歯のホワイトニングのメリットやデメリットとは?

歯のホワイトニングのメリットは清潔な見た目が手に入れられる点で、デメリットは知覚過敏が生じる可能性がある点です


ホワイトニングのメリットは、施術すれば歯が白くなることです。その一方でデメリットもあるため、事前に確認しておく必要があります。

デメリットはエナメル質が薄くなっている場合や傷が入っているケースでは、薬剤がしみて知覚過敏になってしまうことです。ただ知覚過敏は短期的なもので、ずっと症状が残ってしまうわけではありません。

知覚過敏になりやすい人向けの施術もあるため、その人にあった方法を選択することが大切です。

ホワイトニングは効果や方法も選ぶことができます

ホワイトニングのメリットである歯が白くなる効果は、逆にデメリットに感じる方もいます。施術でどんな不安を感じているかアンケートを取ったところ、費用の次に歯の白さを挙げる方が多くいました。

その理由は、ホワイトニングで不自然な白さになることに不安を持っているためです。芸能人のような白い歯は憧れても、真っ白になり過ぎても不自然になると考えている人は少なくないようです。

しかしホワイトニングの施術方法を考慮すれば、歯の白さは調節できます。真っ白になりたくない方は、自宅でホワイトニングをするホームホワイトニングがおすすめです。

歯医者で施術するスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)と比べると薬剤の濃度が低いため知覚過敏になりにくく、白さを実感するまで2~4週間ほどかかります。

ホームホワイトニングなら歯が白くなるのはゆっくりのため、自分の好みの白さに調節しやすいといえます。

色戻りもスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)と比べるとゆっくりで、歯の白さを持続させたい方におすすめです。ただし毎日決められた時間内でマウスピースを装着しなければなりません。

スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)も色味の調節はできるので、手間の面でも比較しておきましょう。

デメリットをカバーしやすいプレミアムホワイトニングもあります


スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)では薬剤が濃いため、歯がしみたり歯が白くなりすぎたりするのを心配している方も少なくないようです。一方でホームホワイトニングは薬剤の濃度が低いため、しみにくく自分の好みの白さに調節できます。

その代わりホームホワイトニングは白くなるまで時間がかかるのがデメリットです。両方のデメリットを解消した、2つの施術を組み合わせるプレミアムホワイトニングという方法も選ぶことができます。

最初にスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)の施術をしてから、ホームホワイトニング利用すると、歯の色が後戻りしにくくなるのがメリットです。このやり方なら自宅で施術する手間を減らせて、歯の白さも早く実感することができます。

ただし歯の色に関しては、スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)やホームホワイトニングを単体でやったときより白くなります。そのためどちらかというと早く歯を白くしながら、歯の色戻りを防ぎたい方向けです。

費用もホームホワイトニングより高くなるため、費用と手間のバランスを考えてみましょう。

知覚過敏や色戻りのデメリットがない施術もあります

ホワイトニングによる知覚過敏や色戻りが気になるという方には、セラミックを歯に被せる「セラミッククラウン」という方法も検討してみましょう。セラミックは天然歯と似たような透明感を持つ素材で、自然な白さがあります。

着色汚れも付きにくい素材のため、一度施術してしまえば白い歯を長く保ちやすいのも特徴です。被せものをするため自分の歯を多少削る必要はありますが、ホワイトニングの薬剤のリスクや、色戻りがないメリットがあります。

また歯並びの矯正にも利用できるため、歯を白くしつつ美しい歯並びを手に入れるために、セラミックの被せものをしている方も多いです。またラミネートベニアといって歯の表面にネイルチップのような人工歯を貼り付ける施術もあります。

同じくセラミック素材を用いた方法で、ホワイトニングで白くできない歯にも対応が可能です。セラミッククラウンは前歯だけなど数本単位の施術も可能です。

歯の色が気になる部分だけ歯を白くすることもできますから、自分に合った方法を選ぶとよいでしょう。まずは専門医のカウンセリングなどに足を運び、どんな施術があるのか直接聞いてみるのもおすすめです。

(まとめ)歯のホワイトニングのメリットやデメリットとは?

1.歯のホワイトニングのメリットは清潔な見た目が手に入れられる点で、デメリットは知覚過敏が生じる可能性がある点です

ホワイトニングのメリットは歯が白くなることです。デメリットは一部の方に知覚過敏がおこることがあります。

知覚過敏は一時的なもので、しみやすい人向けの施術もあるため比較しましょう。

2.ホワイトニングは効果や方法も選ぶことができます

ホワイトニングで歯が真っ白になるのを避けたい方は、薬剤の濃度が低いホームホワイトニングを選択してみましょう。

歯の白さを実感するのに2~4週間かかるため、好みの歯色に調節しやすいです。

3.デメリットをカバーしやすいプレミアムホワイトニングもあります

スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)とホームホワイトニングのデメリットを解消した、プレミアムホワイトニングも選ぶことができます。

歯を早く白くして色の戻りを少なくしたい方におすすめです。

4.知覚過敏や色戻りのデメリットがない施術もあります

ホワイトニングの知覚過敏や色戻りのデメリットをなくしたいなら、セラミックを使った被せものがおすすめです。セラミックは天然歯のような透明感と自然な白さがあります。

色戻りしにくい素材で、長く白さを保つことができます。

543
Return Top