湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

重曹で歯を磨くと歯の黄ばみは白くなるの?

重曹で歯を磨いても歯の黄ばみを白くすることは難しいです


歯磨き粉の代わりに重曹で歯を磨くこと歯が白くなるという話がありますが、科学的な根拠はありません。

重曹には歯の汚れを分解除去する作用や研磨作用がありますが、歯科クリニックで行うようなホワイトニング効果はないと考えられています。

逆に多くのデメリットが発生する可能性があるため、重曹での歯磨きを頻繁に行うことは推奨されていません。

重曹には歯の表面の汚れを除去する働きが期待できます

歯磨き粉の代わりに重曹で歯磨きをする方が増えているといいます。
重曹で歯磨きをすることにどのようなメリットがあるのでしょうか。

重曹の正式名称は「炭酸水素ナトリウム」といいます。
弱アルカリ性の性質を持ち、人体に無害で食品添加物や薬品などに使用されてきました。

うがいに使用することで、口臭や虫歯を予防する効果も期待されています。

重曹は弱アルカリ性ですから、酸性の口腔内に使用することで中和させると考えられています。

虫歯は口腔内のミュータンス菌が発生させる酸が溶けることで起こると考えられており、アルカリ性によって阻止することが可能といわれているのです。

また、タンパク質を分解する作用があるため、歯の表面の汚れを分解除去する効果が期待できます。
熱や酸が加わると炭酸ガスを発生させることから、汚れを浮かせる作用もあるとされているのです。

このことから、食事によって付着した歯の表面の汚れを除去することは可能と考えられます。

歯の表面に付着した汚れやヤニなどが黄ばみの原因である場合、重曹で歯磨きすることで白くなったように見えるでしょう。

しかしながら、本来の歯が白くなったわけではありません。
つまり、重曹にはホワイトニング効果はないと考えられます。

重曹で歯を磨くことには多くのデメリットが生じます


重曹で歯を磨くことには多くのデメリットが生じる可能性があるため、頻繁に口腔内に使用することは推奨されていません。

ここでは、重曹で歯を磨くことのデメリットを挙げていきましょう。

歯の黄ばみが増す

重曹は家庭用洗浄剤のクレンザー(磨き粉)にも使用されていることから、研磨作用が高いことで知られています。
そのため、歯磨き粉として使用すると、歯の表面のエナメル質まで削ってしまう可能性があるのです。

歯の表面のエナメル質が薄くなると、象牙質が見えやすくなり、逆に歯が黄ばんで見えてしまうことがあります。

知覚過敏になる

歯のエナメル質を削るデメリットはほかにもあります。
エナメル質は外部刺激から歯を保護する役目も持っているとされており、とくに歯の神経が通っている歯髄を守るという重要な働きがあるのです。

エナメル質が歯や歯髄を守れなくなると、知覚過敏や虫歯、歯周病などが発生する可能性が高まります。

塩分の過剰摂取

重曹には塩と同じナトリウムが含まれています。
したがって、何度も歯磨きに使用することで塩分の過剰摂取を起こしてしまうことがあるのです。
腎臓病などで塩分の摂取を制限されている方はとくに注意が必要です。

また、重曹でうがいをしすぎると粘膜を溶かし、口腔内が傷つく恐れもあります。

ホワイトニングはエナメル質を傷つけずに歯を白くすることが期待できます

重曹を歯磨き粉代わりに使うことのデメリットを考えると、週1回程度の使用を目安にしておいた方がよいでしょう。

そもそも、重曹にはもともとの歯を白くする効果はないとされています。

歯の黄ばみを改善するのであれば、歯科クリニックでホワイトニングを受けた方がより多くのメリットを得られるでしょう。

歯科クリニックで歯を白くする施術はさまざまなものが提供されています。
セラミッククラウンやラミネートべニアなども一例です。

ホワイトニングは歯を削ったり抜いたりはしないため、健康な歯を痛めることに不安を抱いている方でも施術を受けることが可能です。

また、重曹のように歯のエナメル質を傷つける心配もありません。

ホワイトニングで使用する薬剤には歯の色素を分解する作用があるため、通常の歯磨きでは落とせない歯の黄ばみを白くすることもできるといわれています。

薬剤には過酸化水素と呼ばれる成分が含まれていますが、これは厚生労働省によって認可されているものです。

ホワイトニングであれば、重曹で歯を磨くよりも安心して歯を白くすることができると考えられるでしょう。

(まとめ)重曹で歯を磨くと歯の黄ばみは白くなるの?

1.重曹で歯を磨いても歯の黄ばみを白くすることは難しいです

重曹で歯を磨くと歯が白くなるという説には科学的根拠はなく、歯科クリニックで行うホワイトニングのような効果はないと考えられています。

重曹による歯磨きは歯の汚れを除去したり研磨したりする作用を持ちますが、デメリットが発生する可能性もあるのです。

2.重曹には歯の表面の汚れを除去する働きが期待できます

重曹は弱アルカリ性の性質を持つことから、酸性の口腔内に使用することで口臭や虫歯の予防が期待できます。
タンパク質を分解する作用をもつため歯磨きを行うことで歯の表面の汚れを除去することが可能ですが、ホワイトニング効果はないと考えられているのです。

3.重曹で歯を磨くことには多くのデメリットが生じます

重曹は歯のエナメル質を削る恐れがあるため、逆に歯の黄ばみが増す可能性があります。
また、知覚過敏になったり、塩分の過剰摂取を引き起こしたりするリスクも考えられます。

重曹で歯を磨くことには多くのデメリットが考えられるため、頻繁な使用は推奨できません。

4.ホワイトニングはエナメル質を傷つけずに歯を白くすることが期待できます

重曹には歯を白くする効果はありませんが、歯科クリニックで行われている歯のホワイトニングであれば、もともとの歯を白くすることも可能といわれています。

ホワイトニングでは健康な歯を痛めたり、エナメル質を傷つけたりする心配もほとんどないでしょう。

48
Return Top