セラミックを用いた施術もおすすめでしょう。

セラミックを用いた方法は、歯を削って被せものをする方法と、歯の表面だけを削ってラミネートベニアを貼り付ける方法があります。

価格はオールセラミックの被せものが一番高く、金属焼き付けセラミックやラミネートベニアだと価格を抑えることができます。

どれを選ぶかは、総合的な審美性を考慮しながら、費用の面でも比較していきましょう。セラミックによる施術は、見た目が気になる前歯の数本だけ施術もできます。

奥歯など見えにくい部分はレーザーホワイトニングで対応しながら、目立つ部分だけセラミック施術で対応するのもおすすめです。そのためお客様の予算や希望を考慮しながら、ピッタリな施術が選べます。

(まとめ)ホワイトニングで歯にレーザーを当てる方法とは?

1.レーザーを使った歯のホワイトニングは効果が高いです

早く歯を白くしたい方に人気があるのが、レーザーホワイトニングです。痛みが少なく歯を白くする効果が高いことから人気があります。

受診回数も少なくて済むため、忙しい方におすすめです。

2.レーザー機器で効果を高めることができます

薬剤を使った方法だと1時間30分かかっていたのが、レーザーホワイトニングだと30分程度の施術で済みます。レーザーを併用することで短時間で歯が白くなり、歯が強くなる効果が高いとされています。

3.歯の清掃もセットになった施術です

レーザーホワイトニングをする前に、歯磨きでは除去できない歯垢や歯石をクリーニングで除去していきます。歯茎を保護してからホワイトニングジェルを塗布し、レーザーを照射していきます。

最後にフッ素を塗布したら施術は終了です。

4.ホワイトニングが対応できない歯もあります

虫歯の詰め物や、神経を抜いた歯、薬剤の影響を受けた歯では、ホワイトニングが使えません。そのような場合は、セラミックを用いた施術がおすすめです。

セラミック施術はホワイトニング以上のより審美性の高い歯を目指すこともできます。

90
Return Top