湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の黄ばみはメラミンで消せるの?

メラミンで歯の黄ばみはある程度落ちますが歯を傷つけるリスクがあります


メラミン製のスポンジは、キッチンの汚れ落とし用で市販されています。

歯に当ててこすることで、黄ばみも多少は取れるとも言われています。
しかし歯の黄ばみとともに表面のエナメル質まで削られ、中の黄みがかった象牙質が透けてみえるので余計黄ばんで見える場合もあるのです。

またエナメル質が薄くなってしみるなどの弊害も生じます。

さらにアレルギーを引き起こす有害物質が残存しているとも言われているので、使用はやめた方がよいでしょう。
歯を白くするには、審美歯科のホワイトニングケアが適しています。

メラミンは歯を研磨して黄ばみを落とすため歯が削れてしまいます

キッチンの汚れ落としの道具としてメラミンのスポンジは知られています。

そしてこのメラミンで歯の黄ばみも落とせると思われがちです。

スポンジに用いられているメラミンフォームという材質は、メラミン樹脂をかなり細かくして発泡させ、硬く固められています。

そのためモノに当ててこすると摩擦により表面の汚れが剥がしながら、自身もポロポロと小さくなっていきます。

一見汚れをきれいに落とし、歯の白さがよみがえったように見えます。
しかし実際には紙やすりのように歯を研磨しているだけです。

歯の表面は薄くて半透明のエナメル質が覆い、その奥には柔らかな淡い黄色の象牙質があり、歯髄という神経が通っています。

メラミンで歯をこすると、エナメル質が削り落とされてさらに薄くなり、中の象牙質が透けて見える場合もあるでしょう。

そうなると余計歯の黄ばみがひどくなる上に、歯髄が刺激を受けて歯が痛む、飲食物を摂取するとしみる知覚過敏を招くリスクがあります。

さらに歯の表面が傷ついてでこぼこ状になり、食べかすなどが入り込みやすくなって黄ばみが生じやすい状態になる可能性もあるのです。

メラミンフォームには有害物質が残存している可能性もあります


メラミン製のスポンジの材質であるメラミンフォームを製造する段階で、ホルムアルデヒドという有害物質が残存するリスクも指摘されています。

ホルムアルデヒドは、アレルギーの要因となる物質とも言われています。
アレルギー体質の方だと、痒みやかぶれなど身体に影響を及ぼす可能性もあるのです。

安易にメラミンスポンジを使って、歯の黄ばみを取ろうとするのは、歯や歯茎・身体の健康上、やめた方がよいと言えます。

実際にメラミンスポンジのパッケージにも、人体や食品への使用禁止や細かな傷が入る旨の記載もなされています。

またメラミンフォームを圧縮して、歯の汚れを落とすためのオーラルケア用品として販売されているものもあります。

歯科用に作られているので、キッチン掃除用のスポンジを使うよりは安全だと考えられ、歯の黄ばみ落としにも一定の効果が期待できるでしょう。

ただやはり歯の表面は少なからず削られるため、歯や歯茎への影響もゼロとは言い切れません。

審美歯科医によるホワイトニングは歯の黄ばみに有効だとされています

歯の黄ばみをきれいにするには、専門歯科医が行うオフィスホワイトニングがおすすめです。

濃度の高い漂白剤入りの薬液を歯に付着させ、特殊なレーザーを当てて薬液を浸透させることで着色汚れを浮き上がらせ、除去するという方法です。

歯茎には保護材が塗布されるので傷める心配もなく、黄ばみにも有効だとされています。短時間・数回の施術で、効率的に歯を白くする効果が期待できる施術法です。

また通院が難しい方には自宅でケアできるホームホワイトニングが適しています。
審美歯科で歯型と採り、自分専用のマウスピースを作成してもらいます。

薬液を購入して、マウスピースに薬液を入れ毎日数時間歯に装着するだけなのでやり方も簡単です。

さらに専用の携帯レーザーで光を当てることで薬液が浸透しやすくなり、ホワイトニング効果が増すとも言われています。

メラミンのように歯を削ることなく、黄ばみを落とせます。
歯や歯茎へのダメージもほぼなく、身体にも優しいので安心して使えるでしょう。

(まとめ)歯の黄ばみはメラミンで消せるの?

1.メラミンで歯の黄ばみはある程度落ちますが歯を傷つけるリスクがあります

キッチンの汚れ落としに使われるメラミン製スポンジを歯に当ててこすると、黄ばみが取れるような気がしますが、歯の表面が削られて傷つきます。

歯の黄ばみを取るには、専門歯科医による歯を削らないホワイトニングがおすすめです。

2.メラミンは歯を研磨して黄ばみを落とすため歯が削れてしまいます

キッチンなどの掃除に使われるメラミン製のスポンジで歯をこすると、黄ばみもある程度落とせると言われています。

しかしメラミンは歯の研磨作用があるため、歯が削られ傷ついて知覚過敏が起きたり、歯が割れたりすることもあるので使用しない方がよいでしょう。

3.メラミンフォームには有害物質が残存している可能性もあります

メラミン樹脂を生成する際にアレルギーの要因となる、ホルムアルデヒドが残存している可能性もあります。

歯科専用のメラミンアイテムもありますが、歯の表面は多少なりとも傷つくのは否めないので使用の推奨はできません。

4.審美歯科医によるホワイトニングは歯の黄ばみに有効だとされています

歯の黄ばみをきれいに落とすには、審美歯科医によるオフィスホワイトニングが有効だと言われています。

また通院が困難な場合は、自宅でマウスピースを使ったホームホワイトニングを選択することも可能です。

32
Return Top