ホワイトニングで歯がしみることはありますか?

ホワイトニングで歯がしみることがあります


ホワイトニングで歯がしみることがあるのは、歯のエナメル質に問題がある場合です。歯の漂白に使う過酸化水素は、オキシドールを肌に付けたときと同じです。

皮膚を消毒するときオキシドールを付けると、皮膚に傷があればしみるでしょう。ホワイトニングの過酸化水素も、歯のエナメル質に問題があるとしみやすくなります。

歯のトラブルがある方がホワイトニングをする場合、歯の問題を先に施術してからすればしみにくくなるでしょう。

エナメル質に問題があるとしみやすくなります

歯のホワイトニングをする場合にしみにくくしたい方は、歯に問題を抱えていないか歯科医師にチェックしてもらいましょう。虫歯がある場合は、虫歯の箇所から過酸化水素が内部に入り込みしみます。

しみる原因がある場合は、ホワイトニング前に虫歯の施術をしておきましょう。虫歯の施術を後回しにしなければならないときは、その部分をガードして薬剤がしみにくくすることもできます。

普段から歯ぎしりをする癖がある方も、エナメル質が傷ついてホワイトニングがしみることがあります。ストレスが溜まって無意識に歯ぎしりをしている方もいるため注意が必要です。

デスクワークなど何かに集中して作業をしていると、歯が噛み合ってエナメル質を傷つける恐れがあります。歯ぎしりの癖はエナメル質が薄くなるだけでなく、歯が割れていることもあります。

目に見えない小さな割れがあると気が付かず、ホワイトニングをしたときに痛みが強くなってわかることもあるでしょう。歯が割れていればホワイトニングの薬剤が奥まで浸透していきます。

1日で症状がおさまる場合は様子を見ます


ホワイトニング時にしみる症状は一時的なもので、ずっと続くものではありません。薬剤が浸透したときに症状を引き起こしているだけのため、1日くらいでおさまってくるでしょう。

痛みが強くて我慢できないケースは稀ですが、そのような場合は痛み止めを飲んで対処することもできます。以前のホワイトニングで痛みが強かった経験がある方は、痛みを感じる前に鎮痛剤を服用しておいてください。

ホワイトニング当日は冷たいもので歯がしみやすくなっているため、当日は極端に冷たいものは避けましょう。熱い飲み物も当日避けることで、歯への刺激を減らすことができます。

日々の生活でもエナメル質の傷をコートして、知覚過敏を予防することもできます。知覚過敏専用の歯磨き剤を使って磨くと、歯をコートしてしみにくくなるでしょう。

硝酸カリウムが配合されているものが、知覚過敏対策として使える歯磨き剤です。市販のガムでリカルデントガムは、エナメル質の傷を埋める成分が配合されています。

ホワイトニング前にリカルデントガムを噛んでおけば、薬剤が奥まで浸透しにくくなるでしょう。

歯がしみやすい場合でも対処することができます

スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)では濃度の高い薬剤を使って歯を白くするため、よりしみやすくなります。エナメル質が薄くなっていて痛みが強いようであれば、薬剤の濃度が低いホームホワイトニングの活用がおすすめです。

ホームホワイトニングは薬剤の濃度が低く歯を白くするのは時間がかかりますが、歯がしみる問題はおこりにくくなります。薬剤とLEDライトを使って歯を少しずつ白くする方法です。

作成したマウスピースは繰り返し使うことができ、薬剤の追加料金もリーズナブルです。家庭で手軽にホワイトニングを続けたい方にも向いています。

スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)でも歯科医師がエナメル質の傷や割れを埋めてから施術に入ることができます。カルシウムをエナメル質に塗布することで、歯をしみにくくすることが可能です。

ホワイトニングで歯がしみやすい方は、事前に医師に相談してください。そもそも薬剤を使った施術を避けたいのであれば、セラミックを被せる方法もあります。

薬剤を使ったホワイトニングだと時間が経つと色戻りがありますが、セラミックを被せる方法なら色が変わることがありません。

(まとめ)ホワイトニングで歯がしみることはありますか?

1.ホワイトニングで歯がしみることがあります

ホワイトニングで歯がしみるのは、傷がある肌をオキシドールで消毒するときにしみるのと同じことです。

そのため歯のエナメル質に問題があるときは、過酸化水素がしみやすくなります。

2.エナメル質に問題があるとしみやすくなります

ホワイトニングでしみにくくしたい方は、歯に問題がないか歯科医師にチェックしてもらいましょう。

虫歯やエナメル質の摩耗、歯が割れていると薬剤が浸透しやすくしみます。

3.1日で症状がおさまる場合は様子を見ます

ホワイトニングでしみる症状は、1日でおさまることが多いため様子を見ましょう。痛みが強い場合は鎮痛剤を飲んでおくこともできます。

普段の生活では知覚過敏用の歯磨き剤や、リカルデントガムもおすすめです。

4.歯がしみやすい場合でも対処することができます

ホワイトニングで歯がしみやすい場合は、薬剤の濃度が低いホームホワイトニングを検討してみましょう。スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)でもエナメル質をガードしてから施術を開始することも可能です。

薬剤を使わないセラミック施術も利用することができます。

580
Return Top