ホワイトニングで歯を白くする効果はどのくらい?

ホワイトニングによる歯を白くする効果は、施術によっても異なります


人前に出る仕事をされている方は、ホワイトニングでも歯を白くする効果が高いものを選ぶようにしましょう。ホワイトニングでも施術方法によって歯を白くする効果が変わってきます。

ゆっくり白くするホームホワイトニング、1回で白さが期待できるスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)、さらに白さを目指すプレミアムホワイトニングから選ぶことが可能です。

白さを求める方には、プレミアムホワイトニングをおすすめします。

プレミアムホワイトニングは短期間で歯が白くなります

プレミアムホワイトニングは、ホームホワイトニングとスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)のよい部分を兼ね備えた施術方法です。短期間でも歯を白くする効果が高いことから、より歯を白くしたい方に選ばれています。

ホームホワイトニング単体だと歯が白くなったと実感するまで、2~4週間はかかります。スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)なら1回で白さを実感できますが、その代わりホームホワイトニングと比べると色戻りが早いのがデメリットです。

プレミアムホワイトニングは最初にスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)をしてから、家庭でホームホワイトニングの施術をします。

そのためスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)のもつ効果の早さと、ホームホワイトニングのもつ色戻りのしにくさという、両方のメリットが得られやすいのです。

ホワイトニングは歯を白くする効果は永続ではないため、効果の持続力を高められるプレミアムホワイトニングは人気があります。

時間が経って色戻りを感じても、数日ホームホワイトニングを施術すると、また白さを実感しやすいでしょう。

プレミアムホワイトニングは白さの持続力と、手間が少ない手軽さがメリットです。手間がなく白さを長く維持されたい方は、プレミアムホワイトニングを選びましょう。

真っ白を目指す方はラミネートベニアがおすすめです


ホワイトニングはある程度の白さを保つことはできますが、真っ白を目指すことはできません。芸能人で歯が真っ白な方は、ラミネートベニアという人工歯を貼り付ける方法を活用している場合があります。

ラミネートベニアは自分の歯の表面をごくわずか削り、薄い人工歯を貼り付ける方法です。以前はクラウンといって歯の被せものをする必要がありました。

歯を被せるときは歯の周りを大きく削る必要があるため、自分の歯を多少でも失うリスクがあります。一方でラミネートベニアは、自分の歯の表面を0.3~0.5mm削るだけです。

ラミネートベニアに使う素材は、耐久性が高く白さを維持できるセラミックです。セラミックは天然歯の透明感にも近く、審美性が高くなっています。

最近は接着剤の素材も改良されているため、歯に人工歯を貼り付けても、剥がれたり割れたりするリスクが少なくなりました。ラミネートベニアは一度施術すると色戻りもなく、長い間歯の白さを保つことができます。

前歯に隙間がある方や、神経が死んで歯の色が悪くなった方にもおすすめです。

ホワイトニングができない人もいます

健康上ホワイトニングができない、または効果がないため意味がない場合があります。妊娠中や授乳中の方は、ホワイトニングの薬剤が胎児や赤ちゃんにどのように影響が及ぶか研究データが充分ではないため、行わないほうがいいでしょう。

無カタラーゼ症の人も、過酸化水素が体内に残るリスクがあるため、ホワイトニングができません。カタラーゼを持っていないと、過酸化水素を分解することができないためです。

通常の人はカタラーゼにより過酸化水素が分解されて無害になりますが、無カタラーゼ症の方は体内に蓄積されて、組織への影響が考えられます。

虫歯になって歯の神経が死んでいる方は、通常のホワイトニングでは効果が出にくいです。

神経が死んでいる歯にはインターナルブリーチが必要となります。歯の中に漂白効果がある成分を入れる方法で、歯がもろくなるリスクがある施術です。

歯の詰め物に対してもホワイトニングの効果はないため、違う施術方法を選択する必要があります。

ホワイトニングができない方は、ラミネートベニアで歯の表面に人工歯を付けるか、歯を虫歯で大きく失っている場合は、セラミッククラウンでの施術がおすすめです。

(まとめ)ホワイトニングで歯を白くする効果はどのくらい?

1.ホワイトニングによる歯を白くする効果は、施術によっても異なります

歯の白さを高めたい方は、プレミアムホワイトニングを選びましょう。ホームホワイトニングやスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)と比べると、プレミアムホワイトニングは白くする効果が高くなります。

2.プレミアムホワイトニングは短期間で歯が白くなります

プレミアムホワイトニングはスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)を活用し1回で白さを実感しながら、家庭でホームホワイトニングをやることで色戻りを防ぐことができます。

手間なく白さを維持したい方に、プレミアムホワイトニングがおすすめです。

3.真っ白を目指す方はラミネートベニアがおすすめです

芸能人のような真っ白な歯を目指すなら、自分の歯を0.3~0.5mm削り、セラミック素材の人工歯を貼り付けるラミネートベニアがおすすめです。

色戻りもなく白さを長くキープすることができます。

4.ホワイトニングができない人もいます

妊娠中や授乳中の方・無カタラーゼ症の方・神経が死んでいるケース・歯に詰め物をしている場合は、ホワイトニングができないか効果がありません。

ラミネートベニアかセラミッククラウンで歯を白くしましょう。

514
Return Top